【コラーゲン:美肌づくりに必要な成分】関節痛の予防・改善効果も!

≪目次≫
1.【記事を読む前に押さえておこう!】「コラーゲン」のポイント

2.コラーゲンとは?
・コラーゲンの働き・効果/効能
・一日の摂取推奨量
・コラーゲンを多く含む食べ物
・コラーゲンが欠乏しやすい人
・コラーゲン欠乏時に起こりうる症状・病気
・コラーゲンの過剰摂取で起こりうる症状・病気

3.体内にあるコラーゲンのタイプ

4.一緒に摂りたい栄養素

5.【おすすめコラーゲンサプリメント10選】
・【美肌効果が期待できる】Ⅰ型コラーゲンサプリ
・【関節痛の改善に役立つ】Ⅱ型コラーゲンサプリ
・【番外編】粉末状コラーゲンサプリ

1.【記事を読む前に押さえておこう!】「コラーゲン」のポイント

以下は、重要なポイントとなりますので、記事を読む前に押さえておきましょう!
もちろん後で詳しく説明していきます!
・体内で生み出せる
・キレイな肌をつくるために必要
・関節痛の改善にも役立つ
・年を重ねると体内のコラーゲンの量が少なくなる
・欠乏することで心筋梗塞・骨粗しょう症などのリスクが高まる
・一緒に摂ることで効果を高められる栄養素もある
・糖分は一緒に摂らない

2.コラーゲンとは?

コラーゲンは体内にあるたんぱく質の一種で、肌・骨をつくる基礎になります。
骨の約23パーセントを形成しているため、体内には欠かせない栄養素といえます。

ホルモンやビタミンのように、ほかの栄養素の働きを助けることも特徴です。
そのためカルシウムなどほかの栄養素とあわせて摂取することで、その効果をより高めてくれます。

コラーゲンは人間の体内のほぼすべてに存在しており、平均的な体型の日本人女性(約53キロ)の中に3キロのコラーゲンがあるといわれています。

そんなコラーゲンは人間の体内で生み出せる栄養素ですが、効果を高めるためには食事やサプリなどでしっかり摂取すると良いでしょう。

コラーゲンの働き・効果/効能

① 美肌効果

人間の肌をつくる基礎となるコラーゲンには、肌のツヤ・瑞々しさ・弾力を保つ効果があります。

そのため
・キレイな肌を手に入れたい
・いつまでも若々しい肌を保ちたい
など美容に関する意識の高い方にオススメできる栄養素です。

② 関節痛の予防・改善

コラーゲンには年齢を重ねることで気になることが増える、関節痛の改善や予防に効果があります。

体内に存在するⅡ型コラーゲン(詳細は後程説明します)は、軟骨をつくる上で必要な成分です。
人体にある骨の結合部には、クッションの働きを担う軟骨があります。
コラーゲンを摂ることで
・軟骨の量が減るのを抑える
・軟骨を増やす
効果があり、間接同士の摩擦が少なくなるので関節痛が少なくなることにもつながります。

③ 傷の治りを早める

切り傷・擦り傷など傷の治りを早くすることもコラーゲンの効果のひとつです。

コラーゲンには細胞と細胞をつなげる接着剤のような働きもあります。
そのため体内に多く存在することで、傷ができた部分を元の状態に戻すのが早まります。

④ 骨を丈夫にする

丈夫な骨をつくるのに役立つことも、コラーゲンの効果のひとつとなります。

骨をつくる基礎となる栄養素のため、体内に多く存在することによって、骨を丈夫にするのに役立ちます。

⑤ 美髪効果

コラーゲンはツヤ・コシのある瑞々しいキレイな髪をつくるのにも役立ちます。

髪の毛はたんぱく質が主成分のため、体内にあるたんぱく質の一種であるコラーゲンが増えることで、美しく健康的な髪の毛をつくることにもつながります。
そのためキレイな髪を手に入れたい方にとっても、コラーゲンは重要な成分といえるでしょう。

⑥ 薄毛予防

抜け毛・薄毛の予防や改善にも効果を発揮します。

体内にあるたんぱく質の一種であるコラーゲンは、健康的な髪の毛を育むための頭皮環境を整える効果もあります。
そのため体内に多くのコラーゲンがあることで、薄毛・抜け毛の予防・改善にもつながります。

