【アミノ酸:身体に必要な成分】美容にもオススメ!

≪目次≫
1.【記事を読む前に押さえておこう!】「アミノ酸」のポイント

2.アミノ酸とは?
・アミノ酸の働き・効果/効能
・一日の摂取推奨量
・アミノ酸を多く含む食べ物
・アミノ酸が欠乏しやすい人
・アミノ酸欠乏時に起こりうる症状・病気
・アミノ酸の過剰摂取で起こりうる症状・病気

3.【おすすめアミノ酸サプリメント10選】
・アミノ酸をしっかり摂れるサプリ
・ダイエットにオススメのアミノ酸サプリ
・多くの栄養素が含まれたアミノ酸サプリ
・キレイなお肌づくりに役立つサプリ
・【番外編】水で溶かして飲む粉末タイプ

1.【記事を読む前に押さえておこう!】「アミノ酸」のポイント

以下は、重要なポイントとなりますので、記事を読む前に押さえておきましょう!
もちろん後で詳しく説明していきます!

・アミノ酸は体内の様々な機能を担っている
・「必須アミノ酸」は体内で作れない
・スキンケアに効果的
・アミノ酸を摂りながら運動することでダイエットに役立つ
・二日酔いの予防に役立つ
・魚介類からアミノ酸をしっかり摂れる
・無理なダイエットがアミノ酸欠乏につながる
・運動せずにアミノ酸を摂り過ぎると肥満になる危険性がある

2.アミノ酸とは?

アミノ酸は血液・筋肉・臓器・皮膚・髪・爪などの材料となり、
・全身に酸素を送る
・食べたものを分解する
・病原菌やウイルスと戦う
といった働きがあります。
そのため健康維持のために必要な成分です。

また身体をつくるのに必要なたんぱく質は、20種類あるアミノ酸から構成されています。

そんなアミノ酸は、「必須アミノ酸」「非必須アミノ酸」の2種類に分けられます。
「必須アミノ酸」は体内でつくることのできません。
対して「非必須アミノ酸」は体内でつくることができます。
そのためアミノ酸の中でも「必須アミノ酸」は、食事やサプリから摂取することが大切です。

〇必須アミノ酸
・イソロイシン
・ロイシン
・バリン
・ヒスチジン
・リシン
・メチオニン
・トリプトファン
・フェニルアラニン
・スレオニン

〇非必須アミノ酸
・アスパラギン
・アスパラギン酸
・アラニン
・アルギニン
・システイン(※シスチン:システイン2つが結合してシスチンになる)
・グルタミン
・グルタミン酸
・グリシン
・プロリン
・セリン
・チロシン

「非必須アミノ酸」の中でも
・アルギニン(乳幼児だと体内で作られる量が少ない)
・システイン(必須アミノ酸「メチオニン」から合成される)
・チロシン(必須アミノ酸「フェニルアラニン」から合成される)
などは、できるだけ摂取しておきたい準必須アミノ酸となります。

また「グルタミン酸」も多くの「非必須アミノ酸」を体内でつくりだすので、食品(魚介類・海藻類など)からしっかり摂取しておきたいアミノ酸です。

アミノ酸の働き・効果/効能

身体をつくるアミノ酸には、大きく分けて2つの働きがあります。
免疫力の向上・ダイエット・疲労回復・二日酔いの予防といった健康に関する効果、スキンケア・美髪づくりといった美容に関する効果です。

ここではそれらについて細かく説明していますので参考にしてくださいね。

① 免疫力を高める

アミノ酸には人間の身体の中にある免疫システムを、正常な状態に修復する効果があります。

体内にあるグルタミン・ヒスチジン・アルギニンといったアミノ酸の働きを強化することによって、免疫力を高め、病気にかかりにくい身体づくりに役立ちます。

② スキンケア

潤いのある美しい肌をつくる・肌の老化を防ぐなど、アミノ酸にはキレイな肌をつくり、それを保つ効果があります。

チロシン・セリン・アスパラギンといったアミノ酸は、新鮮な細胞をつくることで、新陳代謝を促します。
また保湿・肌の老化防止のほかにも、シミ・そばかす・肌荒れを防ぐ、くすみを取るなど女性にとって嬉しい効果があることもアミノ酸の特長です。

③ ダイエット

アミノ酸の中には、アルギニン・プロリン・アラニン・リジンなど、体脂肪を燃焼させる・体内に溜まった余分な水分を排出する働きのあるものが含まれるため、ダイエットに効果があります。

またアミノ酸はたんぱく質を生成するため、筋肉を作るのにも役立ちます。
筋肉を付けることで脂肪が燃焼しやすい身体になるため、体型を維持するのにも必要な成分です。

ただここで注意したいのは、アミノ酸を摂るだけではダイエットにつながらないということ。
あくまでも筋トレ・有酸素運動などを適度に行い、アミノ酸を摂取してくださいね。

