初体験は父の兄

高校1年生の頃、周りの友達はみんな彼氏がいて、
昼休みは「昨日エッチした」とか「制服着たままが良いって彼氏が言うから…」とかそういう話ばっかりだったので、経験の無い私は人一倍性に興味を持っていました。

その頃、私は妹と弟を連れて父のお兄さんの家によく遊びにいっていました。
お兄さんは見た目は父よりもかっこよく、とてもモテる人だったので、
女遊びが原因で最近離婚したと母から聞いていました。

お兄さんはうちから20分程歩いたところに一軒家を持っており、
家にはゲームやお菓子がいっぱいあったので、
私も妹達もお兄さんに会うのが楽しみでした。

ある日、妹と弟が母に連れられて買い物に行ったので、
私はお兄さんの家に一人で預けられました。

いつものようにお菓子を食べながらゲームをしていると、お兄さんが
「学校は楽しい?困ってる事とかあったらいいなさいね」
と声をかけてくれました。

学校は楽しく、勉強も普通より出来ている方だったので、悩みもなかったのですが、私は友達の性の話についていけないということをお兄さんに話しました。

「彼氏が欲しいってこと?」

「別に彼氏が欲しいってわけじゃないんだけど、みんなが話すエッチを自分だけ経験してないから、正直想像がつかない」

「動画とか見た事ある?」

「無いよ。携帯もパソコンも禁止されてるし。でも漫画では見た事あるよ」

「じゃあ一緒にみようか」

と、お兄さんはパソコンを開いて動画を見せてくれました。
動画では全裸の男女が身体を舐めあっていて、大事なところにはモザイクがかかっていたけどとてもエッチでした。

男性が女性の股の間に顔をうずめて何かをしている様子だったので、
「この男の人今何してるの?」
と私が質問すると、
「女の人のあそこを男の人が舐めているんだよ」
とお兄さんは答えました。

私はおちんちんを女性が舐めることは何となく知っていたけど、
逆もあるんだなと、この時知りました。

それから男性が女性の腰を持って激しく腰を動かしはじめました。

お兄さんは動画を止めて
「どう?」
と私に聞いてきました。

「すごいエッチだけど、おちんちんを打ち付けるだけで子どもが出来るの?」

「打ち付けるっていうか、入れる。だね」

「ん?」

という噛み合ない会話があり、お兄さんに
「もしかして、エッチがどういうのか知らないの?」
と言われて私は
「そうだよ、だから言ったじゃん!」
と言った。

漫画では男女が全裸で抱き合ってるけど、ふわふわした描写で肝心なところがどうなってるか分からない。

裸で抱き合いながら、おちんちんとあそこを近づけると妊娠するんだと思っていて、最近友達の話を聞いて違うんじゃないかと思い始めた。
ということをお兄さんに伝えました。

するとお兄さんは爆笑し、私はやっぱり聞いたら恥ずかしいことだったんだ…。
と落ち込み、泣いてしまいました。

お兄さんは「ごめんごめん」と私に謝って、
もう高校生だし、俺が教えてあげたいけど弟の娘だから俺が教えるのはあんまり良いことではない。と言いました。

だけど今更友達に聞けるわけないし、お父さんに教えてもらえるはずもないので、
私は「恥をかきたくないから、誰にも言わないから教えて欲しい」ということをお兄さんに伝えました。

お兄さんは少し考えたあと、
「じゃあお風呂に入りながらおしえてあげる」
と言って、私をお風呂場まで連れて行きました。

昔は一緒にお風呂に入っていたけど、胸も少し大きくなっていたので服を脱ぐのがとても恥ずかしかったです。

それぞれ軽く流したあと、お兄さんと向かい合うように椅子に座りました。

「自分のここに指入れたことある?」

「え?無いと思う…」

「じゃあ触って指入れてみて」

お兄さんにそう言われて、私は自分のあそこを触りました。
すると人差し指が奥まで入る穴がありました。

そんなバカな。と思われるかもしれませんが、
あそこは触ってはいけない場所だと小さい頃から親に言われていたので、
どんな仕組みになっているかなんて今まで知らなかったのです。
たまにヌルヌルしてる時があったけど、鼻水を啜って飲んじゃった分が出てきてるんだと思ってたし。

お兄さんに
「そこに男の人のおちんちんをはめ込むんだよ」
と言われて、
なるほど〜〜〜〜!!
とめちゃくちゃ関心しました。

今まで友達に聞いてた話で疑問に思った部分が沢山あったけど、
そういうことだったのか…。と納得した。

エッチが何なのか、モザイクの向こうで何が起こっていたのか分かったので、
私の疑問は解決したけど、
それを知って私は俄然興味が湧いてきました。

お兄さんに
「システムは理解したけど、流れとかやり方が分からないから教えて欲しい」
と言うと、お兄さんも少しそういう気分だったのか、すんなり私のわがままを聞いてくれました。

それから勃起の仕組みとか、実際お兄さんのおちんちんを触ってみてどれくらい固くなるのかとかを教えてもらいました。
ふにゃふにゃのままじゃ入らないからお互い愛撫をするんだよ。と、
お兄さんは私の乳首を優しく舐めました。正直あんまり気持ちよくはなかったです。
お兄さんは私のあそこも舐めてくれました。やっぱり気持ちよさは分からなかったけど、人が私のあそこを舐めている姿は見ているだけで興奮しました。

私は頭がボーっとしたままお兄さんに「入れて欲しい」と伝えました。

お兄さんは「うん」と頷いて、私のあそこにおちんちんを押し付けました。
それから信じられない程の痛みがあったけど、「痛い」と言ったら止められると思って我慢しました。

お兄さんは
「これがエッチだよ」
と言って腰をゆっくり動かし始めました。

お兄さんが動く度にヒリヒリと痛みがあったけど、
夢にまで見たエッチを自分がしているんだと思うと痛みなんてどうでもよくなっていました。

これが私の初体験の話です。

その後2週間くらいトイレの時とか椅子に座る時痛かったけど、
これが処女喪失か…。と感動していた記憶があります。

その出来事があってからも、お兄さんとは数回エッチをしました。

1階で妹達がゲームをしている時に2階でこっそりやったり、
お父さんが遊びに来ている時もバレないように挿入していました。

実は先日お兄さんにあって、5年ぶりくらいにエッチをしました。
久々だったので緊張したけど高校生の頃を思い出す良いエッチが出来ました。

関連記事

セフレしかいらない女

4人でセックス

義父とのプレイ

夫が親友と不倫!

セックスが下手な彼氏が嫌になって

ピアノの先生のレッスン