【性交痛:原因と対策】苦痛の原因を取り除いて気持ちよくなろう!

性交痛、痛いセックスの原因と対策

パートナーとの行為、気持ちいいはずなのに痛すぎて苦痛を感じたことありませんか?女性の下半身にはさまざまな病気もあり、「もしかしたら何かしらの病気なのでは?」と心配される方も多いです。ただし、かならずしも病気が原因とは限りません。友達にも相談できない、パートナーに嫌われたくない、でも病院に行くほどではない…そんなお悩みをひとりで抱えてしまっている方、原因と対策で性交痛を改善しましょう。

性交痛の原因

性交痛の原因となるものをいくつか説明します。

女性ホルモンの減少

加齢やホルモンバランスの崩れにより、女性ホルモンが減り、膣の分泌物が減り、膣内が乾燥してしまいます。膣内の乾燥がすれたとき、痛みを引き起こします。更年期の前後や、妊娠中・産後などホルモンバランスが乱れやすいときに症状が出やすいです。また、過度のダイエットもホルモンバランスの乱れを招くので、性交痛の原因となることがあります。

精神的な要因

セックスにおいて大事なこと、気持ちの問題があります。やりたくないと思っていたり、セックスに対する過去のトラウマがあると、膣の分泌物が十分に排出されず、乾燥状態のまま行為に及ぶこととなります。これにより性交痛が生じ、次にセックスするときも、また痛くなってしまうのではないかという緊張で膣分泌物が排出されないという悪循環を招きます。

性器の位置・形

一度性交痛を経験すると、自分はセックスに向いてないのかもと思うかもしれません。ですが、それは性器の位置や形の問題かもしれません。体型や容姿同様に、女性も男性も性器の位置や形は人によってさまざまです。正常位やバックなど体位に名前が付けられていますが、もしかしたら人によってはバックが正常な体位で一番合っているってこともあります。

膣の病気

例えば、子宮内膜症や子宮筋腫、膣炎など病気の可能性もあります。病気でも痛みを感じないこともあるので、一概に病気とは判断できませんが、気になる場合は一度受診してもいいかもしれません。

性交痛の対策

性交痛をなくす、または和らげる対策をご紹介します。

体位

先ほどお話したように、性器の形・位置は千差万別です。パートナーとのベストな体位を見つけることで性交痛を起こさなくできます。痛いのを我慢するのでもなく、セックスをあきらめてしないのでもなく、気持ちよくできる体位をいろいろ試してみてください。

パートナーとの信頼

精神的な要因はなかなか自分ひとりで乗り越えるのは難しいです。好きな相手との行為だからこそ自分の悩みを打ち明けるのも大事です。親身になって受け入れてくれるパートナーはあなたの味方です。心から委ねられるパートナーだからこそリラックスして、無理せず、セックスを楽しみましょう。

ローションやクリーム

膣の濡れを円滑にしてくれるクリームやローションもたくさん発売されています。セックスの時、性器が入りやすくする効果や、膣の保湿にも役立ちます。膣の滑りがよくなることで、苦痛ではなく快感をえられることもできるでしょう。パートナーと相談し、使うことでリラックスして行為を行えるとおもいます。こころと体がリラックスして快楽に委ねられている状態は、性交痛を解消できた状態といえるでしょう。セックスに対して前向きになれますよね。

痛みを我慢しないで

痛みを乗り越えてこそ快楽がある、と思わないでください。通常セックスの際、常に続く痛みはありません。痛みがあれば、無理せず、まずは改善法を試してください。あまりに痛みが続くようであれば、婦人科を受診されてみるのもいいかもしれません。大好きな彼とのセックス、性交痛なく、リラックスして楽しみましょう!

関連記事

ナイトライフを充実させるセックステクニック4選

緊急避妊3つの方法!緊急避妊方法を行う際の注意点とは?

不感症を改善する方法おすすめベスト4

【ピルによる避妊】ピルの服用で気を付けること

避妊方法おすすめ4種!安心してラブタイムを過ごすためは?

知って損なし!気持ちいいと思われるセックスをする4つのコツ