美尻でスタイルも健康もアップ!内側から健康に、外側から美を!

美尻の三大条件

【立体感】上にキュッと上がっている

【大きさ】大きすぎず、小さすぎず

【ハリと弾力がある】

美尻のメリット

「美尻」は、あなたに数多くのメリットをもたらします!お尻や背中などの後ろ姿は、自分で確認することは難しいですが、外に出ると人からしっかり見られているのです。

1.スタイルがよく見える

雑誌・テレビなどのメディアで活躍するモデルの中にも、キレイなお尻を持っている人が多いです。ズボンが似合うキュッと上がった美尻を持っていることによって、お尻とウエストにメリハリができ、ボディーラインを美しく見せてくれます。レッグラインやデコルテに影響が出るので、好きなデザインの洋服をよりスマートに着こなすことが可能です。

2.若々しくみえる

美尻を持っていることにより、スタイルの良い格好良い女性に見られ、年齢よりも若く見られます。特に歩いている時、お尻がキュッと上に上がっているため、若々しく元気にみられるのです。歩く様がかっこよく映るのです。

3.姿勢がよくなる

美尻になることによって、姿勢が改善されます。お尻に筋肉がつくので、骨盤が安定し、背骨への余計な負担が減ります。特に猫背の人は、お尻を鍛えることが姿勢改善の第一歩になりえます。

4.腰痛の改善

お尻に筋肉がない → 骨盤が安定しない → 背骨に負担 → 腰痛 という悪循環に陥ることもあります。お尻は、立つ時も座る時も歩く時も、動くときの土台になります。お尻を鍛えて美尻にすることで、他様々な体のパーツにいい影響をもたらすのです。腰痛で悩んでいる方は、お尻のトレーニングが効果的な場合があるのです。

お尻のお悩みベスト3

「垂れたお尻が嫌!」

「お尻が大きい!」「お尻が小さい!」

「お尻にハリと弾力がない!」

お尻が垂れる原因

① 身体全体のバランスが崩れ、身体をゆがんでいる

背中をピンと伸ばした良い姿勢で歩いていれば、良いバランスが保てているため。お尻の筋肉も上を向いているためキレイな形になります。それに対し身体がゆがんでいるとバランスが崩れ、お尻の肉が下に引っ張られるといったことも起きます。このような要因で垂れたお尻ができてしまうのです。

② 加齢

年齢を重ね筋肉が衰えることによって、筋肉の上に乗っている脂肪や皮膚を支えられなくなります。
そうなると重力に従って脂肪や皮膚が下に落ち、垂れることにつながります。

③ お尻に悪影響な座り方

長時間椅子に座る・背もたれに寄り掛かる・足を組む などの座り方です。
お尻に悪影響を及ぼす座り方をすることによって、骨盤を中心に身体にゆがみができます。
そうなると筋肉のバランスが悪くなり、筋肉の発達に差が出てしまい、普段使わない方の筋肉が衰え、お尻が垂れることにつながることも多いです。

④ 小さめの下着を選ぶ

自分のサイズよりも小さめの下着を選ぶことにより、下着からお尻がはみ出て段差ができてしまいます。
そうなることで柔らかいお尻の肉は下に流れ、垂れる原因となります。

⑤ 長時間ヒールを履く

長時間ヒールを履くことで歩くときに、膝が曲がり、体勢が前かがみになります。そうなると骨盤がうしろに傾き、お腹が出っ張る・お尻が下がるという体勢になってしまうことが多いです。
このような体勢で歩き続けることで、身体のバランスが崩れ、お尻の肉が下がって垂れることにつながります。

お尻が小さい原因

① 筋力がない

デスクワークで筋肉が圧迫されたり、普段からお尻の筋肉を使わなかったりすると、お尻の筋力を衰えさせ、筋肉を固まった状態にさせます。

② 内股

内股でいることが多いと股関節がゆがんでしまい、お尻に立体感がなくなります。そうなると平坦で貧相なお尻になってしまうのです。

お尻が大きい原因

① 冷え性

下半身に冷え性が起こると、血流が悪くなり下半身がむくみやすくなります。そうなるとお尻の筋肉が燃焼しにくくなり、脂肪がたまった大きなお尻となってしまうのです。

② お尻は脂肪がつきやすい部分だから

他の部位に比べてもお尻は脂肪がつきやすい・脂肪が取れにくいことが特徴です。かつ、冷えやすい場所でもあるため燃焼しづらく、運動などをしなければどんどん脂肪を溜め込んで大きくなってしまいます。
さらには、脂肪の塊であるセルライトができることも、お尻が大きくなる原因のひとつになります。運動不足によって脂肪がたまりセルライトが作られることもあるので注意しましょう。

お尻にハリと弾力がない原因

① お尻の筋肉がない

筋力が落ちると脂肪に変わり、ハリや弾力がなくなります。そうなるとお尻の脂肪が重力に負けるため、お尻が垂れることにもつながってきます。

② 姿勢が悪い

お尻に筋肉があって、脂肪量が少ないのにも関わらずお尻が垂れている人は、骨盤が丸まる・脚の骨と膝が内側に向くなど、姿勢の崩れが原因となることもあります。

三大条件を満たす美尻にする方法!

