【シトルリン:血流を良くするアミノ酸】むくみ・冷え対策にも!

≪目次≫
1.【記事を読む前に押さえておこう!】「シトルリン」のポイント

2.シトルリンとは?
・シトルリンの働き・効果/効能
・一日の摂取推奨量
・シトルリンを含む食べ物
・シトルリン欠乏時に起こりうる症状・病気
・シトルリンの過剰摂取で起こりうる症状・病気

3.サプリに含まれるシトルリンについて
・L-シトルリン
・シトルリンマレート(マレイン酸シトルリン)

4.一緒に摂ると効果的な栄養素
・アルギニン

5.【おすすめシトルリンサプリメント10選】
・成分の含有量が多いシトルリンサプリ
・複数の栄養素を配合したサプリメント
・【番外編】粉末タイプのシトルリンサプリ

1.【記事を読む前に押さえておこう!】「シトルリン」のポイント

以下は、重要なポイントとなりますので、記事を読む前に押さえておきましょう!
もちろん後で詳しく説明していきます!

・アミノ酸の一種
・体内でつくることができる
・一酸化窒素を産み出し、血管を拡張させる働きがある
・肌や健康の悩みにも効果がある
・スイカに多く含まれる
・L-シトルリンはシトルリンと同じ
・アルギニンと一緒に摂ると効果が高まる

2.シトルリンとは?

シトルリンとは体内に存在するアミノ酸の一種です。
遊離アミノ酸として体内のあらゆる場所に存在しています。

一酸化窒素(NO)を産み出す働きがあり、体内の血管を拡張させることで、血流を良くしてくれます。
アンモニアから尿をつくるうえで、重要な役割を担っていることも特長です。
また天然保湿因子(NMF)のひとつでもあり、肌にも良い影響をもたらしてくれます。

そんなシトルリンは体内でつくることが可能です。

シトルリンの働き・効果/効能

ここでは女性にとって嬉しいと思えるものを中心に、シトルリンの効果について紹介しています。

① むくみ対策

手足やふくらはぎなどのむくみ対策に役立つことも、シトルリンの効果のひとつです。

シトルリンが一酸化窒素をつくることで、動脈を拡張させ、血流を増やすことができます。
むくみの原因となる老廃物がしっかり運び出してくれるので、むくみの予防や改善に役立ちます。

② 冷え性の対策

シトルリンは多くの女性が悩まされている、冷え性の予防・改善に役立ちます。

動脈が拡張し血液がしっかり循環することによって、末端まで血液が行き渡ります。
冷え性は末端まで血液が届かず、手足が冷えることで起こるケースも多いですが、シトルリンをしっかり摂取することで、そのサイクルを止めることが可能です。

③ アンチエイジング

アンチエイジングに効果があることもシトルリンの特長です。

肌のハリ・ツヤを失う原因のひとつに、紫外線が体内でコラーゲンの過剰分解を促すこと挙げられます。
シトルリンにはコラーゲンの過剰分解を抑える働きがあるため、年齢とともに失われる肌のツヤ・ハリを保つことに役立ちます。

④ 肌の保湿

肌の保湿効果があることもシトルリンの特長のひとつです。

シトルリンは天然保湿因子(NMF)のひとつであり、人間の体内にある保湿成分としての側面もあります。
NMFの働きにより肌の潤いを保つことができます。

⑤ 集中力の向上

シトルリンの働きで脳の血流が良くなり、集中力を向上させることができます。

脳が元気になることによって集中力を高めるだけでなく
・やる気を高める
・記憶力をアップさせる
・注意力を改善させる
などの効果があります。

そのため仕事や勉強の効率を高めるために、シトルリンを摂取すると良いでしょう。

⑥ 動脈硬化の予防

動脈硬化を予防することもシトルリンの効果のひとつです。

体内で一酸化窒素をつくるシトルリンは、血管を広げ、血流を良くすることで、血管の老化抑制に役立ちます。
そのため血管の詰まりが原因で起こる動脈硬化のリスクを、少なくすることができます。

一日の摂取推奨量

一日800mg

※一日の摂取量には特に上限はありません。
ただ一日8,000mgなど大量に摂取することで、副作用が起こることがあります。
(副作用の詳細については後ほど説明しますのでご確認ください)

