「膣トレ」でラブタイムも日常も満たされる!簡単膣トレ方法!

膣トレとは?

膣トレとは、どういうトレーニングなのか、いまいち分かりにくいですよね。女性において、排泄や出産に関わるのが「骨盤底筋」なのです。膣も「骨盤底筋」と深く関わります。つまり、膣トレとは基本的にこの「骨盤底筋」を鍛えるトレーニングのことを指します。

骨盤底筋とは?

骨盤前の恥骨から肛門後ろの尾骨の間にある臓器の「骨盤底」に付いている筋肉が「骨盤底筋」です。この筋肉が弱まると、日常生活に支障が出てくる場合があるのです。例えば、主には女性の尿もれなどです。
手足のように普段から動かしている部位は、それだけで筋力トレーニングになりますが、骨盤底筋は意識して動かすことがないため、衰えやすいのです。

【原因】なぜ膣の締まりがゆるくなるのか?

1.出産

出産のときは膣の入り口から赤ちゃんが出てくるなど、筋肉を大きく引き伸ばします。通常は出産後徐々に戻っていきますが、上手く収縮できなくなると、膣の締まりが悪くなってしまいます。

2.姿勢の悪さ

姿勢が悪い人は、背中・腰近辺の筋肉に力が入っていない状態となっています。
お尻や膣の筋肉が使われていない状態なので、膣の締まりも緩くなっていることが多いです。姿勢が悪いと骨盤底筋が衰えていくので、より症状が悪化していきます。

3.加齢

年齢を重ねるとお尻を支える骨盤底筋にたるみが生じるため、膣が緩くなってしまいます。

4.肥満

普段から身体を動かさないことが原因で、下腹部に脂肪がつきます。
こうなると骨盤底筋に負荷がかかり続け、お尻周りの筋肉が伸びてしまいます。それが原因で膣の締まりが悪くなることも多いです。

5.便秘

便秘になると、長い時間トイレにこもり、便を出すためにいきむことも多いです。そうなると骨盤底筋が長時間引き伸ばされることとなり、膣の締まりを悪くします。

6.立ち仕事

立ちっぱなしの仕事をしている方は、骨盤底筋が常に内臓やお尻を支えている状態となります。

7.重いものを頻繁に持つ

また重いものを持つとお腹に力が入ることで内臓が下に押し下げられ、骨盤底筋に負担がかかります。

【デメリット】膣のゆるみで、パートナーとの関係に亀裂が生じることも!

膣の締まりがゆるくなると、性生活で満足感が得られにくくなります。
膣がたるんだりゆるんだりすると、女性も男性も性的な満足感が得られにくくなります。それが原因でセックスレスになり、やがてお互いの関係に亀裂が入ることもありえます。

【判断基準・症状】「私の膣は、締まりがゆるいの?」

でも、膣の締まりについて、どこからが「ゆるくて」どこからが「正常の範囲」なのか、判断に困るかもしれませんね。下記の症状が見られれば、膣の締まりがゆるくなっていると考えていいでしょう。

1.尿漏れ

小便を途中で止められない状態です。
骨盤底筋のように膣やお尻を支える筋肉が、衰える・伸びているため、膣の締まりも緩くなっています。

基本的には加齢が原因で起こる症状ですが、若くても運動不足による肥満などが原因で起こることも少なくありません。

2.お湯が漏れる

お風呂上がりにお湯が大量に漏れるのも、膣の締まりがゆるいことで起こる症状です。
膣圧が低下することでお湯が膣内に大量に入り、お風呂から出るとそれが一気に出てきます。

3.パートナーが、射精までに時間がかかる・または射精できない

男性は、膣で男性器を締められて快感を得ることで、射精します。もしも以前より、男性の射精までの時間が長くなっていたり、射精に困難が生じているのならが、膣がゆるんでいる可能性があります。

膣の締まりをよくする「膣トレ」のメリット

1. 性行為を楽しめる

膣トレを行うことによって、パートナーとの性行為をより楽しいものにできます。締まりが良くなるだけでなく、濡れやすい・感じやすい身体になることも可能です。そのため男性を楽しませるだけでなく、女性も性行為をさらに楽しむことができます。

