バストアップ方法 トレーニング

バストアップ方法

「もう少し胸が大きかったらなぁ」など女性にとってバストの悩みは尽きませんよね。男性だけでなく同性の女性でも、バストがキレイな人とすれ違うと、つい見てしまいます。自分と比べて、落胆してしまう方も多いのではないでしょうか。成長期が終わった今からでも遅くない、バストアップ方法を紹介します。自分にあった方法で、理想のバストを目指しましょう。

バストアップ方法

運動や食事、グッズなど自分にあった方法で、バストアップしましょう。

運動

胸を大きくするには大胸筋を鍛えることが大事です。筋肉が衰えてしまうと、垂れ下がったバストになってしまいます。大胸筋を鍛えるのに効果的な運動は腕立て伏せです。また、水泳も大胸筋を鍛えるのにいいと言われています。ですが、女性では腕立て伏せが1回も続かないという方もいらっしゃるとおもいます。また、水泳も泳げない方や、準備が面倒だったり、プールに行く時間がなかったり、と手間がかかって、ジムに入会しても行かなくなってしまう人も多いとおもいます。そんな方でも、手軽に大胸筋を鍛えられるエクササイズ。両手のひらを胸の前で合わせて、ひじを横に伸ばし、両手のひらを強く押し合わせたまま10秒キープします。この動作を5~10セット繰り返すだけです。もちろん1日だけではバストアップに効果はありません。続けることが大事です。

食事

女性ホルモンの分泌を増やして、バストアップを目指しましょう。そのために、女性ホルモンの分泌を促してくれる食品を摂取することも効果的です。

大豆イソフラボン

大豆製品の豆腐や豆乳など、ヘルシーでもありますので、積極的に食べてみるのもいいでしょう。

キャベツ

キャベツは女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を促してくれる効果があり、バストアップに効果的です。ただ、加熱してしまうと効果がなくなってしまうので、サラダなど生で食べることをオススメします。

タンパク質

大豆製品もタンパク質ですが、植物性と動物性、両方バランスよく摂取するのが好ましいです。動物性のタンパク質でオススメなのは、ヘルシーで高タンパクな鶏の胸肉やささみ、アンチエイジングにも効果的な鮭などです。

アミノ酸

タンパク質を合成しているのがアミノ酸です。ですので、タンパク質をいくら摂取してもアミノ酸が不足していると合成されません。アミノ酸を多く含んでいるのが、卵・牛乳・チーズなどです。バランスよく摂取することがバストアップにつながります。

血行促進

女性で冷え性が悩みの方は多いですよね。いくら筋肉を鍛えて、バストアップにいい食事を取っても、冷えで血行が悪くなり、バストアップの妨げになってしまいます。冷えをなくして血行をよくすることがバストアップに効果的です。お風呂は夜に、シャワーで済ませず湯船に浸かることが大事です。その際、脇の下のリンパから胸を押し上げるようにマッサージして、血行を促してあげるとバストにも栄養が行き渡り、バストアップに効果的です。

バストアップグッズ

バストアップに効果的なグッズもたくさん販売されています。例えば、ブラジャー。自分に合ってないブラジャーを着けているとバストの形が崩れてきます。そんなバストを脇腹から支えて補正してくれる「育乳ブラ」も販売されています。正しい位置で支えることで、ハリのあるバストが保たれ、きれいにバストアップできます。サプリですと、バストアップに効果的な「プルメリア」や「プラセンタ」などの成分が入ったものがあります。また、バストアップ用のクリームやジェルもあります。塗るだけでバストの脂肪を増やしてくれ、女性ホルモンを活性化させる成分が入っています。いろいろ試したけど効果がないという方、使ってみるのもいいかもしれません。

関連記事

【年齢によるバストの変化】年齢を上がってもバストも上向き!

【乳首の乾燥:原因と対策】乳首を外的刺激から守ろう!

左右対称のバストで美しいバストラインを作ろう!

「胸の谷間」でさらに魅力的な女性になる!

バストアップの秘訣!おっぱい体操ってナニ??

「彼氏が胸に触れてくれない」私のどこがいけないの!?