一日の摂取推奨量

一日5~10g

※g:mg=1:1,000

コラーゲンを含む食べ物

100gあたり:コラーゲン含有量

牛すじ:4,980mg
鶏軟骨(胸):4,000mg
豚モツ:3,080mg
手羽先:1,550mg

魚介類

フカヒレ:9,920mg
うなぎ:5,530mg
サケ(皮あり):2,410mg
エビ:1,150mg

コラーゲンが欠乏しやすい人

年齢が高めな人

体内にあるコラーゲンは、年を重ねるにしたがって少なくなっていきます。

25歳をピークに
40歳:半分
60歳:1/3
上記のように減っていきますので、そのことを頭に入れておくと良いでしょう。

食生活の乱れ

肉・魚を食べない、無理なダイエットなどが理由で、体内にあるコラーゲンの量が減少することもあります。

コラーゲン欠乏時に起こりうる症状・病気

肌の劣化

コラーゲンが不足することで、肌の酸化・糖化が進みます。

それが原因で
・ハリや柔軟性を失う
・シワやたるみの原因となる
・目元や口もとにスジが出る
など肌の劣化が進みます。

薄毛

体内のコラーゲンが少なくなると、髪の成長を促す毛包幹細胞が枯渇。
それが原因で細胞分裂ができなくなり、フケや垢としてはがれ落ちます。

こうなると髪の毛の成長が妨げられ、薄毛を助長するリスクが高まります。

関節痛

関節の炎症

また下記の症状が起こる危険性が高まります。

脳出血

脳梗塞

心筋梗塞

骨粗しょう症

体内に老化したコラーゲンが増えることで、細胞を分解する働きが弱まります。
それが原因で体内の代謝が滞り、骨粗しょう症のリスクが高まります。

加齢によって体内のコラーゲンが少なくなるため、60歳以上など年齢の高めな方ほどなる可能性が高いです。

コラーゲンの過剰摂取で起こりうる症状・病気

肌荒れ

肝臓への負担

コラーゲンを分解するときに肝臓に負担がかかり、それが原因で体調不良になる可能性もあります。

また「コラーゲン注射」で注入する量の多さが原因で、患部に下記のような症状が見られることもあります。

赤く腫れる

硬くなる

3.体内にあるコラーゲンのタイプ

人間の身体の中にあるコラーゲンの中には、いくつかの種類と型があります。
ここでは主要なものを中心に紹介していきましょう。

コラーゲンの種類

体内にあるコラーゲンは、基本的には下記の可溶性・不溶性に分かれます。

可溶性コラーゲン

弾力・ハリ・瑞々しさがある若々しい肌に多いコラーゲンで、新鮮な細胞づくりを促進します。

ただ年齢を重ねると、体内における可溶性コラーゲンの量は少なくなります。

不溶性コラーゲン

年齢を重ねることで体内に増えるコラーゲンで、ハリ・弾力・潤いがなくかさついた状態の肌に多いです。
強い紫外線を浴びた肌にも多く存在します。

これが増えると新鮮な細胞がつくられにくくなり、肌にシワやたるみが増えます。

コラーゲンの型

体内にはいくつかの型のコラーゲンが存在します。

コラーゲンI型

皮膚・腱・骨など体内にある様々な臓器の主成分となっており、美肌効果が高いことでも知られています。

臓器を支える・補強するのに役立つタイプのコラーゲンであり、結合組織の繊維を構成します。
そのため強いだけでなく、しなやかさ・柔軟性があることも特長です。

コラーゲンII型

体内の関節部分に多く存在するコラーゲンで、軟骨の主成分となっています。

このタイプのコラーゲンが多いことで、関節痛などを防ぐことも可能です。

コラーゲンIV型

体内にある基底膜(きていまく)の主成分となっており、そこにある網目などの働きで老廃物をろ過しています。

4.一緒に摂りたい栄養素

ここでは一緒に摂取することで、コラーゲンの効果をさらに高めることのできる栄養素について紹介します。

美容効果を高めるものも多いので、キレイな肌を手に入れたい方は、コラーゲンとともにこれらの栄養素も摂取すると良いでしょう。

ビタミンC

一緒に摂ることによって、コラーゲンを効率良く摂取することができます。

ビタミンC自体にも
・新陳代謝を円滑にする
・シミやそばかすの予防
など美容に役立つ働きがあるので、キレイな肌を保ちたい方はあわせて摂取すると良いでしょう。

