透明感のある肌になろう!光を浴びてキラキラ輝く肌に

「透明感」という言葉をよく聞きますよね。辞書によると、透明感とは「にごりがなく明るい感じ」と書かれています。つまり「透明感のある肌」とは、「にごりがなく、明るい感じの肌」のことです。でも、「にごりがなく、明るい感じの肌」って抽象的で少し分かりにくいですよね。

「透明感のある肌」とは?

辞書の意味を肌のことに置き換えると、「にごりがない」とは「肌にシミやくすみがない」、「明るい感じ」は「肌がキラキラ輝いているような状態」であると言えます。
つまり「透明感のある肌」とは、「肌にくすみやシミがなく、キラキラ輝いている状態」のことです。「美肌」や「白肌」と若干意味が異なってきます。単純に肌がきれいなだけでは、「透明感」があるとは言えず、メイクだけで「透明感」を作ることもできません。

「シミやくすみのない肌」を作るために

1.血行不良の改善

血行不良になると、体内の老廃物がたまり、肌に栄養が行き渡らなくなります。結果、「くすみ」「吹き出物」「乾燥肌」などを引き起こし、顔色が悪くなります。
血行をよくするためには、「適度な運動」が必要です。適度な運動は、新陳代謝を促し、肌のターンオーバーによって、健康的な肌になります。運動をする時間がない人は、通勤・通学でなるべく歩いたり、エレベーターを使わず階段を上ったり、少し気をつけるだけでも違います。

2.紫外線対策

紫外線によって、メラニンが生成され、シミやくすみの原因となります。さらには、乾燥の原因にもなります。日焼け止めなどできちんと対策しましょう。

「キラキラ輝く肌」を作るために

3.保湿・乾燥対策

「キラキラ輝く」とは、要するに「肌の水分量が多く、光を反射する」ことです。肌が常に潤っていてモチモチだと、それだけでもかなり「透明感」を感じられます。化粧水で肌に充分に水分を与え、乾燥肌は保湿クリームでケアしましょう。また、年齢を重ねるにつれて、肌の水分量は少なくなっていきますので、自分に合った美容液を使いましょう。

4.栄養バランスの取れた食事を取る

肌を内側から輝かせるためには、食事に気をつけなければいけません。便秘は、肌の大敵です。なぜなら、肌は腸内環境に大きく左右されるからです。最近、ブームとなった甘酒が肌にいいと言われるのは、腸内環境を整える作用があるからです。便秘解消のために、食物繊維を含む食品を意識して取りましょう。
ほか、体の中から水分補給をするために、野菜や果物を取り、肌の細胞を作るために必要なたんぱく質を豊富に含む大豆食品を取りましょう。

つまり、肌の「透明感」を出すためには、「健康」と「肌」のケアが必要なのです。

関連記事

【体の手洗いのススメ】体のタオル洗いは乾燥肌の原因になる!?

あかすり【肌の生まれ変わりを促進させて若返る!】

「肌のキメ」ってそもそも何?キメが細かい・整っている肌になる方法

【日焼け対策】紫外線は体のあらゆる場所に入ってくるよ!

肌の乾燥と保湿!美肌になるための基本

制汗スプレーを正しく使ってリフレッシュ!制汗スプレーの使い方と肌トラブル