【赤ちゃんもご年配の方もみんな安心して使える】ミノン 全身シャンプー

≪目次≫
1.第一三共ヘルスケア「ミノン」ブランドについて
・「ミノン」が考える肌トラブルの原因
・「ミノン」ブランドの特徴
・「ミノン」がおススメの方、肌タイプ

2.【3つのラインナップ】第一三共ヘルスケア「ミノン 全身シャンプー」
・【混合肌向け】ミノン全身シャンプー さらっとタイプ
・【乾燥肌向け】ミノン全身シャンプー しっとりタイプ
・【体の手の平洗いに最適】ミノン全身シャンプー 泡タイプ

3.商品価格比較
(Amazon・楽天・・@cosmeショッピング・LOHACO)

4.評価・クチコミ
・評価
・クチコミ

5.関連商品
・【弱酸性石けんタイプ】ミノンスキンソープ
・【薬用石けん】ミノン薬用スキンソープ
・【保湿入浴剤】ミノン薬用保湿入浴剤
・【赤ちゃん向け】ミノンベビー全身シャンプー 泡タイプ

6.「ミノン」がおススメする体の洗い方
・【子ども~大人編】体の洗い方
・【赤ちゃん編】体の洗い方

7.まとめ

1.第一三共ヘルスケア「ミノン」ブランドについて

「ミノン」ブランドの歴史は45年以上!

1973年に化粧品アレルギーによる肌トラブルをなくす目的で作られたのが「ミノン」です。赤ちゃお年寄りまですべての年代が安心して使えるよう、3つの「Non」を条件に守り続けています。

「ミノン」の名前の由来は3つの「Non」

「ミノン」の名前の由来は、3つのことを否定する(Non)ところから来ています。
① Non Allergic(アレルギー物質を極力カットする)
② Non Toxic(低毒性)
③ Non Alkaline(アルカリ性ではない)

この3つの約束が今も商品開発の前提となっています。

「ミノン」が考える肌トラブルの原因

肌の「バリア機能」の低下

【肌のバリア機能とは】
肌表面にある角質層がうるおいを蓄えることで、肌を潤わせて、乾燥と外的刺激から肌を守る機能

肌のバリア機能が低下することによって、乾燥や外的刺激を受けやすくなり肌トラブルを起こしやすくなります。この状態になっているのが乾燥肌や敏感肌というわけです。

「乾燥スパイラル」にはまる

肌の乾燥が慢性化すると、肌トラブルが重症化する可能性もあります。

【乾燥スパイラル】
① 肌が乾燥状態になる

② 外部からの刺激を受けやすくなる

③ 肌をかく・肌に合わないスキンケアを続ける

④ 肌トラブルが重症化する

⑤ さらにバリア機能が低下する

① に戻る(負のスパイラルに・・・)

この負のスパイラルから一刻も早く抜け出さなければ、どんどん肌トラブルがひどくなっていきます。さらには、このスパイラルが続いている間も自分に合わないスキンケア対策を続けていると、逆に肌状態を悪化させる可能性があります。肌トラブルが続くようなら、今行っている洗浄、もしくはスキンケアを見直す必要があります。
そのため、「ミノン」は洗うことを見直すことが、この負のスパイラルに陥らない予防策になると考えています。

洗い残し

洗いすぎだけでなく、逆に洗い残しも肌にとってはNGです。洗浄剤の洗い残しはもちろんのこと、洗っても残りやすい油分が多い保湿剤(ワセリンなど)や外用薬(軟膏など)も洗い残しがあると、肌の刺激の原因になったり、雑菌の繁殖の原因となったりします。

熱い湯に浸かる・長時間の入浴

適度な温度の湯に、適度な時間浸かることは、血行がよくなるので身体にとって非常にいいです。しかし熱いお湯は、皮脂膜を溶かして角質層内の保湿成分が流れ出てしまうことによって、乾燥の原因となることがあります。また、入浴剤を好んで使っている方は、入浴剤の一部の温泉成分(硫黄など)が乾燥を引き起こす作用があることも知っておく必要があります。

「ミノン」ブランドの特徴

ミノンは、汚れを落としながらも肌のバリア機能を守る保湿洗浄(洗う保湿ケア)を提唱しています。

【特徴①】植物性アミノ酸系洗浄成分を配合

植物性アミノ酸系洗浄成分は、
・洗浄成分自体の刺激が弱い
・洗浄成分自体が肌と同じ弱酸性で、肌に余計な負担をかけない
という特徴があり、敏感肌、乾燥肌に向いている洗浄成分です。肌の保湿成分を適度に残しながら、も汚れを落とすのです。また、石けんカスを作りにくいので、石けんカスが肌に残りにくく、つっぱり感がありません。