ただビタミンCは取り過ぎた場合は体内に溜めることができないので、こまめに一定量ずつ摂り続けることが大切です。

カルシウム

コラーゲンはカルシウムと一緒に摂ることによって、骨の中にカルシウムを定着させる働きがあります。

ビタミンE

血液の流れを良くする働きのあるビタミンEは、摂ることによってコラーゲンが身体中に供給されるのを助けます。

エラスチン

コラーゲンと体内で結びつくことによって、肌の弾力性・柔軟性をキープする効果があります。

トリプトファン

一緒に摂ることによってコラーゲンの効果が高まり、美肌づくり・肌の老化防止などに役立ちます。

ただ一緒に摂るのを避けた方が良い成分もあります。

糖分

糖分は摂り過ぎると、体内にあるコラーゲンを劣化させてしまいます。
そうなると肌のハリ・弾力が失われるので注意しましょう。

5.【おすすめコラーゲンサプリメント10選】

美容効果があり・関節痛対策に役立つコラーゲンですが、肉類・魚介類など摂れる食品が限られています。

そのため普段から肉・魚などを食べる習慣がない、これらの食品が苦手という方は、ここで紹介するサプリを有効活用するのもひとつの方法です。

また加齢が原因で体内にあるコラーゲンの量は少なくなるので、年齢を重ねた方はサプリなども活用してしっかり摂取しておくと良いでしょう。

【美肌効果が期待できる】Ⅰ型コラーゲンサプリ

ここでは美肌効果があるⅠ型コラーゲンが含まれたサプリをご紹介します。

キレイな肌でい続けたい・潤いのある肌を手に入れたいといった方にオススメです。

ファンケル HTCコラーゲンDX 180粒(ファンケル)

紫外線から肌を守る効果のある「リンゴポリフェノール」を配合したサプリです。

ファンケル独自のトリペプチド高含有コラーゲンペプチドが使われ、コラーゲンがより吸収しやすくなっています。

【内容量】180粒
【服用量】一日6粒
【一日分のコラーゲン摂取量】900mg
【特徴】リンゴポリフェノール配合。
【価格】1,890円前後

明治 アミノコラーゲン BEAUTE(明治)

独自開発した即効性高吸収コラーゲンが使われているため、より素早くコラーゲンを体内に吸収することができます。

またコラーゲンの働きを高めるビタミンCが配合されており、美容効果も高い商品です。

【内容量】150粒
【服用量】一日6粒
【一日分のコラーゲン摂取量】1,000mg
【特徴】ローヤルゼリー、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸などの栄養素を配合。
【価格】2,136円前後

エーザイ 美 チョコラ コラーゲン(エーザイ)

こちらの商品は、ビタミンC・ビタミンB群など7種類の成分がバランス良く含まれています。
含まれている栄養素を一緒に摂ることによって、肌のハリ・艶を手に入れる効果もあります。

【内容量】120粒
【服用量】一日3粒
【一日分のコラーゲン摂取量】600mg
【特徴】ビタミンB1・B2・B6・パンテトン酸・ナイアシンなどを配合。
【価格】1,350円前後

すっぽん小町(ていねい通販)

「高級国産すっぽん」を使用したサプリで、アミノ酸・鉄・カルシウム・ビタミンなど様々な栄養素も同時に摂ることができます。
美肌効果を求める女性から支持される人気のサプリです。

【内容量】62粒
【服用量】一日2粒
【一日分のコラーゲン摂取量】約8,308mg
【特徴】アミノ酸・ビタミン・DHA・EPA・鉄・カルシウムなどの栄養素も配合。
【価格】3,024円前後

DHC コラーゲン(DHC)

コラーゲンの働きをサポートするビタミンB1・B2を配合しているため、効果的にコラーゲンを摂取できることが魅力のサプリです。

またコストパフォーマンスにも優れているため、サプリに使う出費を抑えたいという方にも良いでしょう。

【内容量】360粒
【服用量】一日6粒
【一日分のコラーゲン摂取量】2,050mg
【特徴】ビタミンB1・B2を配合。
【価格】1,060円前後

ディアナチュラ 低分子コラーゲン(アサヒ)

体内においてコラーゲンの働きをサポートするビタミンCが多く配合されたサプリです。
コラーゲンの美肌効果だけでなく、新陳代謝を高めるビタミンCの効果も得ることができます。

