【ドライヤーで髪を乾かす正しい方法】髪は熱に弱いのに!

実は、髪は熱に弱いのです。間違ったドライヤーの使い方は、髪にダメージを与えてしまいます。ドライヤーを正しく使って、ツヤのある健康な髪をキープしましょう!
ツヤ髪については、本サイトの「髪のツヤを出す:原因と対策」のページも参考にしてくださいね!

自然乾燥は、絶対ダメ!

自然乾燥が、ダメなのは、

・頭皮に雑菌が繁殖しやすい
・髪が傷つきやすい
・髪がパサつきやすい
・ゴミ、ほこりが髪に付きやすい(毛穴に詰まりやすい)

髪は濡れた状態だと、髪の外を保護している「キューティクル」が無防備になり、外からのダメージを受けやすいのです。

ドライヤー:正しい髪の乾かし方

1.正しい「タオルドライ」で水気を取ろう!

タオルドライをしないまま、ドライヤーを使用すると、乾かすのに時間がかかります。結果的に、必要以上に髪に熱を与え続けることになり、髪にダメージを与えることになります。
タオルドライは、下記の方法で行います。
① タオルを髪に「こする」のではなく、髪に「当てる」ようにして水気を取る
② 長い髪は、毛束ごとにタオルで挟んで、握るように水気を取る

毛量が多い方とロングヘアの方は、部分ごとに分けて、しっかりと水気を取っていきましょう。

2.髪が痛んでいる人は、洗い流さないトリートメントをしよう!

「洗い流さないタイプのトリートメント」は、ドライヤーの熱から髪を守ってくれます。特に、髪が痛んでいる方は、トリートメントで髪をケアしましょう。

3.20センチ遠くから、ドライヤーの風を当てよう!

ドライヤーが近いと、熱を直接的に受け、髪はダメージを受けやすくなってしまいます。

4.[根元→毛先]に向かって乾かそう!

毛先は、ドライヤーを当てすぎてしまいやすいので、根元を中心に乾かすイメージです。風を、一箇所に集中して当てるよりは、全体に散らすようにしましょう。

5.最後は、冷風で髪の熱を取ろう

冷たい風で「キューティクル」を引き締めます。

髪型別の乾かし方

ロングヘアーの方・髪にボリュームを出したい方

下を向いて乾かしましょう。根元が乾かしやすくなります。また、髪にボリュームが出ます。

ストレートヘアにしたい方

髪に平行になるように風を当て、髪を軽く下に引っ張ります。

くせ毛が気になる方

指で髪を挟みながら、ドライヤーを当てましょう。

ショートヘアでボリュームを出したい方

指で髪をつまみあげて、ドライヤーの風を中に入れるイメージで乾かしましょう。

まとめ「ドライヤー:正しい髪の乾かし方」

ドライヤーを正しく使うことで、髪へのダメージが最小限になり、また、スタイリングがしやすくなります。毎日のことなので、正しい方法で髪を乾かせるようになりたいですね。

関連記事

【髪のブラッシング方法】正しいブラッシングで嬉しいこといっぱい!

【生活習慣の乱れも原因】女性の薄毛:原因と対策とケア商品

白髪が増えた!?原因と対策とケア商品

【髪の分け目が薄い】髪が薄くなる理由は様々!原因に合った対策を!

くせ毛を何とかしたい!原因と対策とケア商品

【女性の頭皮のフケ】あなたは「乾性・脂性」どちらのタイプ?