【特徴②】アレルギー物質を極力カット

【特徴③】低刺激

刺激性を確認するテストを行っています。

【特徴④】弱酸性

ミノンは健康な肌と同じpH4.5~6.5の弱酸性で、洗った後も肌のpHを維持します。

「ミノン」がおススメの方・肌タイプ

敏感肌

・肌が弱い、肌トラブルを起こしやすい
・外部からの刺激を受けやすい
・皮脂トラブルも起こしやすい

乾燥肌

・肌がカサカサする、粉をふく
・お風呂あがりにつっぱり感がある

混合肌

・場所によってはカサカサ乾燥して、場所によってはニキビもできる
・皮脂や汗で肌トラブルを起こしやすい

赤ちゃん・子ども

赤ちゃんの肌は、バリア機能が未熟で肌トラブルを起こしやすいと言えます。生まれて2か月くらいは皮脂分泌が盛んに行われますが、その後は皮脂分泌が低下して肌が乾燥しやすくなるのです。また、10歳くらいまでの子どもは、
・皮脂が少ない
・角質層内の水分量が少ない
・ターンオーバーのサイクルが短い
・汗をかきやすい
など、大人に比べると肌のバリア機能が未完成の状態です。赤ちゃんと子どもは、身体を洗う洗浄成分については特に注意を払う必要があります。

ご年配の方

年齢とともに、皮脂分泌量は少なくなっていき、肌が乾燥しやすくなります。

季節や環境に肌が影響を受けやすい方

・秋、冬の時期の乾燥
・夏場の汗や皮脂、紫外線の影響

2.【3つのラインナップ】第一三共ヘルスケア「ミノン 全身シャンプー」

共通特徴

・「植物性アミノ酸系洗浄成分」配合でバリア機能を守りながら汚れを落とす
・低刺激性
・弱酸性
・アレルギーの原因物質を極力カット
・無着色
・赤ちゃん~大人まで使用可

【混合肌向け】ミノン全身シャンプー さらっとタイプ

・すねやうでなどは乾燥するが、背中やデコルテなどのべたつきが気になる方に
・にきびなどができやすい方に

個別特徴

・にきびやかみそり負けを防ぐ薬用処方
・うるおいバランスを整えるアミノ酸(グリシン、アルギニン)配合 → 整肌成分
・さわやかなグリーンティーの香り

効能

皮膚の洗浄・にきび、かみそりまけ予防・肌あれ予防・毛髪、頭皮を清浄にする・ふけ、かゆみ予防・汗臭、体臭予防・毛髪、頭皮を健やかに保つ

有効成分

グリチルリチン酸2K(抗炎症作用)

容量

本体 450ml
詰め替え 380ml

【乾燥肌向け】ミノン全身シャンプー しっとりタイプ

・カサカサ感やむずむず感、粉ふきなどが気になる方に
・お風呂上りにつっぱり感を感じやすい方に
・ひじやひざの内側がカサカサしやすい方に
・乾燥してかゆくなりやすい方に

個別特徴

・肌あれ、あれ性肌を防ぐ薬用処方
・肌に余計な負担をかけにくい
・懐かしい石けん系の香り

効能

ふけ、かゆみ防止・肌あれ防止・肌荒れ防止・皮膚、毛髪の清浄

有効成分

アラントイン(皮膚の保護)・グリチルリチン酸アンモニウム(抗炎症作用)

容量

本体 450ml
詰め替え 380ml

【体の手の平洗いに最適】ミノン全身シャンプー 泡タイプ

・乾燥肌、敏感肌が気になる方で、タオルを使わず手洗いをしたい方に
・濃密な泡で体を洗いたい方に

個別特徴

・肌あれを防ぐ薬用処方
・無香料
・お子さんにおススメ
・介護中の洗浄ケアにおススメ

効能

皮膚の洗浄・にきび、かみそりまけ防止・肌荒れ防止・毛髪、頭皮を清浄にする・ふけ、かゆみ予防・ 汗臭、体臭予防・毛髪、頭皮を健やかに保つ

有効成分

アラントイン(皮膚の保護)・グリチルリチン酸2K(抗炎症作用)

容量

本体 500ml
詰め替え 400ml

3.商品価格比較

Amazon

(2000円以上で送料無料・定期オトク便は送料無料)
・あわせ買い、まとめ買い対象商品あり
・「Amazon定期おトク便」でさらに10%割引(定期にできない場合もあり)

