【生活習慣の乱れも原因】女性の薄毛:原因と対策とケア商品

ある程度年齢を重ねた女性の中には、髪が薄くなってきたことを気にする方もいます。

また最近では若い年齢の女性でも薄毛になるケースがあるので、年齢に関係なく発生する悩みといえるでしょう。

今回はそんな女性の薄毛について詳しく説明していきますので、参考にしてくださいね。

目次

1.【FAGAが多め】女性の薄毛のタイプとは?
2.女性の薄毛のメカニズム
3.【先天的要因と生活習慣】女性の薄毛の原因を説明
4.薄毛の予防法
5.薄毛の改善方法
6.【シャンプー・サプリなど】女性の薄毛の改善アイテム

1.【FAGAが多め】女性の薄毛のタイプとは?

女性の薄毛は「FAGA」と呼ばれるタイプのものが多いです。

ここではその「FAGA」だけでなく、女性に起こりうる薄毛のタイプ・症状について説明します。
薄毛になりたくない女性は、まずタイプについて頭に入れると良いでしょう。

(1)FAGA

「FAGA」とは、女性男性型脱毛症のことです。
これは薄毛に悩む女性に多い症状とされています。

髪が全体的に細くなり、ボリュームが減ってくることが特徴です。
額・頭頂部に症状が集中する男性の薄毛(AGA)と異なり、薄毛の症状が頭全体に広がります。

「FAGA」は広範囲に広がるという意味の「びまん」を取って、「びまん性脱毛症」とも呼ばれています。

(2)牽引性脱毛症

髪の毛が引っ張られ続け、抜け落ちてしまうものが「牽引性脱毛症」です。

引っ張られることで特定の髪の毛に負担がかかり、頭皮の血行が悪化することで、髪の毛に必要な栄養が頭皮に行き渡りにくくなることで起こります。

ボニーテール、エクステ、ヘアアイロンなどのヘアアレンジを行う女性であれば、年齢関係なく起こりえるので注意しましょう。

(3)円形脱毛症

円形・楕円形に脱毛する病気を円形脱毛症と呼びます。

症状から「10円ハゲ」とも呼ばれ、性別に関係なく発症する可能性があります。

2.女性の薄毛のメカニズム

髪の毛が伸びるのと同様に、薄毛にもメカニズムがあります。
女性の薄毛の中でも多い症状である「FAGA」を例にとって説明していきましょう。

まず髪の毛には成長して生え変わるまでのヘアサイクルがあります。

・成長期
毛母細胞が分裂してから、新しい髪の毛が成長するまでの時期(約2~6年)

・退行期
成長が徐々に止まり始める時期(約2週間)

・休止期
成長が完全に止まって、髪の毛が抜けるまでの時期(約3~4か月)

ヘアサイクルは通常、上記3種類の時期を繰り返し、約2~6年半ほどで生え変わります。
これは髪の毛1本1本で異なり、正常なサイクルであれば薄毛になることはありません。

ただ「FAGA」になることで成長期が短くなります。
その影響で髪の毛が十分に成長できず、細くてコシのない髪の毛となり、全体的に見て薄く感じられるのです。

また成長期が短いため、休止期が長くなる髪の毛の割合が高くなります。
十分に成長できずに休止期に入る髪が増え、成長期の髪が減るので、全体的に見て髪のボリュームダウンにつながるのです。

3.【先天的要因と生活習慣】女性の薄毛の原因を説明

女性の薄毛が起こる原因にはいくつかの要素があります。

自分ではどうしようもできない身体の働きや先天的な要因、生活習慣の乱れが原因のものなど様々です。
ここでは「身体的・先天的要因」「生活習慣の乱れ」と項目に分け、薄毛になる原因について説明していきますので参考にしてくださいね。

身体的・先天的要因

(1)出産や妊娠によるホルモンバランスの乱れ

出産後といったタイミングで多くの毛が抜けることも多いですが、これはホルモンバランスの乱れが影響しています。

女性ホルモンは、ヘアサイクルに大きな影響を与えます。
そのためホルモンバランスが崩れる妊娠・出産期は、ヘアサイクルの観点では要注意の期間なのです。

まず妊娠中はホルモンのレベルが高く、退行期・休止期に移行せず、脱毛しにくい状態となります。
そして出産後はホルモンレベルが通常に戻ることで、ヘアサイクルも正常になりますが、出産後脱毛という妊娠中に休止期に入らず抜けなかった分の髪の毛が一気に抜ける現象があります。

