【悪い姿勢~猫背・反り腰:原因と対策】悪い姿勢はデメリットだけ!

姿勢が悪いと、悪いことしかありません。当然、見た目もかっこ悪いし、健康にも悪い!でも、そもそも「いい姿勢」ってどういうことをいうのでしょう?

≪目次≫
・いい姿勢とは?
[猫背]
・【猫背】なりやすい習慣・癖
・【デメリット】猫背が及ぼす影響
・猫背に効果抜群!いつでもどこでもできる簡単ストレッチ
[反り腰]
・【反り腰】それっていい姿勢だと思ってない!?女性に多い「反り腰」とは?(原因と対策)

いい姿勢とは?

「いい姿勢」とは、簡単に言うと、重力に対して人間の身体が、まっすぐ垂直な状態です。

「いい姿勢」のメリット

スタイルがよく見える

説明するまでもないですよね。ボディにもめりはりが生まれます。

代謝が活発になる

骨盤が正しい位置になり、内臓も正しい位置になるからです。

自律神経が整う

姿勢がいいと深い呼吸ができて、自律神経にいい影響を及ぼします。

あらゆる面で体調が良くなる

姿勢が悪いと、「肩こり」「腰痛」「冷え性」「便秘」など、様々な体調不良の原因となります。
なぜならば、悪い姿勢は[コリ・痛みの誘発][血行不良]を招くからです。

「正しい立ち方」のチェック方法

背中を壁に向けて立ちましょう。以下の5つが壁に付いていたら、姿勢がいいということです。
・後頭部
・肩甲骨
・お尻
・ふくらはぎ
・かかと

正しい立ち方

「いい姿勢」と言っても、人間は「真っすぐ」というわけではなく、緩やかなS字を描いています。
「いい姿勢」において、体のパーツごとに意識すべきことがあります。これを意識すれば、自然と「いい姿勢」になります。

あご

軽くあごを引きます。あごが出ると、猫背になりやすくなります。

お腹

お腹をひっこめると、自然に胸が上がり、姿勢がよくなります。

お尻

お尻を引き締める感じで立ちましょう。

正しい座り方

ポイントは「骨盤を立てて座る」ことです。

椅子に深く座る

椅子の一番後ろまで、深く座ります。

左右両方の座骨を椅子の座面に当てる

左右の座骨が、バランスよく椅子の座面に当たっていて、かつ、それで背筋を伸ばした状態が、いわゆる「骨盤を立てる」という状態なのです。

最後に「肩と膝」が左右水平にする

左右の肩と膝が、椅子に対して平行になっているか、注意してください。これで、「正しい姿勢で座れている」ということになります。

【猫背】なりやすい習慣・癖

「悪い姿勢」は、その人の長年の習慣や癖が作り出した結果と言えます。どういう習慣・癖が姿勢を悪くするのでしょう?

スマホ・パソコン

長時間のスマホ・パソコンは、猫背やストレートネックなど、姿勢のゆがみを引き起こします。
これが、習慣化すれば「悪い姿勢」として定着するのです。さらには、血行も悪くなって、コリとして体調も崩してしまいます。

女性のハイヒール

ハイヒールを履いて歩くことによって、歩き方を筋肉に癖がつき、バランスが悪くなります。

脚を組む

脚を組むことが癖になっている人は、身体と骨盤がゆがんだ状態で座っていることになります。これが慢性化すると、脚を組む方が楽になり、正しい姿勢で座れなくなります。

何かに寄り掛かったりなど、体重の一部を物に預ける

通常は、体重を両足で支えているような状態(重心が体の中心にある状態)が、いい姿勢の基本です。しかしながら、例えば、
・頬づえをする
・壁に寄り掛かる
・電車のつり革に体重を預ける
・椅子にもたれる
など、重心が中心よりずれてしまうと、筋肉を均等に使わないので、筋肉の付き方にばらつきが出て、さらには身体もゆがむので、結果的に姿勢が悪くなるのです。

つまりは、前後左右のどちらかに偏った状態を長時間続けることが、悪い姿勢に繋がっていく!

【デメリット】猫背が及ぼす影響

見た目がかっこ悪い

やはり、背筋をぴんとして歩いている人は、どことなく「できる人」に見えますよね!素敵なファッションも、いい姿勢だからこそ似合うというもの。姿勢が悪いと背も低く見えますし、やっぱりかっこ悪く見えちゃう!だって、モデルの人で姿勢が悪い人っていないですよね?

老けて見える

猫背は、やはり「おじいちゃん・おばあちゃん」のイメージがありますから、どうしても老けて見られます。姿勢は、若々しさの象徴でもあるのです。

肩こり・腰痛になりやすい

猫背は、首や腰に負担がかかり、血行も悪くなるので痛みが出やすくなります。悪い姿勢を長時間キープすることは、「肩こり」「腰痛」に最も悪いことです。

首にしわがつく

猫背だと、首の皮膚がたるみ、首にしわがつきやすくなります。「首のしわで女の年齢はばれる」と言われるくらいです。余計に、首にしわはつけたくないですよね!

