【二の腕ダイエット】二の腕の痩せ方~セルライトの対策まで

多くの女性にとって、プルプルの二の腕は悩みの種だと思います。

またある程度引き締まった体型でありながら、二の腕だけ太いことに悩んでいる方もいるでしょう。

今回は二の腕が太くなる原因を説明し、さらにこの部分を引き締めるのに役立つ方法も紹介していますので、参考にしてくださいね。

≪目次≫
1.二の腕が太くなる原因
2.二の腕を引き締める方法
3.二の腕のセルライトについて

1.二の腕が太くなる原因

ここでは二の腕が太くなる原因について説明していますので、確認してください。

(1)脂肪

脂肪が蓄積することによって、二の腕が太くなることも多いです。
身体全体に脂肪が多くなれば、当然二の腕にも脂肪がつきます。

脂肪が蓄積する原因として
・カロリーの過剰摂取
・運動不足
などが挙げられます。

日常生活で消費するカロリーを上回ると、余ったカロリーは脂肪として蓄積され、二の腕などに残ってしまいます。

また摂取カロリーが多いのにも関わらず運動不足であれば、脂肪が燃焼されずに残ることが多いです。

(2)皮膚や筋肉のたるみ

30代以上などある程度の年齢を重ねると、皮膚と筋肉がたるんできます。
それが原因で二の腕が太くなることが多いです。

特に二の腕の筋肉である上腕三頭筋は、女性にとってほとんど使わない筋肉なので、意識しないとそこに脂肪がついて二の腕太りの原因となります。

(3)姿勢の悪さ

猫背・巻き肩など姿勢の悪さが原因で、二の腕が太くなることも少なくありません。

姿勢が悪いと、リンパ節のある鎖骨周辺・脇の下が圧迫されます。
そうなるとリンパの流れが悪くなり、二の腕がむくみ、太くなることも多いです。

2.二の腕を引き締める方法

ここでは二の腕を引き締めるのに役立つ方法について、「意識して行う」「日常の中で気軽に行える」やり方を紹介しています。

また二の腕引き締めに役立つグッズも合わせて紹介していますので、参考にしてくださいね。
 

意識して行う方法

(1)筋トレ

二の腕が太くなる・脂肪が溜まるのは、上腕三頭筋に筋肉が少ないことも原因として考えられます。

それを改善するため、ダンベルを使った筋トレで、上腕三頭筋を鍛えることも必要です。

方法は下記の通りです。
①床に膝をついて、ダンベルを持つのとは反対の手を床につき、四つん這いのような格好になる
②床についた腕をまっすぐに伸ばす
③ダンベルを持つ腕は、肘が90度になるようにする
④ダンベルが床と平行になるまで、身体の後ろ側に持ち上げる
※肘の位置は動かさず、肘から先だけを動かすように心がける
⑤ダンベルを最初の位置に戻す

ダンベルがないときは、水を入れたペットボトルでも代用できます。
継続して続けられるくらいの重量で行うと良いでしょう。

(2)リンパマッサージ

①右肘を少し曲げ、肘の内側部分を軽く揉む
②右肘から脇の下に向かい、左の手の平を使って押し上げる
※前後、それぞれ10回ずつ行う
③右手首から肘の内側に向かって押す
④これを左右それぞれ10回程度行う

(3)食事制限ダイエット

食事制限ダイエットを行うことで、二の腕の引き締めに役立ちます。
行うときのポイントは、食べる量を全体的に減らすこと。
そして脂肪分の多いものを食べない、間食をしないことも心がけましょう。

このとき意識して摂取したいのは、下記の成分や食べ物です。
脂肪を燃焼させるため、血行促進に効果のある食べ物
・生姜
・こしょう
・唐辛子

むくみを解消するために、カルシウム・カリウムなどのミネラル
・海藻類
・ナッツ類
・果物類
・玄米

筋肉のもととなるたんぱく質
・魚
・大豆
・赤身の肉

日常の中で気軽に行える方法

(1)二の腕マッサージ

こちらは入浴・リラックスタイムなど、ちょっとしたときに行えるマッサージです。

方法は下記の通りです。
①左手でグーをつくる
②右の二の腕の肘周辺に左手を押し付ける
③二の腕の内側を肘から脇に向け、グーでさする

(2)腕をよく振って歩く

下記が姿勢の良い歩き方です。
・頭は上下左右にぶらさない
・軽くあごを引き、10メートル先を見る
・肩は上げず、腕を大きく振る
・無理のないペースを維持
・背筋を伸ばした姿勢

さらに以下の内容を意識し、腕を大きく振って歩くことで、二の腕の引き締めに役立ちます。
・前に出た足と反対側の腕を後ろに引く
・前に腕を振り過ぎない
・肩甲骨を寄せて胸を張る
・お腹を引き締める

(3)二の腕プルプル

血行が良く筋肉もほぐれた入浴中に行うことで、効果が高まるエクササイズ方法です。

方法は以下を参考にしてください
①湯船で膝を曲げた状態で座る
②腕を伸ばし、手のひらを合わせる
③親指が下になるよう、腕をひねる
④親指が上になるよう、腕をひねる

