【唇の乾燥:原因と対策】いつでも潤いのプルプル唇でいたい!

唇の構造

唇は汗をかきません。つまり、汗腺がありません。また、唇は皮脂も浮き出ませんから、皮脂腺もありません。そのため、乾燥しやすい場所と言えます。
さらに、なぜ唇が赤いのか考えてみましょう。唇が赤いのは、血管の赤色が皮膚の角質から透けて見えるからです。つまり、血管が透けて見えるほど、唇は薄いのです。だから、余計に乾燥するのです。

唇の乾燥の原因

1.唇はもともと性質的に乾燥しやすい

唇は、汗腺も皮脂もないので、水分を保ちにくく、皮脂の角膜が薄いため、外的刺激を受けやすく、乾燥しやすいのです。つまり、唇は自力で水分や油分を出して保湿することができないため、外部から保湿する必要があります。

2.加齢

加齢による水分量の減少は、唇だけに見られることではありません。加齢により、唇や皮膚はコラーゲンの量が少なくなり、乾燥しやすくなります。

3.癖(唇を舐める・口呼吸)

唇を舐める癖は、乾燥を招く原因になります。唇が乾燥するからといって、潤わせるために「ペロッ」とついつい舐めてしまうことがあります。でもこの「唇を舐める」という行為は、逆にもともとあった唇の油分を取り払ってしまう結果になり、かえってより乾燥してしまうのです。さらには、唾液の成分によって、過剰に唇を舐めていると、炎症を起こすこともあります。

また、口呼吸をすると、自分の息で唇を乾燥させることになります。口呼吸が癖の方や、鼻づまりの時は、唇が乾燥しやすくなります。

4.紫外線

みなさんは、肌の紫外線対策はしっかりされていると思いますが、唇も対策をしていますか?ついつい、唇は紫外線対策を怠りがちになっちゃいますよね。当然、唇も常に外に出て、無防備になりやすいパーツなので、紫外線の影響を受け乾燥しやすくなります。

5.食事による唇への刺激・摩擦

唇は、食べ物の成分による刺激を受けやすいです。食事後に、塩分・油分・他調味料などの成分が口についたままだと、唇が乾燥しやすくなります。歯みがきの時も、歯みがき粉が唇に付着することも注意しなければいけません。
また、食事後に口を必要以上に拭く行為は、唇に摩擦刺激を与え、それも乾燥させる原因になります。

6.秋・冬などの乾燥しやすい季節

外気に触れやすい唇は、季節などの外的要因を受けやすいです。

唇の乾燥の対策

1.UVカット機能のあるリップクリームを使う

唇の乾燥対策といえばリップクリームですが、使い方によっては、乾燥が進んでしまうことがありますので、要注意です。

【逆に乾燥を進めてしまうリップクリームの誤った使い方】

① × 必要以上に過度に使う
リップクリームは、唇に潤いを補給してくれますが、過度な使用は、唇の細胞のターンオーバー(肌の生まれ変わり)を妨げてしまい、かえって唇が荒れることがあります。リップクリームを使用して、唇が荒れたら、使用回数を減らしてみましょう。

② × 硬いリップクリームを唇に強く押し付けて塗る
特に乾燥しやすい冬は、リップクリームが硬くなり、唇についつい強く押し当てて塗ってしまいがちです。リップクリームが硬い時は、唇に当てたまま5秒ほど待つと、熱で溶けて塗りやすくなります。

③ × リップクリームを横に滑らせて塗る
みなさんは、この塗り方をよくしていませんか?実は横に滑らせるのはNGなんです。唇のキメに合わせて縦に塗ることで、リップクリームの成分が浸透しやすくなるのです。

2.唇の乾燥を進めてしまう癖を直す

「唇を舐める」「口呼吸」「食事後に強い力で口を拭く」などの、癖を改善しましょう。

3.マスクをする

マスクは、息の中の水分がマスク内にとどまり、外の空気より湿度が高くなり、唇が潤います。特に、冬のマスクは効果的です。

4.加湿器で室内を乾燥させないようにする

外はマスクやリップクリームで唇を潤わせ、家に帰ったら加湿器で室内の湿度を調整しましょう。

5.唇の荒れがひどいときは、ラップを使って保湿ケア!

唇の荒れがひどいときは、市販の保湿パックがオススメです。また、「ワセリン」や「はちみつ」も効果的です。ラップでの保湿パック方法は、保湿ケアを唇にした後、ラップで唇を覆うだけです。さらに、ラップの上からお湯で温めたタオルを当てるとさらに効果的です。
唇のエイジングケアには、専用美容液を使ったり、マッサージをしたりするといいでしょう。

まとめ

私が個人的にオススメしたいのは、「冬場のマスク」です。冬には、風邪予防の目的でマスクをしていたのですが、同時にいつも乾燥していた唇が全く荒れませんでした!自分の息で保湿するって、とってもエコですよね!

関連記事

【理想の唇とは?】唇はあなたのルックスと印象を左右する!

【男がキスしたくなる唇とは?】潤い・健康的・セクシーさがカギ!

【口元のたるみ:原因と対策】口は年齢と表情がばれやすいパーツ