【バストアップ完全網羅】基本~効果的な方法まで!

あなたは「胸が小さい」ことで悩んでいますか?

もしも悩んでいるのなら、それは、あなただけの悩みではありません。
実に、約4割の女性が「胸が小さい」ことで悩んでいて、バストのお悩みランキングでも必ず1位になります。

「私のお母さんもおばあちゃんも胸が小さかったから、私の胸が小さいのも仕方がない…」

そんな風に諦めていませんか?そんなに落ち込む必要はありません。
実は、バストサイズを決める遺伝的要素は、たったの30%だと言われているのです。
ということは、あと7割は、自分次第でカバーできるということです。
胸を大きくすることのメリットはたくさんあります!

・スタイルがよく見える
・いろいろなファッションを楽しめる
・水着が似合うようになる
・男性の注目を浴びる
・自分に自信が持てる

胸が大きくなると、人生が大きく変わるんです!

「じゃあ、どうすれば胸は大きくなるの?」
方法はいたってシンプルなんです。

≪目次≫
・バストアップで大切なことは4つ!
・今話題の「育乳ブラ」で簡単即効バストアップ!
・女性ホルモンの分泌がバストアップの秘訣

[項目]―バストアップの方法―
①バストアップのために「よく食べる」
 ・効果的食べ物・NG食べ物
②バストアップのために「よく寝る」
 ・質のいい睡眠を取るために
③バストアップのために「よく動く」
 ・普段の日常での運動
 ・簡単エクササイズ
 ・簡単筋トレ
④バストアップのために恋をする
 ・神経物質ドーパミンについて

・バストアップにもう一つだけ欠かせない「正しい姿勢」
・余裕があったら、バストアップのためにやりたいこと
・まとめ

バストアップで大切なことは4つ!

1.よく食べる

2.よく寝る

3.よく動く

4.恋をする

ただ、これだけなんです。まるで中高生のようでしょう?この生活がバストアップに効果的なんです。要するに「不規則な生活を送ってはダメ!」ということです。
ちょっと、答えがぼんやりしてますよね?あとで詳しく説明しますね。

「でも、バストアップって時間がかかるもんでしょ?」
そう思う方も当然多いでしょう。
確かに、バストアップには、時間がかかります。残念ながら、今日、明日で大きくなることはありません。

でも、まずはチャレンジして欲しい「見た目が大きいバストにすぐに変わる方法」があるんです!
それは、今話題の「育乳ブラ」 です!

今話題の「育乳ブラ」で簡単即効バストアップ!

最近、「育乳ブラ」がテレビで取り上げられ、愛用している芸能人も多く、人気になっています。ある女性タレントは、「育乳ブラ」のおかげで、カップがA→Cになったと告白したほどです。手に入れるのに3か月待ちの育乳ブラもあるそうです。

【育乳ブラとは】
「育乳」とは「バストを育てる」ことです。そして、育乳ブラとは、装着してバストアップ効果が期待できるブラジャーのことです。
しくみとしては、脇・二の腕・背中に流れてしまうお肉を、バストに戻して留め、同時に、バストの形をきれいにします。
同様に「ナイトブラ」という補正ブラジャーがありますが、「育乳ブラ」は、脂肪をバストに収めて補正するというプラスの機能があります。
寝るときには、窮屈でブラを付けない女性も多いと思いますが、「育乳ブラ」は不快感を感じないような設計で寝やすいと評判です。

【ナイトブラと育乳ブラの機能の違い】
ナイトブラ:横になった時、バストの左右の横流れを防ぐ
育乳ブラ :横になった時、胸の脂肪が前後左右に流れるのを防ぐ

【育乳ブラの利点】
・寝ている間に、きれいで大きな胸ができる
・補正下着なのに、着け心地がいい
・バスト周りのシルエットも美しくなる
育乳ブラは、寝ている間に、「大きい」「きれいな」胸の形を、今の胸に無理なく覚えさせることができるんです。

【人気の育乳ブラ下着メーカー「ブラデリス・ニューヨーク」】
「育乳ブラ」で一番人気のメーカーが「ブラデリス・ニューヨーク」です。
人気の理由は、
・洗練されたデザイン、可愛いデザインの下着
・3ステップでしっかりバストアップ
・実店舗では、一人一人にカルテが作られ、定期的なチェックやお直しが無料

【バストアップまでの3ステップ】
STEP1 幅広ワイヤーのブラジャーで胸の下側のふくらみを作る
STEP2 バスト周りのお肉を中央に寄せる
STEP3 持ち上げ効果の高いブラジャーで高さと形を作る

この3ステップで、わずかな短時間できれいにバストアップができます。
実際に、育乳ブラの着け方を紹介している動画がありますが、モデル女性のバストは、着ける前と後では、はっきり分かるほどバストアップしています!

