【月経前症候群(PMS)】原因がはっきりしないから余計につらいの!

月経前症候群(PMS)とは?

生理が始まる約1~2週間前から、3日~10日ほどの間続く精神的、もしくは身体的に不快な症状のことを「月経前症候群(PMS)」と言います。

月経前症候群(PMS)と月経困難症の違い

月経前症候群:生理が始まると症状がなくなる
月経困難症:生理中に症状がピークを向かえる

月経前症候群(PMS)の原因は?

実は、月経前症候群(PMS)の原因は、はっきりと分かっていません。しかしながら、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌が関係しているのではないかと考えられています。
プロゲステロンとは、女性が妊娠しやすい体と環境を作るために分泌される女性ホルモンです。
下記の【生理における女性ホルモンの分泌量の変化】のグラフを見てください。

排卵以降、このプロゲステロンの分泌量が増え、黄体期にピークを向かえた後、急激に分泌量が低下します。このプロゲステロンの分泌量の急激な低下が、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こし、それが月経前症候群の原因と考えられています。
しかしながら、脳内のホルモンや神経伝達物質は、他の様々な要因が影響を及ぼすこともあるため、「プロゲステロンの分泌量の急激な低下」が月経前症候群の原因だとは断定できないのです。

月経前症候群(PMS)を起こしやすい人とは?

下記のような人には症状が出やすいです。
【食生活】
・栄養バランスが偏っている食生活
・カフェインを含む飲み物(コーヒー、紅茶など)
・飲酒
・間食が多い

【性格】
・几帳面
・負けず嫌い
・まじめ、自分に厳しい
・神経質
・完璧主義
・我慢しやすい

【他】
・自律神経が乱れやすい人
・体力が低下している人
・喫煙者

月経前症候群(PMS)の症状

月経前症候群(PMS)は、体と心の症状が出ます。

【身体的症状】
・腹痛、お腹のはり
・腰痛、肩こり
・頭痛
・胸の痛み、はり
・倦怠感
・微熱
・ニキビ
・むくみ
・食欲不振、過食
・体重減退、増加
・めまい など

【精神的症状】
・情緒不安定
・憂うつ、不安、イライラ
・無気力
・集中力低下
・睡眠障害、眠気
・朝起きられない
・のぼせ など

【月経前不快気分障害(PMDD)】月経前症候群の重症状化

月経前症候群において、精神面において、日常生活に支障が出るほど重症化した場合を、「月経前不快気分障害(PMDD)」と言います。うつ病や慢性の軽うつと同じ分類に入る、抑うつ障害群です。
具体的には、
・情緒不安定(うつ症状、悲しくなる、涙もろくなるなど)
・絶望感
・不安や緊張
などですが、症状がひどいと、自殺願望が生じることも少なくありません。

月経前症候群(PMS)の改善・対策

月経前症候群(PMS)の改善・対策は、以下の三項目が基本となります。
① 症状の把握(記録をつける)
② 生活習慣の改善
③ 薬物療法

① 症状の把握(記録をつける)

まずは、自分の月経前症候群の症状を把握しましょう。基礎体温の日記と一緒に、症状が出た時期や症状の内容を日記につけます。そうすれば、自分の症状の度合いや、症状が現われるタイミングが分かり、それをライフスタイル反映させることができます。自分の月経前症候群のパターンを知り、仕事量・家事など、自分に負担がかかることをコントロールしましょう。

② 生活習慣の改善

「月経前症候群(PMS)を起こしやすい人とは?」で説明したとおり、月経前症候群の症状を起こしやすい人、症状が重症化しやすい人がいます。思い当たることがあれば、改善しましょう。まずは、栄養、十分な睡眠をとって、ストレスを溜めないことです。無理のない範囲での運動も効果的です。また、コーヒー、紅茶などのカフェイン類、タバコを控えることも大事です。

③ 薬物療法

生活習慣で改善が見られない場合、薬による治療もあります。症状がひどい場合は、我慢せずに産婦人科に行きましょう。

薬物療法は主に下記の方法があります。
・ホルモン療法:排卵を止めて女性ホルモンの分泌量の変動を抑える
・各症状に対しての薬物療法:精神的症状、痛み、むくみなど症状ごとの治療
・漢方薬

まとめ

月経前症候群(PMS)は、体だけでなく、精神的にも影響がある症状です。体に不調があり、さらに気持ちが落ち着かない状況では、毎日を活動的に過ごすことができません。月経前症候群(PMS)は、個人によって、症状の度合いや出かたは千差万別です。まずは、日記などをつけて、自分の症状のパターンを把握することから始めましょう。また、つらいと思ったら我慢せずに、病院にいきましょうね!

関連記事

生理の臭い

【デリケートゾーンの臭い:原因と対策】生理前・中・後で原因が違う

【月経困難症】日常生活に支障が出る生理痛の原因は2つある!

【月経不順】自分の生理パターンを知って月経不順の判断をする

【生理と女性ホルモンの関係】ホルモンの分泌量で心と体は変化する!

【基礎体温の変化】基礎体温の低温・高温のチェックが大事!