女性のイキやすい体とイク方法を徹底分析!

パートナーとの距離を縮めるため、イキやすい身体になりたい・自分がイク方法を知りたいという方も少なくありません。改善するにはパートナーと密にコミュニケーションを取ることも大切です。またセックスのときに、ローションやパックなど感度を高めるのに役立つアイテムを利用する方法もあります。

女性がイキやすい体になる継続的な方法

女性がイキやすい体になるためには、感度を高める・セックスの中でイキ方を見つけるといった継続的な方法があります。そのためには恥ずかしがらず、セックスを楽しむ・セックスに対して貪欲になることが大切です。またバイブやローターなどのラブグッズを使い、感度を高めることもイキやすい体をつくる方法となります。

女性が限定的にイキやすい体になる方法

パートナーと初めてのラブタイム・気になる男性とセックスをするなど、イキやすくなりたいというタイミングはあります。そんなときは感度を高めるのに役立つラブグッズを使うと良いでしょう。特にペニスを挿入しやすくするローション、塗った部分の感度を高めるパックなどはオススメです。

イキやすい女性の特徴

感度が良い

気持ちにフタをしない

イキ方を理解している

女性がイクための方法

性感帯を知る・ラブグッズで鍛える・セックスを楽しむなど、女性がイク方法はいくつも存在します。

1. セックスを楽しむ

パートナーとのセックスで気持ち良くなれるかは、気持ちによる部分も大きいです。そのため恥ずかしいなどという気持ちにフタをして、目の前のパートナーとのセックスを楽しむ姿勢が大切となります。セックスを心から楽しめるようになれば、少しずつ感度が良くなることが多いです。

2. 性感帯を知る

イク方法を知るには、自分の性感帯について理解しておくことが大切です。パートナーとのセックス・ラブグッズを使ったオナニーなどで、感じやすい場所・責められ方を理解しておきましょう。そうすることにより、セックスでイキやすくなります。

3. ラブグッズで鍛える

バイブ・ローターなどのラブグッズを使って感度を鍛えることも、イキやすい体になるために重要です。もともとはあまり感度が良くなくても、定期的にラブグッズで膣や秘所を刺激することでイキやすくなるケースも少なくありません。

4. ローションやパックを利用

挿入が滑らかに行えるローション・塗ったところがじんわり温かくなり感度が高まるパックなどの商品も登場しています。パートナーとのラブタイムに活用することで、イキやすい魅力的な女性としての自分をアピールできるでしょう。

関連記事

ナイトライフを充実させるセックステクニック4選

オーラルセックスを楽しむ4つのおすすめ方法

避妊方法おすすめ4種!安心してラブタイムを過ごすためは?

【性交痛:原因と対策】苦痛の原因を取り除いて気持ちよくなろう!

コンドームの正しい使い方!知ってるようで知らない注意点

【ピルによる避妊】ピルの服用で気を付けること