【GABA(ギャバ):リラックス効果のあるアミノ酸】安眠効果も!

≪目次≫
1.【記事を読む前に押さえておこう!】「GABA(ギャバ)」のポイント

2.GABA(ギャバ)とは?
・GABAの働き・効果/効能
・一日の摂取推奨量
・GABAを多く含む食べ物
・GABAが欠乏しやすい人
・GABA欠乏時に起こりうる症状・病気
・GABAの過剰摂取で起こりうる症状・病気

3.GABAの効果を高める栄養素
・マグネシウム
・グルタミン酸
・ビタミンB6

4.【普段の生活の中でGABAを摂れる食品】
・チョコレート
・米

5.【オススメのGABAサプリ一覧】
・沢山のGABAが配合されたサプリ
・ほかの栄養素も一緒に摂れる商品
・天然成分を摂取できるGABAサプリ

1.【記事を読む前に押さえておこう!】「GABA(ギャバ)」のポイント

以下は、重要なポイントとなりますので、記事を読む前に押さえておきましょう!
もちろん後で詳しく説明していきます!

・脳内で作られる
・アミノ酸の一種
・神経を正常に戻してくれる
・質の良い睡眠のために役立つ
・コレステロールを減らす働きがある
・老化防止に役立つ
・加齢が原因で少なくなる
・GABAの効果を高める栄養素もある

2.GABA(ギャバ)とは?

GABA(ギャバ)は「γ(ガンマ)ーアミノ酪酸」の通称で、人間の脳内に多く含まれるアミノ酸の一種です。

深い眠りに入っているときなどに脳内で生成されますが、疲労やストレスを和らげるために消費されます。
昨今の日本人は、普段の仕事・人間関係などで心身ともに疲弊しており、脳内で作られる以上のGABAを消費しています。

GABAの働き・効果/効能

① リラックス効果

GABAには人間をリラックスさせる効果があります。

・神経を正常な状態に戻す
・副交感神経を活発にする
といった働きがあるので、落ち着かない・イライラした状態をニュートラルに戻すことが可能です。

そのためGABAは
・家でのリラックスタイム
ときに活用すると良いでしょう。

② 安眠効果

睡眠の質を向上させる効果があることも、GABAの特徴です。

・ストレスを軽減させる
・脳に良い神経伝達物質の増加
・興奮性物質の働きを抑える
など、安眠に役立つ効果があります。

またGABAには身体の奥深くの体温を下げる働きがあるため、30~1時間前に摂取することで、より気持ち良く寝ることが可能です。

③ 体型維持にも役立つ

GABAには血液中のコレステロール・中性脂肪の量を減らす働きがあります。
それと同時に代謝を活発にするのにも役立つため、体型を維持したい・減量したい方にとっても嬉しい栄養素です。

