【髪のブラッシング方法】正しいブラッシングで嬉しいこといっぱい!

髪の正しいブラッシング方法

ブラッシングを正しく行うことで、髪にいい効果がたくさんあるんです!逆に、間違ったブラッシング方法は、髪にダメージを与えます。

ブラッシングの目的

1.保湿(潤い)効果

ブラッシングをすることで、髪の皮脂が全体に行き渡り、髪にツヤが出ます。ツヤが出ると憧れの「天使の輪」が出ます。本サイトの【天使の輪の作り方】キューティクルがあなたを天使にする!のページもご参考くださいね。

2.汚れ・ほこり・フケの除去効果

ついでに、髪に付着した「汚れ・ほこり・フケ」も一緒に取れます。シャンプーで髪を洗う前にブラッシングをすると、汚れが浮き上がり、効果的に洗髪が行えます。本サイトの【髪のツヤを出す方法】洗い方と乾かし方で差が出る!のページもご参考くださいね。

3.スタイリング効果

髪の絡まりをほどき、スタイリングしやすくなります。

4.マッサージ効果

頭皮に適度な刺激を与えられ、血行がよくなります。血液が栄養を運びやすくなるんですね。

ブラッシングに最適なブラシとは?

目の細かくないブラシ

目の細かいブラシは、絡んだ髪を無理に引っ張ってしまい、髪を傷つける、抜け毛が増やす原因となります。

静電気が起きにくいブラシ

静電気が起きやすいブラシは、切れ毛の原因となります。

天然素材(獣毛)のブラシ

獣毛とは、猪や豚などの動物の天然毛のことです。静電気が起きにくく、使い続けることで髪にツヤが出やすくなります。しかしながら、ブラシの毛穴が汚れやすいので、定期的な清掃で清潔に保つ必要があります。

髪の正しいブラッシング方法

1.髪がパサついていたら、髪に水分・油分を与える

髪がパサついている状態でブラッシングをすると、静電気が起きやすくなり、切れ毛が起こりやすくなります。スプレー・ヘアクリーム・椿油などで、ブラッシングのための髪の保護をしましょう。

2.毛先のもつれ・絡まりをほどく

根元から一気にブラッシングを始めると、髪を傷つけたり、切れ毛の原因となります。毛先から、丁寧に優しく髪をといていきましょう。

3.[毛先 → 真ん中 → 根元]の順番でブラッシング

外→中→奥の順でブラッシングしていきます。ブラッシングは「ゆっくり優しく」です。乱暴にすると抜け毛や、髪にダメージを与えてしまいます。

4.全体をブラッシング

最後に、髪の根元→毛先に向かってブラッシングです。この最後に行うブラッシングを、最初から行っている人も多いんじゃないですか!?急いでいる時でも、ブラッシングは丁寧に行いましょうね!

正しいブラッシング方法のまとめ

正しいブラッシングは、髪にツヤを与え、きれいな毛流れを作ります。そのきれいな髪が、「天使の輪」を作り上げて、キラキラ輝き始めますよ!

関連記事

【前髪命の方必見】セット崩れの原因と防止方法

【生活習慣の乱れも原因】女性の薄毛:原因と対策とケア商品

セルフヘッドスパのやり方とおすすめ商品

【女性の頭皮のフケ】あなたは「乾性・脂性」どちらのタイプ?

【時間をかけずに寝ぐせを直す】寝ぐせは水分がカギを握る

【髪の分け目が薄い】髪が薄くなる理由は様々!原因に合った対策を!