――ミノン全身シャンプー さらっとタイプ――
【価格(税込)】[本体450ml]1357円・[詰替380ml]831円

――ミノン全身シャンプー しっとりタイプ――
【価格(税込)】[本体450ml]1295円・[詰替380ml]775円

――ミノン全身シャンプー 泡タイプ――
【価格(税込)】[本体500ml]1428円・[詰替400ml]856円

楽天

(送料は店舗によって異なる)
・取り扱い店舗複数あり
・送料に注意
・商品価格は店舗によって異なる

≪おすすめ商品≫
・詰め替え3袋セット(送料無料の場合あり)

@cosmeショッピング

(送料は5400円以上で無料)

――ミノン全身シャンプー さらっとタイプ――
【価格(税込)】[本体450ml]1512円・[詰替380ml]756円

――ミノン全身シャンプー しっとりタイプ――
【価格(税込)】[本体450ml]1512円・[詰替380ml]756円

――ミノン全身シャンプー 泡タイプ――
【価格(税込)】[本体500ml]1512円・[詰替400ml]972円

LOHACO

(3240円以上で送料無料)
・Tポイントがたまる

――ミノン全身シャンプー さらっとタイプ――
【価格(税込)】[詰替380ml]864円

――ミノン全身シャンプー しっとりタイプ――
【価格(税込)】[本体450ml]1598円・[詰替380ml]960円

――ミノン全身シャンプー 泡タイプ――
【価格(税込)】[本体500ml]1512円・[詰替400ml]972円

※LOHACOでは、「さらっとタイプ トライアルセット(使い切り3回分)」(税込価格:194円)あり

4.評価・クチコミ

評価

【ミノン全身シャンプー しっとりタイプ】
・ベストコスメアワード ボディ洗浄料部門2017年 第3位
・@コスメ クチコミランキング 8位

【ミノン全身シャンプー 泡タイプ】
・@コスメ クチコミランキング 9位

クチコミ

・家族みんな背中がかゆくて乾燥が原因だと思いこの商品を使ったが、かゆみが改善した
・全身が洗えるシャンプーでこの価格帯はなかなかない
・冬の乾燥時期のかゆみに効果があった
・アトピー性の皮膚炎で肌が赤くなったりしていたが、この商品を使い始めて症状が全く出なくなった
・乾燥肌で、全身も頭皮もかゆかったが、この商品で大幅に改善された
・乾燥肌の1歳の娘にぴったりだった
・昔アトピーと診断された時、皮膚科の先生に紹介されたのがミノンだった

5.関連商品

「ミノン 全身シャンプー」が気に入った方には、姉妹品・関連商品もおススメですよ♪

【弱酸性石けんタイプ】ミノンスキンソープ

石けんタイプです。健康な素肌と同じ弱酸性のため、肌に余分な負担をかけません。
肌に石けんカスが残りにくく、洗いあがりもつっぱらず、しっとり感を感じることができます。

【特徴】
・アレルギーの原因物質を極力カット
・無着色
・無香料
・防腐剤無添加
・低刺激
・4つの成分で作られているシンプル処方(水を除く)

【Amazon価格(税込)】577円前後 ※あわせ買い対象
【内容量】80g

【薬用石けん】ミノン薬用スキンソープ

肌あれ防止成分を配合した、薬用石けんです。「アラントイン」「グリチルリチン酸アンモニウム」の2つの有効成分を配合します。

【特徴】
・アレルギーの原因物質を極力カット
・無着色
・無香料
・防腐剤無添加
・5つの成分で作られているシンプル処方
【効能】
・皮膚の洗浄
・にきび予防
・かみそりまけ、肌あれ予防

【Amazon価格(税込)】690円 ※あわせ買い対象
【内容量】80g

【保湿入浴剤】ミノン薬用保湿入浴剤

有効成分「グリチルリチン酸2K」を配合した保湿入浴剤です。敏感肌の方、カサカサするお肌、粉ふく症状の乾燥肌の方におススメです。
全年代の方が使えますので、家族で一緒に安心してお風呂に入ることができますね!

【特徴】
・保湿成分(アミノ酸)配合
・入浴効果を高める
・肌あれ、しっしんを和らげる薬用処方
・低刺激性
・弱酸性
・アレルギーの原因物質を極力カット
・アレルギーテスト済み
・グリーンフローラルの香り
・赤ちゃん~大人~シニア世代の方まで幅広く使える
・乳白色
【効能】荒れ性・しっしん・ひび・あかぎれ・しもやけ・冷え症・疲労回復・肩のこり・腰痛・神経痛・リウマチ・あせも・にきび・くじき・うちみ・痔・産前産後の冷え症
【Amazon価格(税込)】[本体480ml]1437円・[詰替400ml]916円