④ 集中力を保つ

しっかり摂取することで集中力を維持できることもGABAの特長です。
そのため受験生・資格勉強中の方にも良いでしょう。

⑤ アンチエイジング

GABAには安眠・リラックス効果がありますが、それによって老化にともなう脳の劣化を予防するのにも役立ちます。

このように脳の老化防止ができることで、アンチエイジングの効果も期待できます。

⑥ 血圧を下げる

血圧を下げる効果があることも、GABAの効果のひとつです。
それによって、脳卒中など高血圧が原因となる病気の予防にも役立ちます。

一日の摂取推奨量

1日あたり30~100mg

※快眠やストレス軽減のために必要な摂取量は100~500㎎

GABAを多く含む食べ物

100gあたり:GABA含有量

野菜

ぬか漬け:100mg
キムチ:100mg
トマト:60mg
ジャガイモ:35mg
ナス:20mg
かぼちゃ:10mg

果物

メロン:72mg
みかん(温州):29mg
ぶどう:23mg

他には、ジャコなどの小魚、緑茶、米類、チョコレートなどにも含まれます。

GABAが欠乏しやすい人

普段の生活・加齢が原因で、脳内のGABAが少なくなる傾向にあります。

年齢が高め

加齢によって脳内のGABAがどんどん少なくなっていきます。

十分な睡眠が取れていない

睡眠不足が原因で体内に疲労が溜まり、それを解消するためにGABAが消費されます。

ストレスを解消できていない

GABAはストレスを和らげるために消費されるので、自分でストレスを解消できない場合は、脳内からGABAが少なくなっていきます。

GABA欠乏時に起こりうる症状

イキイキと生活をするために必要なGABAが不足すると、不眠・ストレスが溜まりやすいなどの症状が起こる危険性があります。

イライラしやすい

リラックス効果のあるGABAが不足すると、イライラしやすい状態になります。

不眠

GABAは安眠効果があるため、不足すると不眠につながることもあります。

ストレスが溜まりやすい

ストレスを抑える働きがあるGABAが脳内で足りなくなると、普段の生活や仕事などのストレスが溜まりやすくなります。

集中力が下がる

集中力を持続させる働きのGABAが不足すると、仕事や勉強などを行う際の集中力が下がります。

GABAの過剰摂取で起こりうる症状・病気

GABAにはこれ以上摂り過ぎると危ないという上限はないものの、サプリなどで過剰摂取するのは良くありません。

そのときに起こりうる危険性のある症状は以下の通りです。

動悸

吐き気

息切れ

軽度の胃腸障害

軽度の食欲減退

顔の紅潮

唇の痙攣

またその人の体質によっては少量でも

息苦しさ

身体の痺れ

を感じることもあります。

3.GABAの効果を高める栄養素

ここではGABAの効果をより強くするために役立つ栄養素を紹介します。

GABAの効果を高めたい方は、下記の栄養素を含んだ食品やサプリを一緒に摂るのも良いでしょう。

マグネシウム

マグネシウムは、GABAが脳内で正常に働くために必要な栄養素のひとつです。

一緒に摂取することによって、リラックス・安眠といった効果をさらに高めることができます。

グルタミン酸

脳内でGABAをつくる上で役立つ栄養素がグルタミン酸です。

ビタミンB6

ビタミンB6は、効率良くGABAを生成するために必要な栄養素のひとつです。

4.【普段の生活の中でGABAを摂れる食品】

ここではチョコレート・米など、普段の生活の中でGABAを摂れる商品を紹介します。

サプリを飲む習慣がない・栄養素の摂取を意識して食事をするのが煩わしいという方は、ここで紹介した商品を普段の生活に取り入れてみても良いでしょう。

チョコレート

おやつ感覚で気軽に食べられるだけでなく、GABAもしっかり摂れるチョコレート系の商品をご紹介します。

メンタルバランスチョコレートGABA(グリコ)

仕事の合間など普段の生活の中で気軽に食べられる、GABA配合のチョコレート系商品です。

コンパクトサイズで持ち運びが便利・小粒キューブタイプで手が汚れにくい・チャック付きパウチなどの特徴があるため、おやつ感覚で食べたい方にもオススメできます。

【内容量】51g(23粒)程度
【服用量】一日10g(5粒)程度
【一日分のGABA摂取量】28mg
【特徴】ミルク・ビターなど複数の味の商品が存在。
【価格】140円前後

GABA&BALANCE(森永)

ジュース感覚でGABAを摂取できるチョコドリンクです。
カカオ70パーセントのチョコレートを使っているため、素材本来の味を堪能したいという方にも良い商品です。

【内容量】400ml
【一回分のGABA摂取量】28mg
【特徴】カルシウム・鉄・ビタミンA・Dも配合。
【価格】227円前後

ここでは発芽米などGABAを多く含んだ米系の商品を紹介します。

発芽米1kg(ファンケル)

普段の生活の中で食べるお米に加えることによって、GABAを摂取することができる商品です。

白米:本商品=2:1
を目安に、研がずにそのまま白米に加えることで美味しく炊くことができます。

GABA以外にも食物繊維・カルシウム・マグネシウムなど様々な栄養素が含まれているので、健康志向が高い方が普段の食事に加えてみるのも良いでしょう。

【内容量】1kg
【100g中のGABA摂取量】15mg
【特徴】カリウム、ビタミンE・B1などの栄養素も配合。
【価格】1,203円前後

発芽玄米 1kg(DHC)

北海道産の一等米の「ななつぼし」を使用した商品で、白米の20倍ものGABAを摂取することが可能です。
そのまま炊いても・白米と混ぜても美味しく食べることができます。

カルシウム・マグネシウムなどの栄養素を合わせて摂取できることも特長です。

【内容量】1kg
【GABA含有量】20mg
【特徴】食物繊維・ビタミンE・B1など複数の成分を配合。
【価格】2,109円前後

5.【オススメのGABAサプリ一覧】

ここでは女性にオススメできるものを中心に、GABAサプリをご紹介していきましょう。
ネットやドラッグストアなどで商品を探すときの参考にしてくださいね。

沢山のGABAが配合されたサプリ

多くのGABAを配合した商品を紹介します。
しっかりとGABAを摂りたい方にオススメです。

ギャバ GABA(NowFoods)

750mgという沢山のGABAを摂取できるサプリです。

比較的低価格で100日分の量があり、コストパフォーマンスの面でも魅力的な商品といえます。

【内容量】100粒
【服用量】一日1粒
【一日分のGABA摂取量】750mg
【価格】1,263円前後

GABA(Source Naturals)