④ 疲労回復

運動・仕事などで溜まった疲労の回復に役立つことも、アミノ酸の特長です。

ただアミノ酸が少なくなると疲れが溜まりやすくなるので、疲れが抜けにくい・運動して疲れやすくなったという方はアミノ酸を摂取することも大切です。

⑤ キレイな髪をつくる

器官や部位など人間の身体をつくるために必要な成分であるアミノ酸は、キレイな髪をつくるのに役立ちます。

髪の艶を保つのに必要なキューティクルが十分に作られるよう、毛母細胞に働きかけるため、美髪づくりやそれを保つためにアミノ酸は必要となります。

⑥ 二日酔いの予防

アミノ酸をしっかり摂ることによって、二日酔いの予防に役立ちます。

肝臓でできたアセトアルデヒドが体内に停滞することで二日酔いの症状が起こります。
アミノ酸はアルコールを分解する効率を上げる働きがある、アセトアルデヒドが体内に停滞するのを防ぐことが可能です。

一日の摂取推奨量

【成人男性】一日60グラム
【成人女性】一日50グラム

※成長期(15~17歳くらい)の男女は、プラス5グラムが摂取推奨量

アミノ酸を含む食べ物

合計20種類存在するアミノ酸の中で、エネルギーの代謝・脂肪の代謝・免疫力の向上などに効果のあるアミノ酸が多く含まれた食品を中心にご紹介します。

エネルギーの代謝に役立つアミノ酸

【アミノ酸の名前】
バリン・ロイシン・イソロイシン・アルギニン

【多く含まれる食品】
〇魚介類
まぐろの赤身
かつお
あじ
サンマ

〇肉類
鶏むね肉
鶏もも肉

〇大豆製品
納豆
木綿豆腐

〇卵類

脂肪の代謝(ダイエット)に役立つアミノ酸

【アミノ酸の名前】
リシン・プロリン・アラニン・メチオニン・アルギニン

【多く含まれる食品】
〇魚介類
煮干し
鰹節

〇乳製品
粉乳(脱脂粉乳)
プロセスチーズ
ナチュラルチーズ(チェダー)

〇大豆製品
大豆
納豆
豆腐

免疫力向上に役立つアミノ酸

【アミノ酸の名前】
アルギニン・グルタミン

【多く含まれる食品】
〇魚介類
牡蠣

〇肉類
鶏もも肉

〇卵類
卵黄

リラックス・集中力を高めるのに役立つアミノ酸

【アミノ酸の名前】
トリプトファン・チロシン

【多く含まれる食品】
〇魚介類
煮干し

〇米類

〇穀類
パン

〇油脂類
ごま

〇大豆食品

〇乳製品
チーズ
牛乳

アミノ酸が欠乏しやすい人

食生活が偏っている人

アミノ酸は普段の食事の中で必要な分だけ摂取できますが、その方法が間違っていると欠乏することも多くなります。

主に
・肉中心で野菜や魚を食べないといった偏った食生活
・過度なダイエットで栄養を摂らない
といったことが原因となります。

スポーツをする人

激しい運動をすることによって筋肉が破壊され、それを補うためにアミノ酸が大量に消費されます。

年齢が高い人

加齢によって体内にあるアミノ酸が失われます。

アミノ酸欠乏時に起こりうる症状・病気

肌荒れ

肌の保湿に役立つアミノ酸ですが、不足することによって肌に水分が足りなくなり、肌荒れの原因となります。

精神的に不安定な状態を引き起こす

アミノ酸が欠乏することによって、しっかりとした睡眠を取れなくなります。
それが原因でリラックスができなくなり、精神的に不安定な状態を引き起こすこともあります。

疲れが溜まりやすくなる

疲労回復に役立つアミノ酸ですが、不足することによって疲れが抜けにくくなります。

アミノ酸の過剰摂取で起こりうる症状・病気

肝臓や腎臓への負担

アミノ酸は体内で分解されると、窒素となり、アンモニアとして代謝されます。
しかし過剰に摂取すると、窒素を処理する肝臓や腎臓に負担がかかります。

肥満

運動をほとんどしない・運動量以上に見合わないほど大量のアミノ酸を摂取すると、逆に脂肪が溜まり、肥満になる恐れもあります。

3.【おすすめアミノ酸サプリメント10選】

ここでは美容・ダイエットに役立つなど、女性にオススメなものを中心に10種類のアミノ酸サプリをご紹介しますので参考にしてくださいね。

アミノ酸をしっかり摂れるサプリ

肥後すっぽんもろみ酢(ゆめや ミーロード)

黒酢の約312倍ものアミノ酸が含まれています。

【内容量】30粒
【服用量】一日1粒
【特徴】コラーゲン・亜鉛・ビタミンB6などの様々な成分が配合。
【価格】3,400円前後

アミノパーフェクト トータルサポート(ヤクルト)