「育乳ブラ」とは、
胸周りのお肉を寄せ集めて、大きな胸を作るということではなく、
「もともと胸にあった脂肪が脇や背中に流れてしまったから、本来のあるべき位置に戻す」
という考えです!
「育乳ブラ」で、まずは外面から大きなバストを作り上げて、次に内面から大きなバストを作っていきましょう。

ここで、思い出してください。

【バストアップの方法】
1.よく食べる
2.よく寝る
3.よく動く
4.恋をする

なぜ、この4つの方法がバストアップにいいのでしょうか?
答えは「女性ホルモン」の分泌を活発にするからなんです。

女性ホルモンの分泌がバストアップの秘訣

バストを含め、女性らしさを作り上げる上で重要なのが、「女性ホルモン」です。
女性ホルモンは、二種類あります。

―女性ホルモン―
① エストロゲン(卵黄ホルモン):女性らしい体を作る
② プロゲステン(黄体ホルモン):生理周期・妊娠に働く

バストアップに働きかけるのは、①の「エストロゲン」です。
このエストロゲンの分泌を妨げてしまったら、バストアップは望めないんです。

女性ホルモン(エストロゲン)は胸を大きくする!

女性ホルモンのエストロゲンは、バストアップに欠かせない「乳腺」を発達させます。
バストは、脂肪と乳腺で成り立っています。そして、脂肪が90%です。当然、バストを大きくするには、脂肪を増やせばいいわけですが、脂肪は乳腺を守るクッションとして存在します。そのため、乳腺を守らない不要な脂肪を付けることはできないのです。
ならば、脂肪を増やすというより、乳腺を発達させれば、自然と脂肪が付いてくるということになります。

エストロゲンは、女性の全ての美を作る!

女性ホルモンのエストロゲンは、バストアップ以外の効果もたくさんあります。
・肌のハリ、潤いを作る
・髪のコシ、ツヤを作る
・骨を丈夫にする
・自立神経を安定させる

裏を返すと、エストロゲンが減少したら、上記とは真逆のことが起きるのです。肌はボロボロ、髪はパサパサ、抜け毛が増えて、骨粗しょう症にかかりやすくなって、胸はハリがなくなり垂れてきて、自律神経が乱れて…と、怖くてこれ以上書けません。
つまり、エストロゲンの分泌が減ると、すべての「女性らしさ」に影響が出てくるのです。
エストロゲンを安定的に分泌させることは、バストアップだけではなく、髪・肌・骨・自律神経にもいいってことですよ?一石二鳥どころか、「一石五鳥」ではないですか!

「でも女性ホルモンって、10代の成長期に一番出るんじゃないの?」
「今からバストアップを頑張っても遅いんじゃないの?」

いいえ、そんなことはありませんよ。うふふ。

女性のバストアップは、20代~30代前半が旬!

実は、「美のホルモン」と呼ばれる「エストロゲン」の分泌のピークは、20代半ば~30代前半なんです。
そして、女性ホルモンの分泌は、30代後半から徐々に低下していきます。
ここで、おのずとバストケアの計画が立つわけです。

[20代~30代前半] バストアップ
[30代後半以降]  バストの維持

年齢によって女性ホルモンの分泌が低下していくのは、女性にとってはうれしくない事実かもしれません。でも、女性ホルモンの今後の動きを理解しておくことで、具体的な計画・期間が決まります。30代までは、バストアップの対策をしっかりして、体型の変化が気になり始める40代以降は、それまでに作り上げたバストの維持に努めていきましょう。

では、やっとここから本題の、バストアップのための「食べる・寝る・動く・恋する」の説明に入っていきましょう!
疲れちゃいました?少しティーブレイクしてから、下を読み進めてもOKですよ♪

1.バストアップのために「よく食べる」

「これを食べればバストアップできる!」という特別な食事はありません。
しかしながら、栄養バランスの取れた食事を取らずして、バストアップはありえません。毎日の栄養管理が、バストアップに繋がるのです。
「毎日の栄養管理をするより、バストアップのサプリや健康食品を飲んだ方が楽だよね。」と思う方もいるでしょう。
では、バストアップサプリ・健康食品について考えましょう。

