セックスの感度を高める、基本の4体位を解説!

パートナーとのラブタイムを充実させるためには、セックスの体位も重要となります。体勢によって、ペニスが膣内の気持ち良いところに当たる・セックスのときの身体への負担が軽くなるといったことも少なくありません。それだけに自分・カップル間で良い体位を見つけることも、気持ち良いセックスを行うために重要です。

セックスの体位について

セックスの体位は正常位・騎乗位・バックなど比較的スタンダードなものから、抱き上げ・うしろやぐらなどややマニアックなものまで幅広く存在します。全部で50種類近くあるといわれますが、すべてを覚える必要はありません。自分やパートナーの好み・経験に応じて、合うと思えるものを試すのが良いでしょう。

男性が好むセックスの体位

男性に人気のあるセックスの体位は、正常位・バック・座位など比較的スタンダードなものが多いです。正常位と座位は女性と対面できる、バックはペニスが膣の奥に届きやすいといった特長があります。また経験値によっても好きな体位は異なり、数多くのセックスを経験した男性であれば、ややマニアックなものを好むことも多いです。

セックスの体位を決めるポイント

お互いの好み

状況

自分のパートナーの経験

セックスの体位の種類

50種類近くあるというセックスの体位ですが、その中でも正常位・騎乗位・バックなどが一般的です。

1. 正常位

数あるセックスの体位の中でも、特にスタンダードなもののひとつが正常位です。女性が仰向けになって足を広げ、男性が女性と向き合う形でペニスを膣に挿入し、そのままの体勢で男性が腰を動かします。お互いの身体への負担が少なく、それでいてペニスが膣奥に入りやすいことなどが特長です。そのため経験が少ない・年齢を重ね無理な体勢が厳しいというカップルにも良いでしょう。

2. 騎乗位

仰向けに横たわる男性の上に女性が乗り、馬を騎乗するように上で動く体位を騎乗位といいます。基本的には女性中心で動くため、パートナーを気持ち良くさせたいと考える方に良いでしょう。また男性にとって負担が少ないことも特徴です。そのため男性が足・腰などを痛めたときに行うのも良いでしょう。

3. バック

女性が馬のような体勢でお尻を突き出し、そのまま男性が膣にペニスを挿入する体位がバックです。男性のペニスが奥まで届きやすい体位のひとつですが、ペニスの状態が悪ければ挿入しにくいという側面もあります。

4. 座位

座位は男性があぐらをかいたような状態で、女性がその上に乗りそのまま挿入するというものです。カップル同士対面し抱き合いながら行う場合が多いので、相手の姿を見られる・体温を直に感じられるといったことが特徴となります。

関連記事

セックスレスの原因は?セックスレス解消におすすめな4つの方法

不感症を改善する方法おすすめベスト4

【性交痛:原因と対策】苦痛の原因を取り除いて気持ちよくなろう!

コンドームを付けない彼!女性の気持ちを理解してもらいましょう

女性のイキやすい体とイク方法を徹底分析!

【ピルによる避妊】ピルの服用で気を付けること