アメリカの大手メーカーがつくった商品で、750mgという多くのGABAを摂取することができます。

90粒含まれていますが、料金はリーズナブルでコストパフォーマンスの良さも魅力の商品です。
ただ海外仕様のサプリのため、粒はやや大きめとなっています。

【内容量】90粒
【服用量】一日1粒
【一日分のGABA摂取量】750mg
【価格】1,540円前後

ギャバ200mg(DHC)

一日1粒で200mgと十分な量のGABAを摂取できるサプリです。

料金も比較的リーズナブルなので、出費を抑えられることも魅力となります。

【内容量】30粒
【服用量】一日1粒
【一日分のGABA摂取量】200mg
【価格】1,100円前後

ほかの栄養素も一緒に摂れる商品

GABAだけでなく、ほかの栄養素も配合されたサプリを紹介します。
効率良く栄養素を摂りたい方にもオススメです。

リフレッシュサプリGABA+Ca(オーガランド)

お手頃価格で購入できるGABAサプリです。
比較的料金が安く設定されているため、お試し感覚で購入する方にも良いでしょう。

またGABAの含有量は少ないため、食品で多くのGABAを摂取している・摂り過ぎたくない方にも良い商品です。

【内容量】270粒
【服用量】一日3粒
【一日分のGABA摂取量】7.5mg
【特徴】GABA以外にカルシウム25mg配合。
【価格】1,512円前後

GABA100(マルマン)

一日で100mgとしっかりGABAを摂取できるサプリで、脳内でのGABAの生成を助けるビタミンB6が配合されていることも特徴です。

【内容量】75粒
【服用量】一日5粒
【一日分のGABA摂取量】100mg
【特徴】GABA以外にビタミンB6配合。
【価格】1,280円前後

GABA200mg(サプリクラフト)

200mgのGABAとグリシンを配合したサプリです。
ともに快適な睡眠をサポートする働きのある栄養素なので、質の良い睡眠を行いたい方にオススメできます。

1,000円程度と低価格であることも特長です。

【内容量】60粒
【服用量】一日1粒
【一日分のGABA摂取量】200mg
【特徴】GABAだけでなく、グリシンも200mg配合。
【価格】980円前後

天然成分を摂取できるGABAサプリ

ここではこだわりの天然成分を使った商品をご紹介します。

GABA(ギャバ)(インシップ)

天然のGABAをしっかり補充できるサプリです。

大麦を発酵させて作られたGABAは、発酵のときに天然水を使うなどこだわりを感じさせます。
また一日1粒なので、無理なく続けられることも魅力です。

【内容量】30粒
【服用量】一日1粒
【一日分のGABA摂取量】106mg
【特徴】発酵大豆エキスに乳酸菌を加えて濃縮した、天然のGABAを配合。
【価格】1,587円前後

まとめ

いかがでしたか?
今回はGABA(ギャバ)についてご説明しました。

最近ではGABAが配合されているチョコレートなども登場し、
ストレス解消に役立つ栄養素としても知られています。

ここでご紹介したようにGABAの効果はそれだけでなく
・リラックス
・安眠
・コレステロールを減らす
など様々な働きがあります。

そのため「ストレスを溜めることがない」という人でも、家にいる時間をよりリラックスさせたい・しっかり眠って疲れを取りたい・中性脂肪を減らしたいといった希望のある方であれば、GABAを摂ることでイキイキとした健やかな生活を送ることが可能です。

また安眠効果で疲れを取るのに役立つ・リラックス効果があるので、スポーツをする方にもオススメできる栄養素となります。

そしてGABAは加齢が原因で、脳内にある量が少なくなってくことも特徴です。
だからこそある程度の年齢を重ねた方は、食べ物やサプリメントなどを活用して、しっかりとGABAを補充する必要があります。
GABAは老化防止にも役立つため、意識して摂取し続けることによって、若々しくあり続けることにもつながります。

ここではそんなGABAについての説明、オススメサプリの紹介などをしています。
含有量が多い・ほかの栄養素を配合しているなど女性にオススメできる商品を中心に取り上げていますので、GABAサプリを探すときの参考にしてくださいね。

関連記事

【シトルリン:血流を良くするアミノ酸】むくみ・冷え対策にも!

【おすすめの栄養補助食品スイーツ】おやつ感覚で栄養を摂ろう!

【BCAA:運動をする人にオススメの成分】脂肪燃焼効果も!

【コラーゲン:美肌づくりに必要な成分】関節痛の予防・改善効果も!

【タウリン:人体に必要な必須アミノ酸】疲れ目改善にも効果的!

【EPA:血液を健康に保つ栄養素】ドライアイ対策にも効果あり