バストアップサプリ・健康食品について

「バストアップサプリ・健康食品」が複数存在しますが、服用後に、嘔吐・腹痛・下痢・じんましん・生理不順などの症状が報告されています。そのようなサプリにより、ホルモンバランスが崩れてしまう方がいるようです。
サプリや健康食品に頼る前に、バストアップに有効な食べ物・栄養素を理解して、まずはバランスのいい食事を基本にしましょう。

バストアップする食べ物

~バストアップ食べ物について一言~
[和食中心]で[魚]と[大豆製品]をよく食べて、居酒屋で男子に文句を言われても[アボガドサラダ]を注文しちゃえば、これだけでバストアップ!

ーバストアップする食べ物ー

① 納豆・豆腐・油あげ・味噌・豆乳
「大豆イソフラボン」が女性ホルモン「エストロゲン」と同じ働きをする
「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。特に、納豆や味噌は発酵食品なので、バストアップ以外の目的であっても、他の健康にいいですよね。

② アーモンド・植物油・かぼちゃ
「ビタミンE」が女性ホルモンのバランスを整える
ビタミンEは、さらに抗酸化作用があるので、体内の脂質の酸化を防ぎます。アンチエイジングや生活習慣病にも期待できます。

③ 鶏肉・レバー・魚類(まぐろ・さけ・さんま・かつお)
「ビタミンB6」女性ホルモンのバランスを整える
ビタミンEは、食品のたんぱく質からエネルギーを作ります。たんぱく質は女性ホルモンの材料にもなるので、積極的に取りたい食品です。

④ アボガド
→ 女性ホルモンのバランスを維持する
アボガドには、女性ホルモンに必要なたくさんの種類の栄養が入っています。女性はアボガドが好きな人が多いですよね。居酒屋で「アボガドサラダ」を頼むのは、いいことなんですよ。

【避けるべきバストアップNGの食べ物】

女性ホルモンのバランスを崩す食品も存在します。NG食品を日頃から食べている方は、注意が必要です。

①「インスタント食品」
カップラーメンなどのインスタント食品は、化学調味料が多く、ミネラル不足となります。

②「冷えた食品、飲み物の取りすぎ」
アイスクリームや冷たい飲料を取りすぎて、体を冷やすと、自律神経に支障をきたしホルモンバランスを崩します。最近では、コンビニなどで飲料の常温販売もされていますので、上手に利用したいですね。

編集部オススメ!バストアップ食べ物「甘酒豆乳」

実は「米こうじ甘酒」×「豆乳」の組み合わせは、バストアップに最強なのです。

① 「飲む点滴」と言われる甘酒の効果はすごい!
※「酒粕」ではなく「米こうじ」の甘酒です。
[栄養豊富]アミノ産・ビタミンB群・ミネラル豊富
[美容効果]ビタミンB群が豊富で、新陳代謝がアップ!美肌効果
[便秘予防・解消]食物繊維・オリゴ糖が豊富で腸内環境を整える

②「豆乳」の大豆イソフラボンは女性の味方!
[バストアップ・美容効果]大豆イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働き
[抗酸化作用]老化を防ぐ
[ダイエット効果]大豆タンパク質が体脂肪の燃焼を促進

甘酒も豆乳もスーパーで簡単に購入できるので、ぜひ続けてみてください!

[スキップOKコラム]大豆イソフラボンって?

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造をしているので、エストロゲンに似た働きをすると言われています。しかし、最近の研究で、腸内で大豆イソフラボンが「エクオール」という物質に変換され、その「エクオール」が「エストロゲン」に似た働きをするということが分かりました。大豆食品を食べる頻度によって、このエクオールの生成に差が出ます。「大豆製品を毎日食べる人」は、「大豆製品をあまり食べない人」の2倍の生成量になるそうです。やっぱり大豆製品を意識して毎日食べたほうがよさそうですね。

2.バストアップのために「よく寝る」

生理前に、異常に眠くなったり、逆に寝付きが悪くなったりすることがよくありますが、生理が終わったらぐっすり眠れるようになることがありませんか?なぜならが、女性ホルモンと睡眠は密接に影響しているからです。
睡眠不足になると、視床下部や下垂体が正常に機能しなくなり、女性のホルモンの分泌に影響します。「質」のいい睡眠を、しっかり取らなければいけません。

~バストアップ睡眠について一言~
[午後はノンカフェイン]で、お風呂は[ぬるま湯]につかって、[寝る前はスマホいじらない]だけでバストアップ!