これを30回以上行います。
二の腕から大きくひねるよう行うのがポイントです。

二の腕痩せに効果があるグッズ

(1)アセチノメガシェイプ(ヤーマン)

こちらの商品は引き締めたい部分の脂肪を揉み出すのに役立つ、美容マッサージ機器です。

突起の付いたアタッチメントを高速で回転させることにより、当てる箇所に立体的な刺激を与えます。
それはエステティシャンが行う「揉み出し」を再現したもので、エステに行かずにシェイプアップができると人気の商品です。

防水機能も付いているため、お風呂の中で利用できることも特徴です。

(2)二の腕セルローラー(コジット)

凹凸のあるローラーで二の腕の気になる部分を刺激することで、その箇所を刺激し、引き締める効果があります。

お風呂の中でも使用できるので、毎日の生活の中で、大きな負担なく利用できることも魅力です。

(3)スーパーセルライトシェイプ ボディクリーム(ドクターシーラボ)

二の腕の引き締めに役立つマッサージクリームです。

身体を引き締める「ミリセリン」「カルチニン」
ハリを与えてくれる「アルジルリン」
が配合されており、老廃物を流し出すのに役立ちます。

3.二の腕のセルライトについて

二の腕が太くなる原因として、セルライトが挙げられます。
ここではそんなセルライトについて書いたので、参考にしてくださいね。

セルライトとは?

セルライトは、脂肪と老廃物が固まってできたものです。

皮膚のボコボコは脂肪細胞が線維芽細胞を押し上げたもので
腹・臀部・大腿部などにできることが多いです。

またセルライトは8~9割前後の成人女性に当てはまる症状で、減量に成功した・もともと細い人にもできる可能性があります。

二の腕のセルライトの原因

二の腕にセルライトができる原因は下記の通りです。
・冷え
・血行不良
・脂肪が溜まる
・ホルモンバランスの乱れ
・運動不足
・代謝の低下
・血行不良などリンパの流れが滞る

基本的には、ほかの部分にできるセルライトと大きくは変わりません。

この中でも原因として多いのは脂肪が増えることです。
脂肪細胞そのものが大きくなり、セルライトができやすい状態になるので注意しましょう。

二の腕のセルライトの改善方法

(1)二の腕のケア

「ほぐす」「流す」という工程を行い、リンパの通り道を開くという方法です。

やり方は下記の通りです。
①鎖骨の上と下のリンパ節をほぐす
②ワキの下の少しうしろにあるリンパ節をほぐす
③右手のひらを下に向け、手首の親指側のでっぱりの下からワキの下に向け、左手親指の腹をまっすぐ滑らせる
④右手のひらを下に向け、手首の小指側のでっぱりの上内側から肘の手前まで、左手親指の腹をまっすぐ滑らせる
⑤右手のひらを上に向け、手首の親指側のでっぱりの内側からワキの下に向け、左手親指の腹をまっすぐ滑らせる
※③~⑤までを両手で3~5回程度行う。

こちらは
・やさしい力加減でゆっくり行う
・やりすぎない
・夜は必ず行う
ことを心がけてくださいね。

(2)タオルトレーニング

タオルを使って簡単に行えるので、忙しい・普段あまり運動しない方にもオススメできる方法です。

やり方は下記の通りです。
①フェイスタオルの両端を持つ
②腕を伸ばしたまま上にあげて、タオルを頭の上に移動させる
③そのままタオルをお尻のうしろにおろす
④腕を伸ばした状態で、タオルをお尻の上から頭の上に持ってくる
⑤そのままタオルを前から下におろす

こちらのトレーニングは5回程度行ってください。

(3)食事量のバランスを整える

二の腕のセルライトを改善するためには、1日の食事の量のバランスを整えることも大切です。

理想的な食事量のバランスは
朝5:昼3:晩2
です。

朝食の分は1日の生活の中で消費されますが、夕食で摂ったエネルギーはあまり消費されません。
そのため朝しっかり食べ、夜を抑えるようにすると良いでしょう。

このようにバランス良く食事をとることで、脂肪が溜まりにくくなり、二の腕にあるセルライトの改善にも役立ちます。

まとめ

いかがでしたか?
今回は二の腕を痩せさせる方法について書きました。

二の腕はセルライト、脂肪が溜まるなどの要因で太くなります。

それを改善するためには、エクササイズ・マッサージ・筋トレなど普段の生活の中で行えることも少なくありません。
ここで書いたことも参考に、自分の生活に合った方法で改善に努めてみると良いでしょう。

関連記事

【くびれを手に入れたい!】くびれにも黄金比率がある!

【腰痛:原因と対策】腰痛の8割は原因が特定できない!?

エッチ前のボディケアで素敵なラブタイムを

【生活習慣の改善が大切】便秘の原因と対策とケア商品

脇毛の処理方法!方法別のメリット・デメリット教えます

【徹底検証】冷え性の原因と対策