【足のむくみ:原因と解消法】水分と塩分の取り過ぎに注意!

足のむくみの原因は、大きくわけて二つあります。

1.一時的なもの

2.病気によるもの

まずは、一時的な足のむくみについて考えましょう。

一時的な足のむくみの原因

一時的な足のむくみは、リンパの流れが悪くなり、体の中で不要となった水分が皮膚の下に留まることで起こります。足のむくみが起こるのは、以下のような時です。

1.長時間の立ちっぱなし・座りっぱなし

これは、重力が関係しています。立つ・座る状態を長時間続けていると、重力より血液が下に留まり、圧の変化で水分が体の中を循環せず、足に留まってしまいます。そのために、足がむくむのです。

2.運動不足・血行不良

血液は、水分を体中に循環させるポンプの機能を持っています。
運動不足により、血液が体を循環せず、足に水分が留まりやすくなります。血行不良も同様です。

3.冷え性

冷え性の方も、血行不良になるので、足に水分が留まりやすくなります。

4.水分・塩分の取り過ぎ

余計に水分・塩分を取ることで、体の中の水分が増え、その水分が足に溜まってしまいます。

5.ホルモンバランスの崩れ

女性ホルモンのバランスが崩れると、同時に自律神経のバランスも崩れて、リンパの流れが悪くなり、足に水分が留まってしまいます。

一時的な足のむくみの解消法

血行をよくして、水分を循環・排出させることが基本となります。

1.マッサージ・ストレッチ

マッサージ・ストレッチは、「太もも」「内もも」「ふくらはぎ」「足首」を中止に行うと効果的です。

時間がない方は、つま先立ちして歩くだけでも、効果がありますよ!つま先立ちで歩くと、ふくらはぎの筋肉の活動が活発になり、血行が良くなります。

2.入浴・足湯

3.寝るときに、足を10~15センチ高くする

日中は重力により、水分が足にたまりやすくなります。足を上の位置にするだけで、水分が足にたまりにくくなります。

4.長時間の立ち・座り姿勢は、姿勢を変える・屈伸をする

5.塩分の取りすぎに注意する・カリウムを摂取し塩分の排出を促す

病気による足のむくみの原因

一時的に足のむくみが解消されない場合、下記のような病気の疑いもあります。一度、病院で診てもらいましょう。

1.循環器系の病気

2.血液系の病気

3.消化器系の病気

4.泌尿器系の病気

まずは、日頃の食生活から見直そう

塩分の取り過ぎが、足のむくみの原因となります。どれだけ、むくみの対策をしても、毎日塩分を取り過ぎていたら、根本的な解決にはなりません。ファーストフードやカップラーメンはなるべくさけて、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

関連記事

かかとの角質 ひび割れ:原因と対策

気になる脚のムダ毛:処理後のケア方法

【水虫の原因と対策】水虫は一度なるとその後も繰り返すよ!