太りやすくなる

猫背は、血行が悪くなり、代謝が悪くなり、結果的に太りやすくなります。

お腹が出る

猫背で腹筋が弱くになり、お腹が出ます。

胸が垂れる(バストダウン)

猫背で、胸の筋肉も落ちてしまいます。そこに重力が加わって、結果的に、ハリのない小さなバストになります。

むくみやすくなる

猫背は、血行やリンパの流れが悪くなり、体内中の水分の循環が滞り、むくみが起こります。

睡眠障害

長時間の姿勢の悪さは、体中のコリや痛みの原因となり、ベッドの中でも、その不快感でなかなか寝付くことができなくなります。

猫背に効果抜群!いつでもどこでもできる簡単ストレッチ

肩甲骨

猫背は、肩が前に巻いた状態で出ているわけですから、それとは逆方向の後ろに反らすだけで、十分なストレッチになります。

肩甲骨後ろはがし

後ろで両手を組み、そのまま斜め45度まで上げて、10秒間止める(×3セット)

肩甲骨ぐるぐる回し

右手を右肩に、左手を左肩に置いて、そのまま数回肩甲骨をぐるぐる回す(逆回転を交互に行う) (×3セット)

肩甲骨壁当てはがし

腕を真後ろに伸ばし、外側に向けた手のひらを壁に当てます。そのまま壁側に肩甲骨を寄せて腕をさらに伸ばす(×3セット)

【反り腰】それっていい姿勢だと思ってない!?女性に多い「反り腰」とは?

「反り腰」とはどんな姿勢?

「反り腰」とは、簡単に言うと、猫背の逆の姿勢です。猫背ではないので、一見すると姿勢がいいように見えてしまいますが、いくつものデメリットが生じる「悪い姿勢」です。

「反り腰」とは、骨盤が前傾していて、緩やかなS字のカーブではなく、急なカーブになっている姿勢

「反り腰」の原因

「反り腰」は、筋力・柔軟性の低下が主な原因となります。また、高いハイヒールは、バランスを取ろうと、反り腰になりやすくなります。

筋力の低下

高いハイヒールを履く

もともと姿勢が悪い

「反り腰」のチェック方法

壁に背中を付けて、まっすぐ立ってみましょう。次に壁と腰の隙間に手を入れてみて、手が腰にも壁にも触れずに、すっと入るようなら、反り腰の可能性が高いです。

【デメリット】「反り腰」はこんなに悪いことがある!

基本的には、「猫背」と同じデメリットです。筋肉量の低下、筋肉のバランスの悪さ、血行不良により、数々の不快な症状が出る可能性があります。

慢性的腰痛

お腹がぽっこり出る

お尻が後ろに出すぎる

血行不良

リンパの流れが悪くなる

自律神経の乱れ

内臓機能の低下(便秘・生理痛・疲労など)

【改善ストレッチ】反り腰は「背中を丸める」簡単ストレッチ!

ダンゴ虫ストレッチ

仰向けに寝転んで、両手で膝を抱えて、膝を曲げて胸に引きつけると同時に、背中を丸めて20~30秒キープする(×5~10セット)

体育座りストレッチ

体育座りをして、肩甲骨が床に着きそうになる手前で戻り、足裏が床に着きそうになる直前で戻り、これを繰り返して前後に揺れるストレッチ(×5往復)

脚伸ばしストレッチ

クラウチングスタートのような姿勢になり、さらに、両ひじを伸ばして両手を床に着ける。次に、右のひざを曲げ、左のひざをまっすぐ伸ばす。左のひざを伸ばした状態で、体重を前にかけて、20~30秒ストレッチ。その次は、左のひざを曲げて、右のひざを伸ばす。(左右交互×各3セットずつ)

まとめ

姿勢の悪さは、外見・健康・精神面でもデメリットばかりです。
現在は、スマホやPCなど姿勢を悪くする要因がいたるところにあります。まずは、自分の姿勢がいいか悪いかのチェックから始めましょう!
「あの人は、姿勢が美しくてきれいね!」と言われたいですよね!

関連記事

【生活習慣の改善が大切】便秘の原因と対策とケア商品

脇毛の処理方法!方法別のメリット・デメリット教えます

エッチ前のボディケアで素敵なラブタイムを

【徹底検証】冷え性の原因と対策

背中の毛を処理したい!一番処理が難しいムダ毛はどうする?

【骨粗しょう症:原因と予防法】あらゆる要因で骨がスカスカに!