【スマホによる目の影響】目はブルーライトを浴び続けている!

普段からスマホやPCを利用することの多い昨今。
便利だから利用しているものの、その影響については詳しく分からないという人も少なくありません。

今回はそんな方のために、スマホ(PC)が目に与える影響やその対策についてご説明します。

≪目次≫
1.スマホが目にとって悪い理由
2.スマホが目に及ぼす影響
3.ブルーライトのしくみ
4.ブルーライト対策

1.スマホが目にとって悪い理由

スマホを見ていることイコール、近くのものをじっと見ていることになり、目が疲れる原因になります。

人の目は手元の細かいものを見ているときは「毛様体筋」という筋肉を使ってピント合わせをします。
長時間その部分を緊張させると目が疲れてきて、瞬きの回数が半分以下に減るなどの理由で乾燥し、目がショボショボする原因となるのです。

2.スマホが目に及ぼす影響

ここではスマホが目に及ぼす症状について説明しています。

(1)スマホ老眼

スマホ老眼とは、近距離を見続けるうちに、人の目が順応しようとして、一時的に近視化することを指します。

そのときに使う「毛様体筋(もうようたいきん)」という筋肉を酷使させることで発生する症状で、一時的に老眼のような状態になります。

この「スマホ老眼」は下記のようなことが原因で起こることが多いです。
・近い距離で画面を見る
・小さい画面で見る
・細かい動きを追う
・暗いところで使う

(2)VDT症候群

これは、PCやスマホなどのディスプレイを使った作業によって現れる、身体の不調のことを指します。
目だけでなく身体・精神に影響を及ぼすことも少なくありません。

身体に与える影響は下記の通りです。
・目の痛み
・視力低下
・肩こり
・首や肩、背中の痛み手指のしびれ

精神に与える影響として下記のものが挙げられます。
・イライラ
・不安感
・不眠症
・無気力
・食欲不振
・疲労感
・抑うつ

(3)ドライアイ

PCやスマホを長時間使うことによって、ドライアイにつながることも多いです。

涙の分泌量、涙の質の低下が起きることが原因となります。

(4)自律神経の乱れ

自律神経のバランスが乱れることも、スマホが目に及ぼす影響のひとつです。

それによって
・頭痛
・肩こり
・不眠
など身体に様々な不調が起きます。

(5)視力低下

PCやスマホを利用することによって目に負担がかかり、視力低下につながります。

また以下のような習慣は、視力低下のリスクを高めるので、できるだけ控えましょう。
・読み書きをするときの、机やいすの高さが合っていない
・PC、テレビ、スマホ、読書などを長時間続ける
・暗いところでPCなどを使う

3.ブルーライトのしくみ

PCやスマホのLEDディスプレイや照明には、ブルーライトが多く含まれています。

これは人の目で見える光の中で
・最も波長が短い
・強いエネルギーを持っている
という特徴があるため、角膜・水晶体で吸収されず網膜まで達し、眼や身体に大きな負担をかけます。

ここではブルーライトが原因で起こる身体への悪影響について説明しましょう。

(1)目への影響

ブルーライトがもたらす目への悪影響は以下の通りです。
・網膜へのダメージ
・目の疲れ
・目の痛み
・眼精疲労
・眼疾患

目の角膜・水晶体を通過して直接網膜に届くので、
長時間PCやスマホを見ることによって、網膜の中心部にある黄斑にダメージを与えます。
それが原因で黄斑変性になる可能性もあるのです。

またブルーライトは、成長期の子供の眼に与える影響も強いです。
成長期に目を酷使することで視機能の発達に影響し、数年後
・睡眠障害
・視力の低下
・眼疾患
などを引き起こす可能性が高いといわれています。

(2)全身への影響

PCやスマホに含まれるブルーライトは、眼だけでなく身体全身に影響を与えます。

下記のような症状が出る可能性があるので、頭に入れておくと良いでしょう。
・睡眠障害
・肥満
・体内時計を狂わせる

4.ブルーライト対策

眼や全身に悪影響をもたらすブルーライトの対策には、いくつかの方法があります。

(1)ブルーライトカットに役立つ商品を使用する

PCやスマホに含まれるブルーライトは、昨今、その悪影響が話題になっているため、対策に役立つ商品も登場しています。
これらを活用することも、ブルーライト対策に役立ちます。

ブルーライトカットに役立つ商品の中には、以下のものがあります。
・メガネ
・PC、スマホ用のフィルム
・アプリ

(2)ルテインを摂取

ルテインは黄斑の構成成分であり、抗酸化作用があるため、ブルーライトによって眼が受けるダメージを和らげてくれます。

ルテインが含まれたサプリも多いので、ブルーライトのために摂取するのも良いでしょう。

下記のような食品にもルテインが含まれています。
・ホウレン草
・ブロッコリー

(3)体内リズムを整える

ブルーライト対策のためには、体内時計を正常に動かすような、体内リズムを整える生活をすることも大切です。

そのためには
・朝や昼はブルーライトを浴びても、夜はブルーライトを避ける
・寝る3〜4時間前には照明を暗くする
といったことを行うと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回はスマホ(PC)が目に与える影響について説明しました。

眼だけでなく全身に悪影響をもたらしますが、普段の生活を少し改善することで、予防することができます。
そのため眼を守るためには、普段の生活を改めるのも良いでしょう。

関連記事

【目力って何?目力をつける方法】目力で人に強い印象を残せる!

【目を自力で二重にする方法】自力で二重にできる人とは!?

【目薬の選び方と使い方】症状別のおすすめ目薬を紹介!

【まぶたが腫れぼったい:原因と対策】飲みすぎ・食べすぎに注意!

【視力が悪い:原因と対策】スマホで目は大ダメージを受けている!

まつ毛の悩み 育毛