【目の下のクマ】黒クマ・茶クマ・青クマ←あなたはどのタイプ?

目の下のクマは、嫌ですよねぇ。不健康な感じに見られるし、老けて見られるし、マイナスばかり!とほほほほ。でも、気がついたら、目の下にクマができていますよね。予告もなくできますよね。なんで「クマ」はできるんでしょう?そして、どうやって予防すればいいのでしょう?

目の下のクマは3種類あって、原因がそれぞれ違う!

黒クマ(主にたるみが原因)

茶クマ(主に色素沈着が原因)

青クマ(主に血行不良が原因)

これらそれぞれのクマに対策を取らなければ、絶えず常にどれかのクマで悩まされるかも!?
では、それぞれを詳細に見て行きましょう。

3種類の目下のクマの見分け方

目尻を横に引っ張ってみましょう。
目尻を横に引っ張ると・・・
・黒クマは、色が薄くなるが、ファンデーション等で消えない(上を向くと目立たなくなる)
・茶クマは、色が変わらず、ファンデーション等を塗ると薄くなる
・青クマは、色が少し薄くなり、ファンデーション等を塗ると薄くなる

つまり、黒クマはあまりごまかしがきかず、茶クマは目尻を引っ張っても色が変わらず、青クマは引っ張って皮膚を伸ばせば薄くなるし、メイクでもごまかしがきくようですね。

2つ以上の種類のクマが同時に起こることもある!

目の下にクマが出来ても、「必ず一つのクマのみ存在する」というわけではありません。種類の違うクマが同時に起こることだってあり、場合によっては、色味の濃いクマになることだってあるんです!

黒クマの原因

1.生まれつきある目の下のへこみで影ができる

2.加齢によるたるみ・その下にへこみできて影ができる

原因は、生まれつきのもの、加齢によるものがあります。

黒クマの対策

目元のハリを取り戻し、たるみをなくす!

加齢によるものが大きく影響していますから、下記のケアが大事です。
・保湿効果の高い美容液などで保湿する
・たるみやしわに効果のある美容液、美容クリームを使う
・アンチエイジングを心がけた食事を取る

茶クマの原因

色素沈着・シミ

要するに、メラニン色素が目下に沈着することが原因です。
メラニン色素が沈着する原因としては、下記の通りです。
・紫外線
・目元への刺激(メイク・洗顔・目をこするなど)

茶クマの対策

シミ・くすみ対策と同じ対策をする!

要するに、「茶クマ」はメラニン色素の沈着が原因ですから、みなさんが普段やっている「シミ・くすみ対策」を同じ対策をすればいいのです。たとえば、
・紫外線対策
・美白化粧品でのスキンケア
などです。だから、茶クマに関しては、血行を改善しても治らないということですね。これ以上悪化させないよう、今後のケアが大事というわけです。

青クマの原因

血行不良

目のまわりには、たくさんの毛細血管があり、その血液が滞留し、皮膚の上から透けて見えてしまって「青クマ」となるわけです。
血行不良の原因となるのは、以下の場合です。
・睡眠不足
・疲労
・ストレス
・目の疲れ(眼精疲労・ドライアイ)
・コリ
・喫煙
だから、パソコン業務など目を酷使する人は、「青クマ」になりやすいってことですね。

青クマの対策

1.目の周りを温める

お湯で濡らした温かいタオルを目元におくと、とってもいいですよ!

2.ちゃんと湯船に浸かる

シャワーだけで済ませている人は、しっかり湯船に浸かりましょう!目だけでなく、体全体の血行をよくしましょう。また、湯船に浸かると同時に、目を温めたり、目元をマッサージすると効果的です。

3.個人的には、目元のエステ美容機器や、蒸気アイマスクがおすすめ!

ここ最近、各社目元を蒸気や電気で温める美容機器を出しています。または、電気機器でなければ、蒸気の力で目元を温めるアイマスクがあります。個人的には、これらが非常にオススメです。疲れていれば、すぐ寝ちゃうくらい気持ちいいですよ!

「目の下のクマ」向けの商品

目の下のクマのケア商品は、下記の通りいくつかあります。自分のクマがどの種類にあたるのかを見極めて、自分の症状に合ったケアをしましょう。()内は、症状に合う主なクマの種類です。

① 美白効果のあるアイケアクリーム・目元美容液(茶)
② マッサージ効果が高まるアイケアクリーム・目元美容液(青)
③ エイジングケア効果のあるアイケアクリーム・目元美容液(黒)
④ 蒸気で温めるアイマスク(青・黒)
⑤ 蒸気や電気の力で温める電気美容機器(青・黒)
⑥ 眼精疲労予防の目薬(青)
⑦ 血行を促進させる炭酸コスメ(青)

まとめ

目を酷使する現代人は、目の下にクマができやすいと言えます。目の下のクマは、自分を不健康に、また、老けさせて見せます。しっかりケアして、いつも若々しく健康的でいましょう!ちなみに、個人的には、蒸気で温めるタイプのアイマスクがお気に入りです。これを付けて寝ると、すぐに寝落ちしちゃうくらい気持ちいい!少し前にテレビで芸人さんが紹介して、品不足になったほどの人気商品です。
青クマにとっても効果があると思うのでぜひ試してみてください!

関連記事

【まぶたが腫れぼったい:原因と対策】飲みすぎ・食べすぎに注意!

【スマホによる目の影響】目はブルーライトを浴び続けている!

目の下のクマ:原因と対策

まつ毛の悩み 育毛

【視力が悪い:原因と対策】スマホで目は大ダメージを受けている!

【目を自力で二重にする方法】自力で二重にできる人とは!?