【女性の頭皮のフケ】あなたは「乾性・脂性」どちらのタイプ?

フケといっても、実はフケには二種類のタイプに分かれます。フケのタイプを特定して、原因に合った対策を取らなければいけません。

フケの原因

1.乾性フケ

頭皮の乾燥によっておこるフケです。サラサラしたフケで、よく服の肩に落ちています。

2.脂性フケ

頭皮の過剰な皮脂分泌によっておこるフケです。フケが湿っており、下には落ちず、かさぶたのように頭皮や髪にくっつきます。症状がひどいと、頭皮に発疹ができ、それが悪化すると化膿します。場合によっては、「脂漏性皮膚炎」という湿疹の可能性もあります。

乾性フケの対策

1.頭を洗いすぎない

乾性フケは、頭皮を洗いすぎて、必要な皮脂を取ってしまうことが原因です。今のシャンプーの洗浄力が高すぎることも原因ですから、洗浄力の弱いシャンプー、または、天然成分のシャンプーに変えたほうがいいでしょう。

2.保湿ローションや椿油を頭皮に塗布する

頭皮に「皮脂」が残らないことが原因ですから、油分を頭皮に後から補給することも効果的です。病院に行っても、乾性フケ用のローションを処方してもらえます。

3.脂性フケ用のシャンプーを使わない

フケだからと言って、脂性フケ用のシャンプーを使う方がいます。脂性フケ用のシャンプーは、乾性フケの方には刺激が強いので、余計悪化する可能性があります。シャンプーには低刺激のものを使いましょう。

脂性フケの対策

1.しっかりと頭を洗う

頭を丁寧に洗い、過剰な皮脂を取り除きましょう。しかし、ここで注意すべき点があります。洗いすぎると、皮脂が足りないと思って、頭皮は余計皮脂を出すことがあります。皮脂は、頭皮環境を整えるのに、ある程度必要なのです。自分のフケ具合を観察しながら、洗いましょう。洗う回数は、一日一回で十分なので、量よりも一回の洗髪の質を重視しましょう。

2.脂性フケ用シャンプーを使う

洗浄力が強い脂性フケ用シャンプーがあります。このシャンプーは、「皮脂の除去」と「菌の殺菌・抑制」に効果があります。怖い話ですが、頭皮の皮脂をエサにしてカビ菌が繁殖して、フケや炎症を引き起こすのです。

3.「脂漏性皮膚炎」の場合は病院へ

「脂漏性皮膚炎」が原因で、フケや頭皮の炎症を引き起こす場合があります。ただのフケだと思っている方の中には、この皮膚炎が原因の方もいます。自分での頭皮ケアでも改善しない場合は、「脂漏性皮膚炎」の可能性がありますので、速やかに病院で診察してもらいましょう。

まとめ

フケは、人から不潔だと思われてしまいます。自分のフケが、「乾性」なのか「脂性」なのかを見極めて、正しくケアしましょう。

関連記事

くせ毛を何とかしたい!原因と対策とケア商品

【髪のツヤを出す方法】洗い方と乾かし方で差が出る!

【枝毛・切れ毛:原因と対策】枝毛・切れ毛は元に戻らない!?

【髪の分け目が薄い】髪が薄くなる理由は様々!原因に合った対策を!

【時間をかけずに寝ぐせを直す】寝ぐせは水分がカギを握る

【生活習慣の乱れも原因】女性の薄毛:原因と対策とケア商品