【赤ちゃん向け】ミノンベビー全身シャンプー 泡タイプ

デリケートな赤ちゃんの肌を考えて作られたシャンプーです。赤ちゃんの肌と同じ弱酸性で、保湿洗浄で、潤いを守りながらも汚れを落とします。その品質は、数々の賞を受賞するほど評価されています。特に、赤ちゃんを育てるママたちからの信頼が厚い商品です。

≪日本マザーズ協会 マザーズセレクション大賞 2015年受賞≫
一般のママたちからの応募(投票)の得票結果により選出

≪第8回 ペアレンティングアワード 受賞≫
育児誌6誌の編集長からなる委員会の審査によりノミネート

【特徴】
・100%アミノ酸系洗浄成分
・5つの成分で作られているシンプル処方
・赤ちゃんの素肌と同じ弱酸性
・うるおいを守りながら汚れを洗い落とす保湿洗浄機能
【Amazon価格(税込)】[本体350ml]856円 ※詰め替えもあり

6.「ミノン」がおススメする体の洗い方

ミノンは、商品だけでなく体の洗い方も、乾燥肌、敏感肌対策の重要なポイントとして考えています。ミノンシリーズを使用する際は、下記の体の洗い方を意識しながら洗浄するとより効果的です。

【子ども~大人編】体の洗い方

【①洗う準備】まずは泡立てよう!

始めから泡で出てくるタイプのボディソープを使うか、もしくは、液体タイプや石けんなら「泡立てネット」を使ってしっかりと泡立てましょう。

【②体を洗う】泡を体の乗せて伸ばすように洗おう

泡立てネットでできた泡を、全身に乗せて伸ばすように洗っていきましょう。肌をなでるように優しく洗うのがポイントです。
※ナイロン製のシャリシャリ感のあるタオルは避けましょう!肌のバリア機能を低下させるだけでなく、色素沈着の原因にもなります。

【③お湯の温度】お湯の温度は36~38℃が理想!高くても40℃までにしよう

お湯が熱すぎると、肌の保湿成分が流れ出やすくなり、乾燥の原因となります。

【④お風呂から出たら】タオルを肌に軽く押すようにして拭こう

タオルで体をゴシゴシ擦るようにして拭かないようにしましょう。ポイントは、肌を軽くポンポン
押すイメージで拭くことです。

【⑤入浴後の保湿剤】お風呂から出たらなるべく早めに保湿剤を塗ろう

お風呂から出たら、肌の水分が蒸発する前に、なるべく早めに保湿剤を塗りましょう!

【赤ちゃん編】体の洗い方

【①洗う準備】まずは泡立てよう!

始めから泡で出てくるタイプのボディソープを使うか、もしくは、液体タイプや石けんなら「泡立てネット」を使ってしっかりと泡立てましょう。

【②体を洗う】手で順番にやさしく洗っていこう

「顔→頭→おなか・手足→背中→おしり→股間」の順番で、よく泡立てて泡で包み込むように洗っていきましょう。「泡タイプ」の洗浄剤が便利です。

≪部位ごとの注意点≫
【わき・足の付け根】くびれ部分は汚れが残りやすいので、しっかり洗ってあげましょう。
【頭】特に「頭」は汗をかきやすいです。爪をたてないよう泡を伸ばして洗いましょう。

【③すすぎ洗い】全身を洗ったらすすぎ洗い

【④湯船でいい気持ち】あ~あ~しばしいい気持ち

【⑤お風呂から出たら】タオルで軽く押さえるように拭こう

体を軽く押さえるように、湯冷めしないようすばやく拭いてあげましょう。

【⑥最後に保湿剤】肌を守ってあげよう

最後は必ず保湿剤を塗って、肌を保護してあげよう!

7.まとめ

ミノンシリーズは、赤ちゃんや子どもを持つママたちからの信頼が非常に厚い商品です。また時間があれば、ミノンのホームページをぜひご参考ください!乾燥肌、敏感肌、身体の洗い方、肌のバリア機能についてなどなど、関係するあらゆるカテゴリについて細かく丁寧に解説してくれています。このメーカーの丁寧さもまた、ママたちからの信頼が厚いことの要因の一つとなっているのでしょうね。

関連記事

【無添加ボディソープ】ミヨシ石鹸・シャボン玉石けん・牛乳石鹸の商品をご紹介!

【ベストコスメアワード殿堂入り】牛乳石鹸共進社「バウンシア」

【洗いながらうるおい保湿】NIVEAボディウォッシュの2シリーズ紹介!

【発売から25年のロングセラー商品】Kracie「Naiveボディソープ」

【潤いを守りながら洗う】ユニリーバ「Dove(ダヴ)」シリーズ

【保湿効果が肌に残るボディソープ】ライオン「hadakara (ハダカラ)」