あかすり【肌の生まれ変わりを促進させて若返る!】

あかすりは、タイや韓国ではよく知られており、温泉・銭湯・サウナでしてもらえることが多いです。サービス内容としては、店員がミトンを付けて、お客の垢をこすって落とすわけです。
あかすりは、たくさんのメリットがありますが、間違った方法だとデメリットになることもあるようです。

「あかすり」は肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進する

あかすりのメリットを紹介する前に、「ターンオーバー」という肌の新陳代謝について触れておく必要があります。

ターンオーバーとは?

簡単に言えば、「ターンオーバー」とは「肌の新陳代謝」です。肌は「古い角質」から「新しい角質」に、周期的に生まれ変わります。そして、古い角質は「垢」となって剥がれ落ちます。20代だと、この肌の生まれ変わり期間(ターンオーバー)は、28日周期だと言われています。年齢を重ねるにつれて、このターンオーバーの周期は長くなります。また、体調や代謝が悪いと、このターンオーバーが正常に働かないことがあります。
そして、この古い角質が垢となって剥がれ落ちずに溜まっていくと、黒ずみ、ニキビ、毛穴のつまりの原因となります。

つまり「あかすり」は、古い角質(垢)を剥がして、新しい角質を生み出すという、ターンオーバーの機能を促進するといくわけです。

あかすりのメリット

1.美肌効果

先に書いた通り、あかすりは、古い角質(垢)を落として、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進させるのです。

2.血行がよくなり、新陳代謝が上がる

あかすりは、マッサージにもなり、血行がよくなるので、体の代謝もよくなります。
冷え性の方も、血行がよくなって改善に向かいます。また、リンパの流れもよくなりますよ。

3.ダイエット効果

新陳代謝が上がるということは、ダイエットにもいいということですよね。基礎代謝が上がり、太りにくい体を目指せます。

4.体臭の改善

当然ながら、古い角質を落とす際に、皮脂や汗も一緒に落とすので、体臭の改善に繋がります。

5.リラックス効果

皮膚への適度な刺激により、血行が促進され副交感神経が優位になります。そのため、リラックスでき、疲労・ストレス解消になります。

あかすりのやりすぎによるデメリット

「あかすり」のいいことばかりを上げてきましたが、やりすぎによるデメリットがあります。「やりすぎた」場合ですよ!適度なあかすりは健康にいいので、そこはくれぐれも誤解されないように!

1.肌トラブルに起こしやすくなる可能性がある

あかすりのやりすぎや、力の入れ過ぎは、かえって肌を傷つけたり、荒れさせたりする可能性があります。古い角質をとるのが、あかすりの本来の目的ですが、やり過ぎると必要な角質まで剥がしてしまう可能性があります。そもそも角質は、外部の刺激から肌を守る役割があります。必要な角質を取ってしまうと、肌を守れなくなり、些細なことで肌トラブルを起こしやすくなります。

2.敏感肌や肌が弱い方・アトピー性皮膚炎の方はあかすりを避ける

もともと肌が弱い方や、肌トラブルを抱えている方は、さらに悪化する可能性があるので、やはりあかすりは避けた方がいいでしょう。

3.体臭がきつくなる可能性がある

あかすりは、古い角質と一緒に皮脂も落とします。そのため、肌を潤そうとして、皮脂を過剰に分泌させ、かえって体臭がきつくなる可能性があります。

あかすりのペースは、2週間~1か月に1回程度にしよう

あかすりを行う頻度は、人の肌状態によりますが、だいたい2週間~1か月に1回程度で、様子を見ながら行いましょう。あかすりは、基本的には肌や健康にいいのですが、頻度を間違えると悪影響を及ぼしかねません。自分に合ったペースで、焦らずやっていきましょう!

関連記事

透明感のある肌になろう!光を浴びてキラキラ輝く肌に

肌の乾燥と保湿!美肌になるための基本

【日焼け対策】紫外線は体のあらゆる場所に入ってくるよ!

【肌荒れの原因】自律神経と季節の肌荒れ

「肌のキメ」ってそもそも何?キメが細かい・整っている肌になる方法

首元のシワができる原因と対策!女性の年齢は首でバレる