ただ妊娠・出産から少し時間が経つと、ヘアサイクルが正常になって新しい毛髪が生えてくることがほとんどなので、そこまで心配はいりません。

(2)加齢

加齢、または年齢を重ねることで起こる更年期が原因で、薄毛になることも多いです。

体内にある女性ホルモンの一種「エストロゲン」は、髪の毛を育てる働きがあります。
これが十分に分泌されるうちは、薄毛になる危険性は少ないです。

しかし加齢やそれにともなう更年期などの影響で女性ホルモンの分泌が減少すると、髪を薄くする働きのある男性ホルモンの影響を受けやすくなります。
それが原因で薄毛になるリスクが高まるのです。

(3)遺伝

男性に比べると可能性は低いものの、女性が薄毛になる原因のひとつに遺伝があります。

両親の体質を受け継いで薄毛になることもあるので、ほかに原因が思い当たらない場合は、遺伝が原因である可能性が高いです。

また食生活などの悪い習慣を受け継いで薄毛になることもあるので、気を付けましょう。

生活習慣の乱れ

(1)過度のストレス

女性の薄毛の原因のひとつに、ストレスがあります。
ストレスが原因の薄毛に関しては10、20代など若年層でも起こりうることです。

まず過度のストレスによって、自律神経を乱すことにもつながります。

自律神経が乱れることで交感神経が優位な状態になり、身体の緊張状態が続くことで血管の収縮・血流の悪化に起こしやすくなります。

そうなると
頭皮に十分な栄養が行き渡らない

頭皮が固くなる

薄毛や抜け毛の原因となる
といった悪いサイクルができてしまうのです。

また自律神経が乱れることで、女性ホルモンのバランスも乱されることが多いです。

このようにストレスが溜まることは、女性の薄毛を引き起こす大きな要因となるのです。

(2)飲酒・喫煙

生活習慣の中で薄毛につながりやすいものとして、飲酒・喫煙が挙げられます。

お酒を飲むことによって、肝臓にアセトアルデヒドという有害物質が発生し、それを無害化するためにシステインというアミノ酸が消費されます。
これは髪の毛をつくる上で重要な栄養素となり、飲酒量が多くなればシステインが髪の毛に行き渡らなくなるため、薄毛につながってくるのです。

また喫煙をすると、タバコに含まれるニコチンの影響で血管が細くなります。
そうなると頭皮に十分な栄養が送られないため、抜け毛・薄毛の原因となります。

飲酒・喫煙を完全にシャットアウトする必要はありませんが、過度に行うことで薄毛になるリスクが高まることを頭に入れておくと良いでしょう。

(3)無理なダイエット

キレイになりたい・パートナーに気に入られたいなどの理由から、ダイエットを行う方も少なくありません。
その中には過度な食事制限を行う方も多いです。

過度な食事制限を行うと、髪の毛の成長に必要な栄養素が不足します。
それが原因でハリのない細い毛になる、髪が薄くなるといったことを引き起こすので注意してくださいね。

女性の薄毛の改善は大きく分けて
・薄毛にならないように予防する
・薄毛になった状態を改善する
という方法があります。

ここからはそれぞれの方法について説明していきましょう。

4.薄毛の予防法

ここでは薄毛にならないように、普段の生活で心がけることを紹介します。
今は大丈夫だが、薄毛になりたくないという方は参考にしてくださいね。

(1)正しく頭皮ケアを行う

〇シャンプーの選び方

女性の薄毛を予防するためには、普段から頭皮に優しいシャンプーで髪を洗うことが大切です。
・アミノ酸系洗浄成分
・弱酸性
などのシャンプーは頭皮に優しいので、薄毛予防に使用すると良いでしょう。

〇シャンプーの方法

薄毛対策のためには、正しい頻度・方法でシャンプーを行うことも大切です。

頻度は多くても「1日1回」となります。
何度も洗ってしまうと必要な皮脂を奪って頭皮環境に悪影響を与え、薄毛にもつながるので注意しましょう。

シャンプーは
① あらかじめブラシでほこりや汚れを落とす
② ぬるま湯で素洗い
③ シャンプーをよく泡立て、頭皮を優しく洗う
④ しっかりすすぐ
という流れで使います。