シトルリンを含む食べ物

100gあたり:シトルリン含有量

果物

スイカ:180mg
メロン:50mg

野菜

ヘチマ:57mg
冬瓜(とうがん):18mg
ニガウリ:16mg
キュウリ:9.6mg
ニンニク:3.9mg

生薬

クコの実(ゴジベリー):34mg

シトルリン欠乏時に起こりうる症状・病気

体内にあるシトルリンが欠乏することで、下記の症状が起こるリスクが高くなります。

動脈硬化

冷え

むくみ

シトルリンの過剰摂取で起こりうる症状・病気

基本的にシトルリンを取り過ぎても、健康被害が出ることはほとんどありません。

ただ一日8,000mg(推奨摂取量の10倍)など大量に摂取した場合、
下記のような症状が出る可能性があるので注意してください。

腹痛

頭痛

また下記の条件の方は、医師と相談したうえで摂取してください。
・妊娠中
・常用剤がある

3.サプリに含まれるシトルリンについて

ここでは「L-シトルリン」など、サプリに表記されていることの多いものについて説明していきます。
成分の表記について気になる方は、下記の説明をご確認ください。

L-シトルリン

ネット通販やドラッグストアなどで売られているサプリには、「L-シトルリン」と表記されたものが多く存在します。
そんな「L-シトルリン」ですが、結論から言うと「シトルリン」と同じものです。

シトルリンのようなアミノ酸には
自然界にほとんど存在しない「D型」
人体や自然界に存在するほとんどのアミノ酸のタイプである「L型」
があります。

「L-シトルリン」は「L型」のシトルリンであり、体内にある・食事やサプリなどから摂取できるほとんどのシトルリンの正式名称ということになるのです。

シトルリンマレート(マレイン酸シトルリン)

サプリに表記されていることも多いもののひとつに、「シトルリンマレート」(別名:マレイン酸シトルリン)があります。
これはシトルリンに、「マレート(リンゴ酸)」がくっついたものです。

疲労によって蓄積した乳酸からエネルギーをつくる効果のあるリンゴ酸は、相乗効果でシトルリンの働きをより良くする働きがあります。
乳酸をエネルギーに変える働きが強まるため、アスリート向けのサプリメントで使われることが多いです。

4.一緒に摂ると効果的な栄養素

ここではシトルリンと一緒に摂ることで、より効果を高めることのできる栄養素を紹介します。
サプリを購入するときは、ここで紹介した栄養素が含まれた商品を選ぶのも良いでしょう。

アルギニン

アルギニンはシトルリンと一緒に摂取することで、大きな相乗効果を産み出してくれる栄養素です。

一緒に摂ることで体内に一酸化窒素を大量につくり
・血管を広げる
・血液のめぐりを良くする
といった働きを強めてくれます。

そんなアルギニンはシトルリンと同じアミノ酸であり、体内に入ると
・アルギニンはシトルリンに
・シトルリンはアルギニンに
変換されます。

このようにシトルリンと性質が似ていて、相性の良いアルギニンだからこそ
一緒に摂ることで身体に良い影響をもたらしてくれるのです。

またアルギニンとともに、下記の栄養素も一緒に摂るとシトルリンの効果がさらに高まります。

ビタミンC

ビタミンE

葉酸

4.【おすすめシトルリンサプリメント10選】

ここでは女性にオススメの商品を中心に、いくつかの項目に分けてシトルリンサプリをご紹介していきます。

成分の含有量が多いシトルリンサプリ

シトルリンを多く含んだサプリメントを紹介しています。
しっかりと栄養素を摂りたい方にオススメです。

L-シトルリン・エクストラストレングス(NowFoods)

一日1粒で多くのシトルリンを摂ることのできるサプリメントです。
ただ粒が大きいので、口が小さい・大きいものを飲みこむのが大変という方は注意が必要です。

【内容量】120粒
【服用量】一日1粒
【一日分のL-シトルリン摂取量】1,200mg
【特徴】多くのL-シトルリンを含んだ海外サプリ。
【価格】1,598円前後

L-シトルリン(オーガランド)

厳しい品質管理を行う工場で製造しているため、安全性が高いことも魅力のサプリです。

服用量が一日3~5粒となっており、飲む量を調整できることも特徴となります。

【内容量】270粒
【服用量】一日3~5粒
【L-シトルリン摂取量】210mg(1粒あたり)
【価格】2,277円前後

シトルリン(DHC)

一日3粒で一日の推奨摂取量分のシトルリンを摂ることのできる商品です。
シトルリンの効果を高めてくれるアルギニンも配合していますので、冷え性対策・肌の保湿効果などで高い効果を実感したい方にオススメできます。

【内容量】90粒
【服用量】一日3粒
【一日分のL-シトルリン摂取量】825mg
【特徴】アルギニンを150mg配合。
【価格】1,098円前後

シトルリン800(ウェルネスライフサイエンス)

決められた量を守ることによって、一日の推奨摂取量である800mgを摂取することができるサプリです。
シトルリンを必要な分だけ摂取したい方に良いでしょう。

【内容量】240粒
【服用量】一日8粒
【一日分のL-シトルリン摂取量】800mg
【価格】1,317円前後

シトルリン(協和発酵バイオ)

