朝の洗顔ー水分と皮脂のバランスを見極めて!ー

「朝に洗顔をすべきか?しないべきか?」という論争がたまにありますが、実際のところはどうなんでしょうか?

朝の洗顔はすべき!でも肌質によって洗顔方法を変えるべき!

答えは、上記の通りです。
寝ている時は、汗をかいたり、顔の皮脂が分泌したりします。また、寝具は、人間の汗・皮脂が付いており、ダニも存在します。顔は不衛生になりやすいため、朝の洗顔は必要なのです。

「肌質によって洗顔方法を変えるべき」と書きましたが、そもそも肌質はどのようなタイプに分かれるのでしょうか?

肌質の種類

普通肌

肌の水分・皮脂の量のバランスが取れている。理想の肌タイプ。

乾燥肌

肌の水分・皮脂の量がともに少ない。肌がかさつきやすく、肌トラブルが起こりやすい。

敏感肌

外からの刺激(化粧品・洗顔量・紫外線など)に弱い。通常の人が使用しても問題ない化粧品を使用したときに、肌トラブルが起きることがある。

脂性肌

肌の水分・皮脂の量がともに多い。顔が常にテカり、ニキビ・吹き出物ができやすい。

混合肌

「乾燥肌」と「脂性肌」が混合した状態で、部分的に差がある。肌状態が一定ではなく、季節や体調に影響を受けやすい。日本人の多くがこれにあてはまる。

肌質の種類による洗顔ケア

普通肌の洗顔ケア

今行っている洗顔ケアで問題がなければ大丈夫です。肌トラブルが出てきた場合は、洗顔方法を見直しましょう。

乾燥肌・敏感肌の洗顔ケア

お湯のみで顔を洗う、または、天然成分の洗顔料で顔を洗いましょう。通常の洗顔料は、皮脂を落としすぎてしまい、肌トラブルを招きやすいです。

脂性肌の洗顔ケア

通常の洗顔料を使用して顔を洗いましょう。
しかしながら、顔を洗いすぎると、顔は皮脂不足になり、肌を潤わそうと皮脂を分泌します。過剰な洗顔は逆効果になりますので、気を付けましょう。また、油分の少ない洗顔料を使うのもいいでしょう。

混合肌の洗顔ケア

混合肌の方は、部分的に乾燥し、部分的に皮脂が過剰に出ている状態です。乾燥部分は避け、日頃、テカリやすい部分の洗顔料で顔を洗いましょう。また、季節によって、洗い方を変えることも必要です。乾燥しやすい時期は、天然成分の洗顔料に変えることもいいでしょう。

洗うべき顔の場所

皮脂は、顔のTゾーン(おでこ・鼻)が最も出やすいです。
また、Uゾーン(頬・あご)は、体調により影響を受けやすく、吹き出物が出やすいです。
TゾーンをUゾーンを意識して、肌の状態を見ながら、洗顔すべき場所と洗顔を避けるべき場所を区別しましょう。

まとめ

肌は人によって千差万別です。だから、自分に合った洗顔方法は、一人一人違うのです。自分の肌タイプを見極めたうえで、自分にあった洗顔方法を行いましょう。

関連記事

【小鼻の毛穴の開き:原因と対策】いちご鼻にはしたくない!

【美人顔の条件】美人顔の共通点と美人顔になる方法

【すっぴんを見せたくない!】男女の本音と対処方法

【顔タイプの種類】魅力や個性をアップする顔タイプ別の方法!

【理想的な鼻】だんご鼻になってしまうNGな行為・習慣とは!?

【顔の産毛:原因と対策】剃るか剃らないかは自分で決めよう!