2.尿漏れの改善

先に説明した通り、膣も尿の排泄も「骨盤底筋」が深く関係しています。膣トレは、同時に尿漏れ対策になるのです。

3. 便秘解消

下半身を鍛えることにも役立つ膣トレは、排泄機能の向上にも役立ちます。そのため便秘の解消にも効果があるので、お腹がポッコリしてきた人にも膣トレはオススメです。

4. 下半身の冷えが解消する

骨盤を鍛えることにも役立つ膣トレは、下半身の血流の流れが良くすることにも役立つため、冷えを解消することも可能です。肌寒くなる冬などの季節は、腰・足など下半身が冷えることも少なくありません。膣トレを行うことで、冬の季節などの冷えの悩みも解消することが可能です。

5. 姿勢が良くなる

ストレッチ・エクササイズなどに関連したものも多い膣トレは、行うことによってインナーマッスルを鍛えることも可能です。軸となる筋肉が鍛えられることで姿勢が良くなることも少なくありません。そのため猫背・お尻の垂みなどに悩んでいる人も、それらの改善のため膣トレを取り入れてみても良いでしょう。

膣トレは、こんなにいいことがいっぱい!では、膣トレの方法を紹介しましょう!

膣トレの方法

骨盤のストレッチ・肛門を締めるなど、膣トレには様々な方法があります。指を膣に入れ、膣内を開くことで膣を鍛えるやり方もあります。個人差はあるものの継続して行うことによって、比較的早く効果が出ることも特徴です。またスクワットなど下半身のエクササイズも併用して行うことで、より引き締める力が増すこともあります。

ここでは、気軽に行えて効果の高い、膣トレの方法をご説明します。

手早く簡単!膣トレーニング

①足を肩幅に開いた状態で立つ。
②約5秒かけてゆっくり息を吸いながら、肛門周辺を締める。
※このときは膣を引き上げるようなイメージで行うことが大切です。
③肛門周辺を限界まで締めたら息を止め、そのまま5秒間キープ。
※トイレで尿を止めるような感覚で行うと良いでしょう。
④約5秒かけ、息を吐きながらゆっくりと膣を緩め、元の状態に戻します。

こちらのトレーニングは5セットを目安に毎日行うことで効果が出やすいです。
1日3分程度で行えるので、仕事や家事が忙しい人でも、大きな負担を感じることなく続けられます。
膣トレを行う上で大切なのは、継続して行い続けることです。
トレーニングを辞めると再び筋力が低下します。そのため毎日、自分のペースに合わせて続けることが大切です。

膣が鍛えられる!膣トレグッズ厳選!

実は、膣トレの効果を高めるのに役立つグッズもあるんです!
上記トレーニングと併用することで、効果の実感が高まります。

・Mifine Hymanリモコンローター
少し大きめなサイズで、電動マッサージ機として販売しているインボールです。ローションなど保護用品を使って膣内に挿入させます。防水機能の付いたリモコンが付いているため、お風呂の中で使用することも可能です。

バイブの刺激が骨盤底筋を鍛える効果があるので、膣トレにも効果的です。また大きめサイズのため、膣が緩い・出産後緩んでしまった方が、膣トレを開始する際に使うのにもオススメです。
素材として医療用シリコンが使われているため、身体に負担がかかりにくいです。

・SVAKOM Nova ボール
この商品は、インナーボールというシリコン製の球を膣中に入れることによって、膣トレーニングをするグッズです。素材は医療用シリコンを使用しているので、体にとっても優しいですよ。
重さ・長さともに異なる3種類のボールがセットになっています。
軽い~少し重めまで様々なタイプのボールがあるので、自分に合ったものを選んで、段階を踏んでトレーニングできます。
完全防水の機能で、簡単に洗浄でき、清潔に使い続けることができます。

・エアビー フェミメイト
スマホと連動して使える商品で、膣により強い刺激を与えられることが特徴です。サイズが大きく重めなので、中級者以上の方にオススメできます。
膣圧を測定する機能も付いているため、現状を把握したうえで膣トレを行うことが可能です。

まとめ

年齢を重ねると、膣だけでなく、体のあらゆる場所は衰えていくものです。日常的に行っている「歩く」「持つ」などの行為で、手足は鍛えられます。
でも膣においては、意識的に動かしていなければ、衰えに拍車がかかります。膣トレーニングは、決して大変なものではなく、手早く簡単なので、ぜひやってみてください!

関連記事

【デリケートゾーンのニオイの改善】快適なラブタイムを過ごそう!

【すそわきが】あなたの臭いはパートナーに不快に思われてない!?

【アンダーヘアのムダ毛処理】形~処理方法まで

【性病(性感染症)の種類】正しい知識と対応が大事!

【膣洗浄とは?】やりすぎは禁物!膣洗浄は適度な頻度で!

【デリケートゾーンの黒ずみ 原因と対策】様々な原因があるんです!