脱毛は黒ずみの原因!気をつけたい部位ベスト3は?

ワキやデリケートゾーンなどの脱毛を行ったあとに、その部分に気になる黒ずみができるケースも少なくありません。脱毛後のケアなどが黒ずみを予防するのに重要となるので、油断せずしっかりケアを行う必要があります。

脱毛からの黒ずみの原因

メラニン・レーザー脱毛・自分で処理を行うことなどが、脱毛からの黒ずみの原因となります。またデリケートゾーンやワキは、下着の締め付けや摩擦によって黒ずみができることも少なくありません。

脱毛からの黒ずみの対策

間違った処理をしない・脱毛後のケアなどが、黒ずみの改善や予防に役立ちます。レーザー脱毛は皮膚にダメージを与えることも多いので、施術後にしっかり保湿をすることが重要です。また頻繁に脱毛する・不衛生な道具を使うなど、間違った処理を改めることも黒ずみの改善には必要となります。

脱毛からの黒ずみをケアする方法

正しい処理を行う

脱毛後にしっかりケアする

保湿

脱毛からの黒ずみができる理由

メラニン・レーザー脱毛・間違った自己処理などが、脱毛後の黒ずみができる要因となります。

メラニン

外部からの刺激により増殖するメラニンは、その部分を黒く見せる働きがあります。機械を使った脱毛などの刺激を与えることでメラニンが増殖し、黒ずみができることも多いです。

レーザー脱毛

温度の高いレーザーは、ダメージを受けた皮膚に当てることで黒ずみの原因になります。そのためレーザー脱毛によって刺激を与えられた肌が、黒ずみをつくるケースも少なくありません。

自己処理

脱毛した部分に対し、間違った処理をすることも黒ずみにつながります。レーザーなどで脱毛をした後、気になる度に毛を抜く・不衛生な道具で行うといったことにより黒ずみが広がることも多いです。

脱毛からの黒ずみのできる部位

脱毛からの黒ずみができる箇所は、ワキ・肘・膝・デリケートゾーンなど様々です。

デリケートゾーン

人に言い難い箇所であるデリケートゾーンは、脱毛後に黒ずみができやすい箇所のひとつです。レーザー・機械などで脱毛後にそのままにしておくと黒ずみができやすいので、施術後にしっかりと保湿などのケアをすることが予防・改善のために重要となります。

ワキ

レーザー脱毛などを行うことも多いワキは、脱毛後に黒ずみになりやすい箇所です。施術後のケアをおこたる・間違った処理を行うことで黒ずみが広がることも多いので、早い段階で保湿を行う・衛生的な道具を使って脱毛するといったことが必要となります。

肘・膝

比較的目立ちにくい肘・膝も、脱毛からの黒ずみになりやすい箇所です。潤い不足・摩擦などが原因で黒ずみになることも多いので、脱毛後は特に気を配ると良いでしょう。

関連記事

ワキの黒ずみの原因とおすすめ対策法ベスト3

毛穴の黒ずみ原因とおすすめ対策法ベスト3

くるぶしの黒ずみ対策おすすめベスト3

肘の黒ずみ:原因と対策

背中の黒ずみができる原因とおすすめ対策法ベスト3

鼻の黒ずみの原因とおすすめ対策法ベスト3