産後ダイエット

産後ダイエット

妊娠中は赤ちゃんにも影響があるので、太ってしまってもダイエットはできませんよね。暴食はしていないつもりなのにどんどん増えていく体重。「出産すればだいぶ軽くなるよね〜」と思っていたのに「全然体重減ってないじゃん!」という経験をお持ちの方多いですよね。私もその経験者のひとりです。私の場合20kgも体重が増えてしまい、出産後には5kgも減ってない、絶望的でした。しかし、産後ダイエットをがんばったおかげで、−20kgのダイエットに成功しました。産後ダイエットを諦めかけている方!諦めないでがんばりましょう!

ダイエットを始める時期

産後すぐにでもダイエットしたいものですが、ママの体の回復も大事です。産後無理をしてしまうと子育てどころではなくなってしまいます。産後1ヶ月から1ヶ月半は産褥期(さんじょくき)といい、体を休めることが大事とされています。運動や食事制限はやめましょう。そのようなダイエットは産褥期が終わってから始めても遅くありません。ただ、産褥期には骨盤が元の位置に戻ると言われています。骨盤が歪んだまま戻ってしまうと、下半身太りの原因となってしまうので、骨盤矯正ベルトなどで骨盤を固定してあげるのが、この時期できるダイエットです。

産後ダイエット方法

産後は心のバランスも乱れがちです。やせたい一心に無理して行うと産後うつなど育児に支障をきたしてしまいます。よく産後6ヶ月以内がやせやすいなど言いますが、大丈夫です!6ヶ月以降でもやせられます。赤ちゃんのママはあなただけです。無理せず、自分に合った方法で産後ダイエットを行なってください。

食事

カロリーや食事内容をご紹介します。

摂取カロリー

母乳の方は過度な食事制限をしてしまうと、赤ちゃんに栄養が行き渡らなくなります。授乳には約350kcal消費すると言われています。個人差はありますが、だいたい女性の1日の摂取カロリーが1600kcal〜2000kcalなので、母乳の方は1950kcal〜2350kcal摂取が理想です。カロリーについてお話しましたが、あくまでも目安であって、カロリーばかり気にしすぎると食事バランスが崩れてしまうので気をつけましょう。

食事法

食事は1日4〜6回に分けて食べるといいです。1回の食事でガッツリ食べるのではなく、少量を回数多くすることで空腹感がなくなり、暴食防止になります。私が実際やっていたのは、授乳後のタイミングで自分も食べることです。赤ちゃんはだいたい数時間おきに母乳やミルクを飲みますよね。そのタイミングで、作り置きしていたひじきの煮物や切り干し大根など、面倒なときは冷奴など和食中心のものをちょっとずつ食べていました。炭水化物は抜くと痩せますが、リバウンドしやすい体になってしまうので、ちょっとでも摂取するようにしましょう。

ウォーキング

とにかく歩きましょう!ダイエットのために歩くのだと長続きしません。例えば、かわいいベビー服や妊婦のときは諦めていた洋服を買いにショッピングに出かけることでウォーキングできちゃいますよね。

骨盤体操

簡単な骨盤体操をしましょう!腰を、円を描くように左右10回ずつ回すだけです。行うときは姿勢よくすることもコツです。授乳やおむつ替えのとき猫背になりがちですよね。姿勢を正しながら骨盤体操を行うことで骨盤矯正も効果的になります。

産後ダイエットに役立つグッズ

体重は落ちたのに、体型が戻らないって方も多いと思います。産後ダイエットは骨盤がキーポイントになります。骨盤が歪んでいると、お腹、腰、太ももまわりに脂肪がついてしまいます。食事や運動ではどうしようもないお肉のかたまりですが、履くだけで骨盤矯正してくれるガードルやクッションなど産後ダイエットに役立つ商品が売られています。それらを活用してみるのも産後ダイエットを成功させるポイントですね。

関連記事

【産後のセックスレス】今話題の「産後クライシス」とは!?

【妊娠中のセックスの注意点】妊娠中はセックスをしても大丈夫?