必須アミノ酸・非必須アミノ酸の20種類がすべて配合されているので、これだけで十分な量のアミノ酸を摂取できます。

【内容量】420粒(14粒×30袋)
【服用量】一日1~2粒
【一日分のアミノ酸摂取量】5g ※総アミノ酸量
【特徴】バリン・ロイシン・イソロイシンなど20種類のアミノ酸が配合。
【価格】2,160円前後

ダイエットにオススメのアミノ酸サプリ

バランスアミノ酸(オーガランド)

運動をするときの脂肪燃焼に役立つ必須アミノ酸をバランス良く配合したサプリです。

【内容量】90粒(約1ヵ月分)
【服用量】一日3~5粒
【特徴】バリン・ロイシン・イソロイシンなどの必須アミノ酸を配合。
【価格】540円前後

アミノボディ・ダイエット(オリヒロ)

リジン・アラニン・アルギニンなどの燃焼系アミノ酸を配合しているため、ダイエットに役立ちます。

【内容量】約300粒
【服用量】一日12粒
【一日分のアミノ酸摂取量】2.3g ※20種類アミノ酸の合計
【特徴】9種類の必須アミノ酸を含め、20種類すべてのアミノ酸を配合。
【価格】1,282円前後

多くの栄養素が含まれたアミノ酸サプリ

ディアナチュラ アミノマルチビタミン&ミネラル(アサヒヘルスアンドフーズ)

9種類の必須アミノ酸を含んだ18種類のアミノ酸など、計39種類の栄養素が含まれたサプリです。

【内容量】150粒(50日分)
【服用量】一日3粒
【特徴】18種類のアミノ酸だけでなく、12種類のビタミン・9種類のミネラルなど数多くの成分を配合。
【価格】1,944円前後

キレイなお肌づくりに役立つサプリ

すっぽん小町(生活総合サービス)

黒酢の約91倍というすっぽんのアミノ酸を含んだサプリです。
すっぽんのコラーゲンも多く配合されているため、キレイなお肌づくりにも役立ちます。

【内容量】62粒
【服用量】一日2粒
【特徴】9種類の必須アミノ酸と、9種類の非必須アミノ酸を配合。それ以外にもビタミンE・カルシウム・DNA・EAなどが含まれる。
【価格】3,024円前後

杜のすっぽん黒酢(健康の杜)

黒酢・すっぽんという厳選素材を組み合わせており、アミノ酸が多く含まれています。
コラーゲンなどの成分も含まれ、美容効果も高いサプリです。

【内容量】62粒
【服用量】2粒
【一日分のアミノ酸摂取量】1.1g ※総アミノ酸量
【特徴】アミノ酸だけでなく、ナイアシン・ビタミンE・クエン酸などの成分も配合。
【価格】1,728円前後

飲む肌ケア(資生堂)

大手化粧品メーカー「資生堂」がつくったサプリです。
D-アミノ酸(通常のアミノ酸と同じ構造のもの)、コラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が含まれ、肌の乾燥対策など美肌づくりに役立ちます。

【内容量】60粒
【服用量】3粒
【特徴】肌の水分を逃がしにくくする、こんにゃく由来のグルコシルセラミドも配合。
【価格】1,944円前後

【番外編】水で溶かして飲む粉末タイプ

アミノフライト(ZERO BASE)

シトルリン・アルギニン・グルタミンなど8種類のアミノ酸を配合した商品です。

【内容量】120袋
【服用量】一日1~3袋
【一日分のアミノ酸摂取量】4g ※商品に含まれる8種類のアミノ酸量の合計
【特徴】アサイー・ブルーベリーの粉末が入っており、美味しく摂取することが可能。
【価格】13,350円前後

ノ・ミカタ(味の素)

しじみ160粒分のアミノ酸を配合したサプリで、二日酔いの予防にも役立ちます。
飲む前・飲んだ後どちらのタイミングで飲んでも効果があります。

【内容量】30袋
【服用量】一日1~3袋
【一日分のアミノ酸摂取量】2.8g(アラニン・グルタミン1.4gずつ) ※1袋あたり
【特徴】水やドリンクが無くてもそのまま飲める。
【価格】1,860円前後

まとめ

いかがでしたか?
今回は「アミノ酸」について紹介しました。

ここで説明したようにアミノ酸には、健康維持・スキンケアなど様々な効果があります。

魚介類・肉類・大豆製品・乳製品など様々な食品に含まれているため、バランスの良い食生活をすることでしっかり摂れることも特長です。
特に必須アミノ酸は体内で作れないので、食品やサプリでしっかり補ってくださいね。

関連記事

【BCAA:運動をする人にオススメの成分】脂肪燃焼効果も!

【タウリン:人体に必要な必須アミノ酸】疲れ目改善にも効果的!

【亜鉛:体内で作れないミネラル】亜鉛の必要性+おすすめサプリもご紹介!

【オルニチン:肝臓を正常に保つ栄養素】疲労回復にも効果あり!

【EPA:血液を健康に保つ栄養素】ドライアイ対策にも効果あり

【栄養補助食品バー・ブロックタイプ10選】特徴別に紹介!