筋トレ

美尻をつくる方法のひとつに筋トレがあります。身体を温める・柔軟にしておくことで怪我のリスクが減り、効果も高まるので、行う前に準備運動をしてください。また正しい方法で行う・適切な回数を定期的に続けることも大切です。

・ヒップリフト
① 床に仰向けになって、45度程度、膝を立てる
② お尻をゆっくり上に持ち上げ、膝から身体までが一直線になる位置で1~2秒とまり、お尻が床につかないところまで下ろす
③ お尻を上に持ち上げるところからの動作を繰り返す。8~12回程度行うと効果的

・スクワット
① 両手を前、または後ろに持っていき、足を肩幅ほど開いてつま先をまっすぐにする
② 続いて膝を曲げゆっくり腰を下ろし、お尻を膝と同じ高さまで落とし、その後足の力を使い立ち上がる。8~12回程度行うと効果的

ストレッチ・エクササイズ

筋トレだと身体に負担がかかるという方は、ストレッチやエクササイズといった簡単な運動を行うと良いでしょう。

・寝ながらエクササイズ
① 仰向けに寝て足を伸ばした状態にして、片足を太ももからまっすぐ地面から30~40センチ持ち上げる
② 5秒ほどキープし、反対の足へと移る。これを片足30回ずつ行う。
※自宅で横になった状態で行えることが、このエクササイズの魅力です。

・フロッグストレッチ
① 肩の下に肘・股関節の下に膝がくるよう四つん這いの姿勢となり、膝を外側に開く。
② お尻をプリッとさせたまま後ろに下がり、骨盤を前後に10回行き来させる。※名前の通り「カエル」をイメージして行うと良いでしょう。

骨盤のゆがみを直す方法

お尻の筋肉は骨盤と股関節についているため、そのゆがみを直すことも、美尻を手に入れるために必要です。骨盤を矯正してからは、そこを覆う中臀筋・お尻を支える内転筋を鍛えることで、丸みのある引き締まった美尻を手に入れることができるでしょう。

・蹲踞(そんきょ)のポーズ
そんきょとはお相撲さんが身体を丸くしてしゃがんだ状態です。それをイメージして行ってください。
① 足を肩幅に開いて立ち、その後ゆっくり膝を曲げて腰を落とす 
② お尻がかかとにつくところまで腰を深く落とし、そのまま5秒ほど深呼吸して、足の指に力を入れ立ち上がる 
※まっすぐ立つ・しっかり腰や膝を落とすといったことを意識して行うと効果が出やすくなります。

美尻ショーツ(下着)

・BEAUTY UP ショーツ
ソフトで快適な履き心地が特徴の美尻ショーツです。お尻を包み込むような設計となっていることが特徴です。またお尻だけでなくお腹のシェイプにも役立ちます。さらにキトサン・コラーゲンなどの成分を含んで加工しているため、履くことでスキンケアにもつながります。

・育尻3ステップボトム
状況に応じて3段階用意された商品です。長年ついた癖を取る・お尻を中央に寄せて高さを出す・美尻をつくるという状況に分けられます。そのため自分の状況に合った使い方ができます。

・プリンヒップパンツ
大手下着メーカー・ワコールの商品です。お尻をキュッと寄せ、ウエスト部分にあるV字構造でしっかりと引き上げてキープしてくれます。そのため美尻をつくるだけでなく、脚を長く見せることも可能です。

お尻の肌もキレイにしよう!ツルツルのお尻を作るケア方法

ここまでは、あくまでもお尻を服や下着の上からきれいに見られることを意識した内容です。でも、結果として「服や下着を脱いだら、お尻が汚かった!」となると、もったいないですよね。やっぱりお尻自体もキレイでツルツルでありたいですよね!

お尻をツルツルにする洗い方

① お風呂でツルツル成分配合のバス用コスメで丁寧に洗う

お風呂でのケアを行う際は、セラミドやコラーゲンなどの保湿成分、角質を柔軟に保つヒアルロン酸、シミを防ぐ天然ビタミンEといった成分が含まれた石鹸やボディソープを選ぶと良いでしょう。その際はほかの部位と同じように、優しく丁寧に洗ってくださいね。

② スクラブ入りの手作りコスメを使う
またキレイなお尻をつくる方法のひとつとして、スクラブを使うことも挙げられます。粗塩・卵白・ハチミツを混ぜて作った手作りコスメを使用すると、お尻をキレイにすることが可能です。

③ 重曹を使ったケア
お風呂でお尻を洗い、大さじ1杯ほどの重曹を少量の水と混ぜてペースト状にし、それで気になる部分につけてマッサージします。しばらく放置してからお湯で洗い流し、その後人の持つ油脂と近いホホバオイルなどで軽くマッサージ。重曹を使うのは3日に1度程度、マッサージは毎日行うと良いでしょう。

そして美容液などでケアすることも大切です。ここではオススメの商品も合わせてご紹介します。

お尻をツルツルにする美容液

・デクレオール アロマエッセンス サーキュラローム
2~3日程度のマッサージでお尻がツルツルになったという口コミがあるなど、即効性のある美容液です。肌を滑らかに整えるだけでなく、マッサージをすることで血行が良くなる効果もあります。ラベンダー油・レモン果皮油などが配合されているので、香りをかいでリラックスすることも可能です。

・フィグアンドヤロウ シュガーボディスクラブ
シアバターなどの成分を配合し、ツヤ肌効果の高い保湿クリームです。シュガースクラブが不要な角質をカットし、シアバター・ローズマリーエキスが肌を保護し潤いを守ります。ブラッドオレンジ・マンダリンなどをブレンドしており、シトラスバニラの魅力的な香りがすることも特徴です。

まとめ

お尻って、ついついケアを怠っちゃう場所ですよね。
でも、美尻を目指せば、必然的にスタイルもよくなり、健康にもいいのです。美尻で、あなたの人生が変わっちゃうかも!?

関連記事

【お尻の乾燥】ツルツルお尻で自分でも触りたくなっちゃう!

【尿漏れの原因と対策】原因は骨盤と膀胱の2種類ある!

【痔の種類・原因・対策】3人に1人の国民病の対策は?!