【月経不順】自分の生理パターンを知って月経不順の判断をする

月経(生理)不順とは、簡単に言うと、通常の生理とは違う「異常な生理」と言います。しかしながら、生理には個人差があり、通常と異常の判断基準が違います。自分は、どういう状態になると「月経(生理)不順なのか」を適切に把握する必要があります。

正常な月経(生理)とは?

【周期】正常な周期は「25~38日」

周期の計算は、「月経の初日~次の月経開始前日」の期間の長さです。正常な生理とは、「25日~38日」です。

【血量】正常な血量は1周期計「20~140ml」

月経で生じる総血量は、1周期で「20~140ml」が正常の範囲です。月経血の中に、血のかたまりがあると、血量が多いと判断されます。出血の量が多くても少なくても月経(生理)不順です。

【出血日数】

月経の出血継続日数は「3~7日間」で、平均が5日間です。出血が2日以内で終わる、もしくは、8日以上続く場合は、何らかの異常がある可能性があります。

異常な月経(生理)とは?

通常の月経の範囲外の症状は、異常があると考えられます。
① 月経周期の異常
② 月経血量の異常
③ 出血日数の異常

さらに詳しく説明していきましょう。

① 月経周期の異常

頻発月経:周期が24日以内

月経の周期が「24日以内」になること。特に、更年期の女性に多く、ホルモンバランスが崩れることが主な原因で、生理ではなく不正出血の可能性がある。

希発月経:周期が39日以上

月経の周期が「39日以上」になること。排卵があればさほど問題はないが、排卵がない場合は治療の必要がある。まずは排卵の有無を調べることが重要。

無月経:90日以上月経がこない

月経が「90日以上ない」場合で、妊娠や授乳などの理由で起こる無月経に対して、理由なく症状が起こること。この場合、多くは排卵が起こらず、長期間放置しておくと、排卵障害などの重症化を引き起こすこともある。

② 月経血量の異常

過多月経:出血量の増加・血のかたまり

子宮筋腫・子宮腺筋症、ポリープなどの病気の可能性がある。

過少月経:出血量が極端に少ない

出血が少量になる症状。無月経の兆候の可能性あり。放置しておくと不妊の原因の可能性あり。

③ 出血日数の異常

過長月経:月経期間が8日以上

月経ではなく、無排卵周期になっている可能性がある。

過短月経:月経期間が2日以内

月経が2日以内に終わる。このまま放置しておくと不妊の原因になることも。

月経不順(異常な月経)の原因

月経不順の場合、原因は大きく2つに分けられます。

【原因1】ホルモンバランスの崩れ

ホルモンバランスが整っていることは、正常な生理の第一条件となります。ホルモンバランスは、精神的な部分と密接に関係しており、以下のことでホルモンバランスが崩れやすくなります。

【ホルモンバランスが崩れる原因】
・ストレス
・不規則な生活
・栄養バランスが偏った食事
・急激なダイエット
・過度な運動 など

【原因2】特定の病気

特定の病気により、月経不順となっている可能性もあります。
・子宮筋腫
・子宮腺筋症
・子宮ポリープ
・子宮内膜炎
・子宮がん
・甲状腺異常 など

【対策】生活習慣の見直しと症状によっては産婦人科へ!

月経不順には、症状に個人差があり、原因も様々です。症状が長引くと、重症化して自力では治せなくなる可能性もあります。
まずは、月経不順の原因で思い当たることがあれば、その改善をして、症状が改善に向かわなければ、産婦人科で受診してもらいましょう。受診の際には、基礎体温表を持っていけば、ホルモンの変化・動向を推測することができます。

更年期前の30代後半~40代の生理不順

卵巣の老化は、35歳頃から少しずつ始まり、閉経は50歳ころです。30代後半~40代の女性は、更年期の前段階にあたり、その影響で、生理周期、出血量の変化な生理不順が起こることがあります。その場合、女性ホルモンが不足することに対する治療が必要になる場合があります。

まとめ

自分の月経は、正常なのか異常なのかは、日頃の自分の生理周期を基準に判断します。つまり、自分のいつもの生理周期や内容を把握しておくことが、異常な生理の気づきに至る、というわけです。生理については、日頃から日記をつけておくことが大切なのです。

関連記事

【生理中のセックスがおすすめできない理由】確かに断りにくいけど…

【生理と女性ホルモンの関係】ホルモンの分泌量で心と体は変化する!

生理の臭い

【デリケートゾーンの臭い:原因と対策】生理前・中・後で原因が違う

【基礎体温の変化】基礎体温の低温・高温のチェックが大事!

【月経前症候群(PMS)】原因がはっきりしないから余計につらいの!