【内容量】240粒
【服用量】一日8粒
【一日分のコラーゲン摂取量】2,000mg
【特徴】コラーゲン・ビタミンC以外にも、コエンザイムQ10・ヒアルロン酸などの成分を配合。
【価格】909円前後

【関節痛の改善に役立つ】Ⅱ型コラーゲンサプリ

ここでは関節痛の予防・改善に役立つII型コラーゲンを摂取できるサプリを紹介します。

加齢が原因でひざなどの関節が痛む・関節痛のないイキイキとした生活を送り続けたいといった方にオススメです。

II型コラーゲン+プロテオグリカン(DHC)

II型コラーゲン・プロテオグリカンという2種類の成分を配合したサプリです。

商品に含まれる2種類の成分は、体内の関節軟骨に多く含まれるので、継続して摂り続けることで関節痛の予防や改善に役立ちます。

【内容量】90粒
【服用量】一日3粒
【一日分のコラーゲン摂取量】150mg
【特徴】CBP・コンドロイチン硫酸・N-アエチルグルコサミンも配合。
【価格】2,400円前後

非変性Ⅱ型コラーゲン(ファイン)

非変性Ⅱ型コラーゲン・グルコサミン・鮫コンドロイチンをバランス良く配合したサプリです。
膝の曲げ伸ばしをサポートし、ひざ関節の悩み改善に役立ちます。

【内容量】250粒
【服用量】一日10粒
【一日分のコラーゲン摂取量】10mg
【特徴】ビタミンB1・B2・B6などの栄養素も配合。
【価格】4,320円前後

【番外編】粉末状コラーゲンサプリ

ここでは番外編として、粉末状のコラーゲンサプリをご紹介します。

粉末をコーヒー・ホットミルク・ジュース・ヨーグルトなどに入れて摂取できるので、サプリを飲む習慣がないという方にオススメです。

パーフェクトアスタコラーゲンパウダー プレミアムリッチ(アサヒ)

低分子コラーゲンに吸収型ナノコラーゲンを加え、沢山の良質なコラーゲンを摂れる商品です。

コラーゲンだけでなくプラセンタエキス・ローヤルゼリーなど15種類の美容成分を配合しており、美肌づくり・若々しいキレイな肌の維持といったことに効果を発揮します。

【内容量】228g
【服用量】一日7.5g
【一日分のコラーゲン摂取量】5,500mg
【特徴】ヒアルロン酸・食物繊維・コエンザイムQ10など15種類の美容成分を配合。
【価格】2,027円前後

こなゆきコラーゲン(タマチャンショップ)

純度100パーセント、一番搾りのコラーゲンを使用した商品です。
できるのは日本で2ヶ所のみという、独自の技術で抽出された高品質なコラーゲンを使っています。

また無添加・無香料・無着色なので、身体にも安全です。

【内容量】100g
【服用量】一日3~5g
【一日分のコラーゲン摂取量】3,000~5,000mg
【特徴】吸収率に優れた低分子のコラーゲンを配合。
【価格】1,000円

まとめ

いかがでしたか?
今回は「コラーゲン」についてご紹介しました。

キレイな肌や髪をつくるなどの効果があるコラーゲンは、美容に関する意識の高い方にとっては必要な栄養素です。
それと同時に関節痛の予防や改善・薄毛対策などにも役立つので、これらの症状が気になる男性にとっても必要となります。

また肌や骨をつくるなど人間の身体に欠かせない栄養素のひとつであるコラーゲンですが、年齢を重ねるにしたがって体内の量が少なくなります。
そのため牛すじ・うなぎなどの食べ物、サプリなどでしっかり摂取することが大切です。

ここでは美肌・関節痛の予防や改善に効果のあるものを中心に、錠剤・粉末など多くのコラーゲンサプリをご紹介しています。
そのため自分のライフスタイルに合う商品を探すときの参考にしてくださいね。

関連記事

【乳酸菌:善玉菌の代表格】年をとれば必然的に悪玉菌が増える!

【栄養補助食品のゼリー飲料タイプ10選】女性に嬉しい成分・ローカロリー

【アルギニン:不妊改善に役立つアミノ酸】美容・体型維持にも効果的!

【アスタキサンチン:抗酸化作用がある成分】メタボ対策にもオススメ

【亜鉛:体内で作れないミネラル】亜鉛の必要性+おすすめサプリもご紹介!

【ビオチン:健やかな髪をつくるビタミン】疲労回復にも役立つ!