―バストアップのための睡眠をとるにはー

【午後以降】
・コーヒー(カフェイン)を避ける
実は、コーヒーのカフェインによる覚醒作用は、6時間以上と影響が長引きます。カフェインが体内に残ったまま眠ると、寝付くまでに時間がかかり、さらに睡眠時間が短くなります。睡眠不足のまま、朝を迎え、午後に眠気の襲われてコーヒーをガブ飲みして、また夜寝れなくなる…という悪循環に陥ります。

【入浴】
・シャワーだけで済まさず、湯船につかる
・お風呂のお湯の温度は、38℃~40℃のぬるま湯で
入浴をすると、深部体温(体の内部温度)が上がります。入浴後には、深部体温が急激に下がります。(いわゆるこれが湯冷めです。)このように、「深部体温を上げて下げる」ということが、質の高い睡眠を取るコツです。シャワーだけだと、深部体温が上がらず、寝付きが悪くなります。
また、あまり熱いお湯につかると、神経が興奮し寝付きにくくなります。

【寝る2時間前】
・スマホ、テレビ、パソコンは見ない
みなさん、「ブルーライト」という言葉はご存知ですよね?ブルーライトは、太陽の光に含まれ、また、LEDディスプレイの機器から出る光にも含まれます。このブルーライトを浴びると、脳は「朝だ」と判断し、メラトニン(睡眠を促すホルモン)の分泌が抑制されます。ブルーライトを浴びる量が少なくなっていくと、脳は「夜だ」と判断してメラトニンの分泌が活発になり、質のいい睡眠に繋がるのです。

【起床】
・いつも決まった時間に起きる
休日は、平日より遅く起きがちです。寝だめすると体内時計が狂い、朝の目覚めが悪くなります。休日の睡眠時間は、多くても平日より2時間以内に抑えましょう。

【質のいい睡眠をするためのもう一押し】
・寝る前に10分間ストレッチをする
寝る前のストレッチは、寝つきの時間が大幅に早くなり、睡眠の質が上がり、体を回復させる効果があります。また、代謝がアップするので、寝ながらにして脂肪を燃焼させるといううれしい効果もあります。

[スキップOKコラム]埼玉の女性のバストが平均Aカップの理由

埼玉県女性の平均バストのサイズが「Aカップ」だって、みなさん知ってましたか?
しかも、全国都道府県の中で、埼玉県だけがAカップで、他の地域はBカップ以上だったのです。
ここで「埼玉県の女子校正にまつわるランキング」を見ていきましょう。

・塾、予備校費 全国1位
・通学時間の長さ 全国2位
・自宅での勉強時間 全国4位
・女子高生の睡眠時間 最下位

みなさんは、上記のランキングが、埼玉県女性のバストの大きさに影響していると思いますか?睡眠不足が、女性ホルモンの分泌を阻害し、乳腺の成長に影響した結果なのかもしれませんね。「寝る子は育つ」ってホントなんですね。

3.バストアップのために「よく動く」

「忙しくて、運動する時間がない!」
「運動嫌いだから、動くのは嫌!」

そんな方も多いのではないでしょうか?でも安心してください。バストアップに必要なのは、過度な運動ではなく、適度に「体を動かす」ということです。

先に書いた通り、胸は9割が脂肪です。過度な運動は、かえって脂肪を落としてしまい、胸が小さくなります。女性は脂肪のない体を理想にしがちですが、脂肪のない体と脂質のない生活は、女性ホルモンの分泌を阻害してしまいます。

適度に体を動かすことで、新陳代謝が高まり、血行がよくなり、女性ホルモンの分泌が高まるので、バストアップに繋がるのです。

~バストアップ適度運動について一言~
通勤・通学時に[自宅から駅まで歩いて]、寝る前に[肩甲骨をぐるぐる回して]、[合掌ポーズで手のひら合わせれば]、これだけでバストアップ!