その際、少しぬるいと感じる38度前後の温度で行うとより良いでしょう。

(2)頭皮マッサージ

継続して頭皮マッサージを行うことも、抜け毛を防ぎ薄毛を予防する方法のひとつです。

方法は以下の通りです。
① 小指以外の指の腹を使って適度な力加減で、頭皮を舌から頭頂部に向かって押す(5回程度行う)
② 頭皮を軽くつまみ、前後に動かす

長時間行うと頭皮に負担がかかり悪影響を及ぼすので、5分程度で終わらせるように心がけましょう。
また軽く力を入れたくらいの強さで行うこともポイントです。

(3)ストレスを溜めない

上でも説明しましたが、女性が薄毛になる大きな原因のひとつにストレスがあります。
そのため、ストレスを溜めないことも、薄毛予防につながります。

方法は人によって異なりますが
・ストレスの元を遠ざける
・発散できる趣味を見つける
・気分転換できる時間をつくる
・アロマなどを焚いてリラックスする
・お風呂でゆっくりする
など様々です。

薄毛を予防するためにも、自分に合ったストレス解消法を見つけ、それを実行してくださいね。

(4)食生活を変える

薄毛を予防するためには、バランスの取れた食生活を心がけることも大切です。

髪の毛は食事から摂れる栄養素を元に作られます。
そのため髪の毛を作るのに必要な栄養素を中心に、偏りなく栄養を摂ることが必要となります。

髪の毛を作るのに必要な栄養素・食べ物は以下の通りです。

【たんぱく質】
・肉類
・魚類
・乳製品
・大豆類

【ビタミン(A・B・C・E)】
・緑黄色野菜
・豚肉
・レバー
・柑橘系の果物
・ごま
・ナッツ類

【亜鉛】
・牡蠣
・レバー
・納豆
・うなぎ

これらの栄養素・食物を中心に、バランス良い食生活を心がけてくださいね。

(5)生活習慣を見直す

普段の生活習慣を見直し、規則正しく生活することも、薄毛を予防するために重要です。

基本的には
・ストレスを溜める
・過度な飲酒や喫煙
・無理なダイエット
など、薄毛の原因になることを中心に考えなおします。

また十分に睡眠が取れていないと
・ストレスが溜まる
・髪の毛を作るのに大切な成長ホルモンの分泌が少なくなる
といったデメリットがあります。

そのため普段からしっかり睡眠を取ることも、薄毛予防のために大切な生活習慣といえるでしょう。

5.薄毛の改善方法

ここでは薄毛になってしまったときの、改善方法についてご説明します。

(1)大豆イソフラボンを摂る

薄毛になってしまったときの改善方法のひとつに、「大豆イソフラボン」を摂取することも挙げられます。

女性ホルモンを補ってくれる「大豆イソフラボン」は、継続的に摂り続けることで髪の健康・美肌など様々な効果が期待できる成分です。
上記で説明した亜鉛・ビタミン・たんぱく質も大切ですが、それと同時に摂取することで薄毛の改善にも役立ちます。

大豆イソフラボンが多い食品は
・納豆
・大豆飲料
・豆腐
・油揚げ
などです。

食事の中で毎日摂取するのが大変という方は、サプリを活用しても良いでしょう。

こちらは時間をかけて薄毛を改善したい方にオススメの方法です。

(2)育毛剤を使う

育毛剤を使用することも、女性の薄毛を改善する方法のひとつです。

女性の薄毛に特化した育毛剤も登場しており
・保湿
・血行促進
に役立つ成分が含まれる商品が多いです。

継続して使用することによって
・髪が抜けにくくなる
・頭皮が健康な髪が育ちやすい環境になる
といった効果があります。

(3)病院に行く

様々な方法を試してみたものの
・薄毛になってしまった
・改善できない
という方は、医師に診てもらうのが良いでしょう。

特にオススメできるのが
・薄毛専門のクリニック
・頭皮環境に詳しい皮膚科
です。

専門知識豊富な医師に相談し、適切な治療を受けることによって、薄毛の症状も改善に向かうことが多いです。

ただ訪れた病院や医師との相性が悪いこともあります。
そのため本気で治したい方は、診療で違和感を感じた場合、ほかの病院も探しておくと良いでしょう。

6.【シャンプー・サプリなど】女性の薄毛の改善アイテム

ここでは女性の薄毛の予防・改善に役立つアイテムを紹介していきましょう。
「シャンプー」「サプリ」「頭皮マッサージ器具」とタイプごとに分けたので、商品を選択するときの参考にしてくださいね。