長い間「シトルリン」の研究を行ってきた会社が、独自の技術を駆使して作り上げたサプリメントです。

安全性・効用ともに優れており、一日の推奨摂取量をきっちり摂れるといった特色があるので、はじめてシトルリンサプリを使うという方にも良いでしょう。

【内容量】90粒
【服用量】一日6粒
【一日分のL-シトルリン摂取量】800mg
【価格】2,160円前後

複数の栄養素を配合したサプリメント

シトルリンの効果を高めるアルギニンなど、複数の栄養素が含まれたサプリメントを紹介しています。

L-シトルリン(ファイン)

十分な量のシトルリンが含まれているだけでなく、その効果を高めるアルギニン・ビタミンC・ビタミンE・葉酸も配合したサプリです。

複数の栄養素を摂取したい・シトルリンの効果を実感したいといういずれの方にもオススメできます。

【内容量】240粒
【服用量】一日8粒
【一日分のL-シトルリン摂取量】800mg
【特徴】アルギニン・ビタミンC・ビタミンE・葉酸を配合。
【価格】3,780円前後

シトルリン MegaPower1000(ORIHIRO)

シトルリンだけでなく、アルギニン・亜鉛・ビタミンB1などいくつもの栄養素を摂れるサプリメントです。

元気不足の解消に役立つ成分が揃っているため、イキイキとした毎日を送りたいかたにオススメできます。

【内容量】240粒
【服用量】一日8粒
【一日分のL-シトルリン摂取量】1,200mg
【特徴】アルギニン、亜鉛、ビタミンB1・B2、セレンなどの栄養素を配合。
【価格】1,800円前後

シトルリン900mg+アルギニン400mg+クエン酸(太陽堂製薬)

一緒に摂ることでシトルリンの効果を高めるアルギニンを配合しています。
またシトルリン自体の含有量も多いので、効果を実感したい方に良いでしょう。

【内容量】60粒
【服用量】一日2粒
【一日分のL-シトルリン摂取量】900mg
【特徴】アルギニン、クエン酸も配合。
【価格】1,890円前後

【番外編】粉末タイプのシトルリンサプリ

ここでは粉末タイプの商品を紹介します。

水などに溶かして飲めるので
・サプリを飲む習慣がない
・普段の生活の中でシトルリンを摂りたい
といった方に良いでしょう。

シトルリン マレート(primaFORCE)

シトルリンマレートを多く含んだ粉末タイプのサプリメントです。

乳酸をエネルギーに変えるリンゴ酸が含まれたシトルリンなので、ジムなどで定期的に運動をする方にオススメできます。

【内容量】200g
【服用量】一回2g
【一日分のシトルリンマレート摂取量】2,000mg
【特徴】水などに溶かして飲める粉末タイプ。
【価格】3,370円前後

アルギニン&シトルリン(ジェイアンドシーオー)

多くのシトルリンとアルギニンが含まれた粉末タイプのサプリメントです。
また胃への負担を軽減するためにクエン酸を含んでいることも特徴です。

爽やかなレモン味で飲みやすいので、普段の生活の中で取り入れてみても良いでしょう。

【内容量】200g
【服用量】一回6g
【一日分のL-シトルリン摂取量】1500mg
【特徴】アルギニン、クエン酸を配合。
【価格】2,000円前後

まとめ

いかがでしたか?
今回は「シトルリン」について説明しました。

男性器を元気にする効果があるため、精力剤などに含まれていることの多いシトルリン。

血管を拡張させ血流を良くし
・保湿
・アンチエイジング
など、肌に関する効果

・むくみ
・冷え
など、健康に関する効果があります。

そのため女性にとっても、普段から摂っておきたい栄養素といえるでしょう。

シトルリンは体内で作られ、スイカなどの果物から摂取できます。
基本的には摂取量の上限はなく、過剰摂取による健康被害のリスクも少ないので、サプリなどでしっかり摂ることが可能です。

ここではシトルリンについて説明したうえで、サプリを複数紹介しています。
ネット通販やドラッグストアなどでサプリを探すときは、ここで書いている栄養素や商品の情報も参考にしてくださいね。

関連記事

【リジン:健康に関する効果が高いアミノ酸】集中力を高める働きも

【ビタミン:ほかの栄養素の働きをサポート】種類によって異なる働き

【乳酸菌:善玉菌の代表格】年をとれば必然的に悪玉菌が増える!

【栄養・健康補助ドリンク10選】疲れ・風邪・眠気対策!

【セロトニン:精神を安定させる成分】便秘改善にも役立つ

【アスタキサンチン:抗酸化作用がある成分】メタボ対策にもオススメ