【デリケートゾーンの黒ずみ 原因と対策】様々な原因があるんです!

デリケートゾーンの黒ずみ:原因と対策

自分でも見える部分の黒ずみはもちろん気になりますが、見えない部分の黒ずみも、例えばパートナーができたときや温泉などの入浴時、サロンでアンダーヘアの処理をしているときなど、自分からは見えにくい部分ですので、気になり始めるときりがないですよね。しかも、デリケートな部分はなかなか人に相談することも人と比べることもしにくいです。見えない部分だからこそ、隠すのではなく、清潔に保つためにも黒ずみを改善しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみは外部刺激から、内的要因まで様々あります。

摩擦

摩擦によって刺激を受けた肌は、自らを守ろうとして、メラニン色素を生成してしまいます。このメラニンによって肌に黒ずみができてしまうということです。デリケートゾーンは下着やズボンなどの着用によりどうしても摩擦が生じます。また日々の入浴で、デリケートゾーンの臭いや黒ずみが気になり、ゴシゴシこすって洗うことも実は逆効果になります。さらに、夏場はとくにデリケートゾーンのムダ毛処理を行っている方も多いとおもいます。カミソリやシェーバーでの自己処理も正しいケアをしないと摩擦の原因となってしまいます。

ホルモンバランスやターンオーバーの乱れ

加齢やストレスなどによりホルモンバランスが崩れると新陳代謝が悪くなります。古い角層が剥がれ落ちて、新しい角層ができる肌の再生をターンオーバーと言いますが、代謝が悪くなると正常なターンオーバーが行われなくなります。古い角層が残ってしまったり、新しい角層ができていないうちに古い角層が剥がれ落ちてしまったり、肌にダメージを与え続けている状態になり、黒ずみの原因となってしまいます。

乾燥

デリケートゾーンは蒸れやすい部分で、乾燥とは程遠い感じがしますが、皮膚が薄く、実は乾燥しやすい場所です。乾燥した肌は、摩擦と同じく肌を守ろうとし、メラニンを生成してしまい、黒ずみとなってしまいます。顔の肌同様に、加齢によっても乾燥しやすくなっていくので対策が必要です。

デリケートゾーンの黒ずみ対策

日々のケアやデリケートゾーンの黒ずみに役立つ商品も多くありますので、自分にあった方法で、デリケートゾーンの黒ずみを改善しましょう。

下着・服のサイズ

下着や衣服による摩擦は少なからず避けられませんが、サイズや素材により、摩擦を軽減させることはできます。下着は自分に合ったサイズを選ぶこと。サイズの小さい下着は圧迫・摩擦の要因です。また洋服でも、スキニーなどのタイトなパンツをよく履いていらっしゃる方も、無理せず自分に合ったサイズを着用するようにしましょう。

アンダーヘアの処理法

デリケートゾーンのムダ毛をカミソリやシェーバーで自己処理する場合、刃が直接薄い皮膚に当たり、ダメージを受け黒ずみの原因となってしまいます。シェービングする前に長い毛はハサミでカットし、シェービング中はできるだけ刃に当たる時間を少なくしましょう。コストや手軽さを考えるとデメリットな部分が多いサロンでの処理ですが、肌への負担・ダメージのことを考えるとサロンで脱毛するのがベストです。黒ずみでお悩みの方はサロンに通ってみるのもいいかもしれません。

デリケートゾーン用の商品

人に相談しにくいデリケートゾーンの悩みだからこそ、黒ずみに役立つ商品も多数あります。乾燥するデリケートゾーンを保湿してくれるクリームや美白クリーム、老廃物を取り除いて、優しく洗うソープなど様々です。やはりデリケートな部分ですので、顔に使うソープやクリームを使うよりもデリケートゾーン専用のものを使う方がベターです。デリケートな部分ですので、自分に合ったものを使い続けることで黒ずみ解消の効果が得られるでしょう。

関連記事

【性病(性感染症)の種類】正しい知識と対応が大事!

【膣痙攣:精神的不安で起こる症状】快適なラブタイムを過ごすために

「膣トレ」でラブタイムも日常も満たされる!簡単膣トレ方法!

【デリケートゾーンのニオイの改善】快適なラブタイムを過ごそう!

【アンダーヘアの種類】自分に合った形を見つけよう!

【アンダーヘアのムダ毛処理】形~処理方法まで