膣ナラでムードが台無しに・・。

ペンネーム:濡れせんべい さん(26歳 / 商社)

どうも、こんにちは。

この前いい感じになった女性と、勢いでホテルに行ってきました。

自分は普段商社に勤めていて、その日は出張で地方に行っていたんです。
夜ご飯に地方の味を楽しみたいということになり、その時は出張先の居酒屋で飲むことになりました。

そしたら隣にノリのいい2組の女性がいたので、流れで同期と一緒にナンパすることに。というか、女性の方から声をかけてきたので、相席で一緒に飲んでたんですけどね。

自分と同期のタイプは正反対です。
だから同期は同期で、自分とは別の女性をそれぞれお持ち帰りする気満々で飲んでいました。

自分の相手の女性はというと、ルックスはどちらかと言えば可愛い系かな。年齢よりも若く見えるロリ顔タイプですね。あぁ、あの元AKBの前○敦子みたいな?
あの顔をもう少し幼くした、自分的にはドンピシャなタイプでした。

ただ彼女、体型もまたよくて細いのにFカップもあるんです!!
顔が幼いだけにそのギャップがもう堪らなくエロかったですね。

お酒もそこそこ進み、同期にアイコンタクトを送って彼女と二次会のカラオケに行きました。ノリがいいだけあって、もう歌というよりかはカラオケに着いた頃にはチュッチュしてましたね。

そんな状況だったし、時間はまだだけどもうホテルに行こう!となって近くのラブホへレッツゴー!

ラブホに着くやいなや、彼女からの濃厚なディープキスですよ。カラオケでずっと我慢してたのが爆発したもんですから、お互いシャワーも浴びずにエッチを開始。

彼女はなんといってもFカップですからね~、手に余るほどのオッパイを揉みまくりました。

ただ、お酒も入っていたしそれまで我慢してたのもあるから、早く挿入したくてしたくて。
愛撫もそこそこにすぐに挿れました!
普段はちゃんと愛撫するんですけどね、まぁ~一夜限りってこんなもんですよね(笑)

始めは正常位でオッパイの揺れを楽しんでいましたが、自分はバックが好きなので。
1回イカせてからバックへと体制を変える事に。

もしかしたら、体制がダメだったんでしょうか・・。
もう思い出すだけで萎えそうです。

彼女が四つん這いになり、バックの体制は準備万端。

そしていざ、挿入~っと思った瞬間、マンコから空気がブブブーッ!

その音がもうおならよりも酷いのなんのって。
さっきまであんなに喘いでいた彼女も、気まずさから若干マグロ状態になっちゃうし。

なんとか誤魔化そうと、気にしないフリをしてそのまま続行ですよ!

でも最初は我慢してピストンしてたんですけど、突く度にブッ!ブッ!ってなるんです・・。

だからさすがにムスコの方が我慢できなくなっちゃったみたいですね。
あれほどギンギンだったムスコも、ついにふにゃふにゃ~っと。

ただ、そこで諦める自分ではありません、そこにマンコがある限り頑張ります。

だからそのままピストンし続けましたよ、男の意地の為にも!

っとまぁ、ここで止めるとまた気まずくなる~っていう焦りが一番でしたけどね。あのなんとも言えない雰囲気が最悪すぎて(笑)

でもそれが余計にダメだったようで・・。

追い打ちをかけるようにピストン中、スポンって抜けちゃいました(笑)

あのマンぺ?膣ナラとも言うんですかね。

なんでだろう~、自慢じゃないけど特別自分のムスコが小さい訳でもないんです、むしろ大きい方で。だからこそ膣ナラが鳴るのって、女性のマンコがユルユルのせいじゃないですか。

そう思うと逆になんだか申し訳なくなってきて・・。

膣ナラが鳴ると自分だけじゃなく、女性も恥ずかしいでしょうし。せっかくのエッチな雰囲気がほんと台無しになります。

それにやっぱりユルユルマンコだと、挿れた瞬間「ゲッ!」って思うのも男の本音ですよね。

どれだけ遊んできたんだろって想像してしまうから余計萎えるし。まぁ、自分も経験人数が多いし、人のことは言っちゃダメなんだろうけど。でもやっぱり女性の経験人数が多いのは、男は引きますよね・・っというかドン引きです。

逆に挿れた時のマンコがキツかったら、テンションも上がるし、それこそ気持ちよさも全然違ってきます。

やっぱりユルユルマンコだと、気持ちよくないんですよね~挿れてても。女性側はどうかはわかりませんけど、男は間違いなく気持ちよくないです。

これを100人に聞いても、100人が気持ちよくない!と答える自信ありますね。

やっぱりどれだけ可愛いくても、マンコのキツキツが一番です・・。

関連記事

マンコが臭い先輩のせいでクンニができなくなった

部屋に行ったら化粧品臭が充満していて最悪だった!

口の臭い女とのキスは地獄だ

アソコの匂いがキツイ女性には、絶対クンニしない!

意識が高いのはいいけど、意識高すぎ女子はちょっとぉ…

濡れてなきゃ冷めちゃうじゃん…。