―バストアップのための理想的な適度な運動―

① ウォーキング(一日15分~20分程度)

有酸素運動は、血液循環を活発にし、栄養をバストに届けることができ、また、女性ホルモンの分泌を促すことができるので、バストアップに効果的です。しかしながら、やりすぎは、脂肪が落ちるのでNGです。

「そんなに歩く時間はないわ」

いえいえ、みなさんは、すでに一日15分~20分のウォーキングはされているんじゃないですか!通勤や通学時に、自宅~駅~勤務先・学校まで、ほぼ毎日歩いているでしょう?
通勤・通学時間が短い方は、少し遠回りしたり、階段を使ったして、ウォーキング時間を延ばしてみましょう。それで十分です。

② バストアップエクササイズ

バストアップエクササイズとは、ずばり「肩甲骨」周りのストレッチです。
理由は三つあります。
・女性ホルモンの分泌促進
・血行、代謝良くなる
・姿勢がよくなり、バストが上がる

肩甲骨周りの筋肉が固いと自然と猫背になり、バストが実際の大きさより小さく見えてしまいます。
寝る前に、「肩甲骨」周りのストレッチを取り入れましょう。すると「快眠」「肩こり、首のこりをほぐせる」など他のメリットもあります。
「肩甲骨はがし」などのストレッチが効果的なので、たくさんのWEBサイトなどで方法が紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

③ バストアップ筋トレ

バストアップに重要な筋肉が「大胸筋」です。バストの土台となる筋肉なので、この筋肉が弱いと、バストを支えきれなくなり、バストが垂れ下がります。
「大胸筋を鍛えるなんて、すごいハードな筋トレなんでしょ?」って思っちゃいますよね。

「筋トレ」といっても「バストアップ筋トレ」は、全くハードではありません。
ジムでやるような筋トレでもなければ、ボディービルダーがやるような筋トレでもありません。
やるのは「合掌筋トレ」のただ一つです。胸の前で、両手を「合掌」のように合わせて、そのまま左右の手の平を押し合うだけです。これを、1セット15秒×3セットするだけです。簡単でしょう?

4.バストアップのために「恋をする」

~バストアップ恋愛について一言~
[彼氏がいるだけで]バストアップ!彼氏がいなくても[好きな人のことを考えるだけで]バストアップ!好きな人がいなくても、[好きなジャニーズタレントや俳優を思うだけで]バストアップ!

でも、なぜ恋をすれば、バストアップになるのでしょう?
それは、「ドーパミン」という神経の物質が関係しています。

【ドーパミンとは?】
「ドーパミン」って聞いたことがありますよね?ドーパミンとは、外から受けた刺激を神経細胞に伝える神経伝達物質で、「快感」や「やる気」という感情に大きく影響します。その快感を脳が覚えることによって、「もう一度その快感を味わいたい!」と思って、それが「やる気」や「意欲」に繋がるというわけです。
実は、この「ドーパミン」と女性ホルモン「エストロゲン」は、密接に関係しているのです。ドーパミンは、エストロゲンの分泌を指令する視床下部を通るので、エストロゲンにいい刺激を与えます。
また、ドーパミンが出ることによって、ストレスが和らぎます。ストレスは、エストロゲンの大敵ですから、ドーパミンがエストロゲンの分泌を助けるとも言えます。

【ドーパミンを出す方法】
ドーパミンを出す方法は様々あって「褒められる」「達成感」「笑う」ことなどです。
つまりは、「褒められたとき」「うれしいとき」「楽しいとき」にドーパミンが出るのです。だから「恋愛」が、ドーパミンを出す一番効果的な方法なのです。
彼氏に、ファッションを「褒められたり」、好きだって言われて「うれしかったり」、デートで「楽しんだり」、恋愛はドーパミン分泌のチャンスがたくさんあるんです。
つまり、彼氏や好きな人がいることで女性ホルモンの分泌が安定するのです。
「彼氏に胸を揉んでもらうと、胸が大きくなる」ということを聞いたことがある人は、多いのではないでしょうか?自分で胸を揉むよりも、彼氏に胸を揉んでもらう方が効果的なのは、やはり女性ホルモンのエストロゲンの分泌が活発になるからです。
「性的興奮」×「女性ホルモン」は、バストアップだけでなく、美しい女性になれる最強の組み合わせなのです。

「でも、私は彼氏がいないの!」

彼氏がいない人は、バストアップに不利だと思うかもしれませんよね?そんなことはありません。好きな人がいる人は、その人を思うだけでも、女性ホルモンの分泌は促進されます。好きな人がいなければ、好きなタレント・俳優を思うだけで、女性ホルモンが分泌されます。

