【年齢によるバストの変化】年齢を上がってもバストも上向き!

女性のなかには年齢を重ねることによって、バストに関しての悩みが増える人も少なくありません。ハリがなくなる・垂れる・柔らかくなるなど悩みは人によって異なりますが、魅力的な女性でい続けるには魅力的なバストをキープし続けることも大切です。

年齢によるバストの変化

女性の中には35・45・55歳のときに、バストの変化を感じるという人が多いです。35歳になるとバストのハリがなくなり、位置も下がってきているように感じる人が多くなります。45歳になるとバストが下やワキに流れ、贅肉が付きやすくなることでブラが食い込んで段差ができやすいです。また55歳になると皮膚が敏感になって弾力・柔軟といった部分が低下し、かゆみなどを感じやすくなります。個人差はあるものの、年齢によってバストにこのような変化が出ます。

バストが年齢によって変わる原因

年齢によってバストは変化するものの、人によってはそれが早く訪れる場合もあります。血液やリンパ液の循環ができてないことでバストの垂れなども早まるため、ストレスが溜まっている・姿勢が悪い・生活が乱れている方は注意が必要です。マッサージなどのケアをおこたっている人も、バストの変化が早まります。

姿勢が悪い

生活習慣が乱れている

定期的にケアしていない

年齢を重ねてもキレイなバストを保つ方法

ある程度の年齢になっても美しいバストを保つには、おっぱい体操・バストマッサージ・筋トレなどを行う、バストアップブラを着けるといったことをすると良いでしょう。

1. おっぱい体操

軽いストレッチやエクササイズなどを行うおっぱい体操は、キレイなバストを保つのに役立ちます。1日2回を継続して行うことで効果につながるため、気軽に行えるのも特長です。

2. バストアップブラを着ける

胸を大きくキレイに見せるためのバストアップブラも、年齢を重ねた女性が美しいバストを保つのに役立ちます。着けることでバストをキレイに見せますが、装着し続けることで良い形に整えてくれるものもあります。そのため体操やマッサージを続けるのが大変という方に良いでしょう。

3. 大胸筋を意識した筋トレを行う

胸の前で合掌する・腕立て伏せなど、大胸筋を意識した筋トレを行うこともキレイなバストを保つ方法のひとつです。大胸筋を鍛えることで胸を引き上げてくれるので、乳首が上を向いた良い形のバストを保つことに役立ちます。

4. バストマッサージ

年齢を重ねてもキレイなバストを保つには、継続してバストマッサージを行うことも大切です。クリームなどを付けて行うことにより、効果が上がるだけでなく肌をキレイにすることにも役立ちます。

関連記事

【バストの基礎は栄養から】十分な栄養で大きな果実は実る!

【胸が垂れる原因と対策】胸を上向きにして自信をつけたい!

「彼氏が胸に触れてくれない」私のどこがいけないの!?

バストアップ方法 トレーニング

バストアップの秘訣!おっぱい体操ってナニ??

バストアップに効果的!バストアップにつながるツボの場所は?