シャンプー

(1)kurokamiスカルプ(haru)

こちらの商品は、注目の育毛成分「キャピシャル」を配合したシャンプーです。

リンス・コンディショナー不要なので、効率良くキレイな髪をつくりたい方にもオススメできます。
また植物由来の成分を多く配合しているため肌に優しく、安心して利用できることも魅力です。

(2)チャップアップシャンプー(ソーシャルテック)

「チャップアップシャンプー」は、頭皮に優しい無添加のオーガニックシャンプーです。

美容師と毛髪診断士がタッグを組んで開発した商品で、薄毛のケアはもちろん、健やかでキレイな髪をつくるのにも役立ちます。

(3)アスタリフトシャンプー(FUJIFILM)

アンチエイジングをテーマにしてつくられたシャンプーです。

アスタキサンチン(ビタミンCの約6,000倍の老化防止効果)などの成分を配合し、育毛や薄毛のケアだけでなく、キレイな髪を保つことにも役立ちます。

サプリ

(1)無添加オールインワンサプリ(マイナチュレ)

身体に負担がかからず、効率良く栄養を吸収できる無添加サプリです。

「シスチン」「天然タウリン」など毛髪・頭皮のケアに役立つ成分を数多く配合しているので、普段の生活の中で摂取することにより薄毛予防・改善に役立ちます。
また健康や美容に役立つ成分も多く含んでいますので、薄毛対策以外の目的で利用しても良いでしょう。

(2)ヘアドルーチェ(東栄新薬)

髪の成長に必要な「IGF-1」を増加させることで、育毛をサポートする効果のあるサプリです。

イソフラボン、カプサイシン、アガリクスなど増毛に役立つ成分を多く配合しています。
また薄毛改善だけでなく、美肌効果があることも特徴です。

(3)KING OF KONBU DX(アートネイチャー)

「KING OF KONBU DX」は、有名かつらメーカーである「アートネイチャー」、医薬品メーカー「カイゲン」のコラボ商品です。

血流の改善・促進に役立つジンジャーで健康な毛髪を維持し、シアル酸が頭皮に働きかけることで薄毛改善に役立ちます。

頭皮マッサージ器具

(1)頭皮エステ サロンタッチタイプ(パナソニック)

自宅で気軽にヘッドスパを行える電動機器です。

指の腹で行うマッサージを再現し、実際のヘッドスパを体験しているような気分を味わえます。
またいくつかのモードが用意されており、その中には血行促進に効果のある「かっさ」を再現したものもあり、頭皮の血行不良の改善・薄毛予防や解消に役立ちます。

(2)ヘッドスパ SKINCARE OPTIONS(SKINCARE OPTIONS)

回転ヘッドが4つある頭皮マッサージャーです。
頭皮に程良い刺激を与えることで、血行の促進・頭皮の柔軟性を高める効果があり、薄毛改善にも役立ちます。

またコンパクトサイズ、防水仕様ということも特徴です。
そのためお風呂・リラックスタイムはもちろん、会社などに持ち運んで、仕事の合間などに使用することもできます。

(3)電動頭皮ブラシ 音波振動クレンジングタイプ(パナソニック)

血行促進・頭皮を柔らかくするのに効果のある電動頭皮ブラシです。

微細な音波振動でマッサージを行えることが特徴で、毛穴につまった落としにくい皮脂汚れの除去にも役立ちます。
また防水になっているため、シャンプーのときに使えることも特徴です。

まとめ

いかがでしたか?
今回は「女性の薄毛」について説明しました。

ここで紹介したように
・飲酒
・喫煙
など生活習慣の乱れが原因で起こることも多いです。

また
・過度なダイエット
・ストレスが溜まる
といった要因もあるので、若い女性も気を付ける必要があるでしょう。

薄毛になった場合の改善方法もありますが、食事・育毛剤などすぐに結果の出ないものも多いです。
そのため普段から薄毛にならないよう、ここで書いてあることも参考にして、予防しておくことも重要となります。

関連記事

【天使の輪の作り方】キューティクルがあなたを天使にする!

セルフヘッドスパのやり方とおすすめ商品

白髪が増えた!?原因と対策とケア商品

【女性の頭皮のフケ】あなたは「乾性・脂性」どちらのタイプ?

くせ毛を何とかしたい!原因と対策とケア商品

【枝毛・切れ毛:原因と対策】枝毛・切れ毛は元に戻らない!?