バストアップにもう一つだけ欠かせない「正しい姿勢」

実はバストアップに、「正しい姿勢」は欠かせません。
姿勢が悪いと、血行不良や、代謝が悪くなり、バストアップに悪影響です。
胸が大きくても、猫背だとあごや首が出て、胸が後ろに下がるので胸が協調されず小さく見えます。

【正しい姿勢】
「後頭部」「肩」「お尻」「ふくらはぎ」「かかと」の5か所が、壁に付く状態です。
それをキープしましょう。

また、椅子に座るときも、椅子に深く座り、腰から背中をまっすぐにするように心がけましょう。正しい姿勢で自然と座れるための「骨盤矯正クッション」もあります。特に日頃から椅子に座ることが多い仕事の方は、そういったクッションを使用すると、無理なくいい姿勢が保てます。

余裕があったら、バストアップのためにやりたいこと

1.バストアップ「マッサージ」
「バストアップマッサージってほんとに効くの?」
って思う方も多いと思います。
マッサージ効果も個人差があるようですが、理屈から言うと、効果が出る根拠はあります。
胸だけではなく、全身においてマッサージをすると、血行がよくなり、血流の流れが活発になります。その血の流れによって、栄養が運ばれやすくなります。
ならば、胸だって同じことが言えます。胸にマッサージを施すことで、「栄養」「女性ホルモン」が行き渡って、バストアップにつながります。
しかし、胸に送る栄養がなければ、意味がありません。ということは、やはり栄養管理は怠ってはいけないということになります。

先に言ったように、「通勤・通学で歩く」「肩甲骨中心のエクササイズ・ストレッチ」「寝る前のエクササイズ・ストレッチ」「バストアップ筋トレ」を日頃からしていれば、血行がよくなりますので、バストアップのマッサージは、時間がなければ省いてもいいかな、とは思いますし、お風呂に入っている間だけしてもいいかもしれません。
また、マッサージと併用して使う「バストアップクリーム」がありますよね。
クチコミを見ると、効果の実感は様々なようです。
バストアップクリームを使用しながら、マッサージをしている方が多いようで、効果を実感している方は、「クリーム」による結果なのか、「マッサージ」による結果なのか、なかなか判断が難しいところです。

2.バストアップ「ツボ押し」
余裕があればツボ押しもしてみましょう。それぞれのツボを5秒×5回程度押すと効果的です。血行がよくなっている入浴中のツボ押しが効果的なので、ツボ押しも入浴時の習慣にしてもいいでしょう。

【主なバストアップに効果的なツボ4選】

① 壇中(だんちゅう)
[場所]左右の乳首を結んだ線のちょうど真ん中にあるツボ
指で押して少し痛い
[効果]女性ホルモンの働きを促す 美肌・ストレス軽減・バストアップ効果

② 天渓(てんけい)
[場所]左右の乳首を結んだ線の左右両側にあり、骨と骨の間にあるツボ
指で押して少し痛い
[効果]乳腺を発達させる 乾燥肌・肌荒れ・小じわ・たるみに効果

③ 渕腋(えんえき)
[場所]乳首から約10センチ位外側で、脇下にあるツボ 指で押して少し痛い
[効果]肌・胸にハリを出す 姿勢改善 血行促進

④ 膺窓(ようそう)
[場所]乳頭から鎖骨に向けて縦のライン上にあり、乳頭と鎖骨の真ん中にあるツボ 指で押すと痛気持ちい
[効果]乳腺の働きを促進 女性ホルモン促進 母乳の出をよくする

まとめ

背を伸ばすには、成長ホルモンの分泌が活発な10代のうちで結果が出てしまいますから、残念ながらあきらめなければいけないでしょう。

しかし、胸が大きくなるのは、女性ホルモンの分泌が活発な「20代~30代前半」です!胸の場合、「20代~30代前半」が成長期なんです!ここで諦めたら、もったいないのです。

バストアップを頑張ると同時に、他のあらゆる「女性の美」もそろっていきます。こんなおいしい話はありません。
「あきらめないで!」とある女優さんがCMで言っていましたが、ほんとにそう思うんです。今の頑張り時を逃さず、少しずつコツコツ、無理せずやっていきましょう!

関連記事

バストケア補正ブラジャー

バストケアクリーム

バストケア 効果

バストケアサプリ

バストケア 使い方