【体の細菌・カビ菌を殺菌して清潔に】コラージュフルフル石鹸シリーズ

≪目次≫

1. 持田ヘルスケア「コラージュフルフル石鹸」シリーズ
・商品特徴
・効果・効能
・有効成分
・通販サイト

2.菌が増殖することで人間に与える影響
・人間に常駐する主な細菌・カビ菌
・「コラージュフルフル石鹸」の有効成分はどの菌に効果があるの?
・女性の5人に1人が経験する「膣カンジダ」とは?

1.持田ヘルスケア「コラージュフルフル石鹸」シリーズ

抗カビ成分の「ミコナゾール硝酸塩」と殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」を配合した日本初のボディソープです。薬用抗菌石鹸で敏感肌の方も使用できます。
・ニオイが気になる方
・ムレが気になる方
・体のカビが気になる方
におすすめです。

【商品名】コラージュフルフル泡石鹸
【メーカー希望小売価格(税込)】[150ml]1944円・[300ml]2484円・[詰替210ml]1490円
【分類】医薬部外品

【商品名】コラージュフルフル液体石鹸
【メーカー希望小売価格(税込)】[100ml]1296円・[250ml]2700円・[詰替200ml]1728円
【分類】医薬部外品

※容器が青色とピンク色のパッケージがありますが、成分や容量は同じで中身が同じです。

商品特徴

【共通特徴】
・足や脇などのムレやすくニオイやすい部分や全身の洗浄におすすめ
・肌を清潔に保ち、洗浄、殺菌する
・敏感肌の方にも使用OK

【泡タイプの特徴】
・濃密できめ細かい泡が1プッシュで簡単に出るので、泡立てる必要なし
・均一な泡で汚れを汚れを浮き上がらせやすくする
・泡で出てくるので肌に余計な負担をかけない
・石鹸成分のすすぎ落ちが簡単

効果・効能

・皮膚の清浄、殺菌、消毒
・体臭、汗臭、ニキビ予防

有効成分

・ミコナゾール硝酸塩(抗真菌剤)
・イソプロピルメチルフェノール(殺菌)

通販サイト

【オフィシャル通販サイト】「コラージュオンライン」

・3500円以上注文で送料無料
・詰め替え商品2個セットの定期購入あり
[液体タイプ詰め替え2個セット]3456円
[泡タイプ詰め替え2個セット]2980円

【Amazon】(2000以上で送料無料・定期オトク便は送料無料)

Amazonの方がオフィシャル通販サイトより割安で買えます。

――コラージュフルフル泡石鹸――
[150ml]1940円
[300ml]2124円(ピンクは2172円)
[詰替210ml]1243円(ピンクは1312円)

2.菌が増殖することで人間に与える影響

実は、人間の肌には多くの細菌やカビ菌が常駐しています。これらの菌は、人間の汗や皮脂をエサにして急激に増殖することがあります。菌が増殖すると、皮膚の炎症や体の不快感が生じることがあるのです。その場合、殺菌などのケアを行うことが有効なのです。

人間に常駐する主な細菌・カビ菌

下記の細菌やカビ菌は、私たちの体に常にいます。これらの菌が増殖すると人間にとって体の不調や皮膚の異常を引き起こすのです。

主な細菌

・大腸菌 → ある種の大腸菌は下痢や腹痛を引き起こす
・黄色ブドウ球菌 → 増殖すると吐き気、嘔吐、腹痛、下痢を引き起こす
・アクネ菌 → ニキビの原因となる菌

主なカビ菌

・白癬菌(はくせんきん) → 水虫の原因菌
・癜風菌(でんぷうきん) → 癜風という皮膚の真菌症の原因となる
・マラセチア菌 → 背中ニキビや毛包炎の原因となる
・カンジダ菌 → 膣の中にいて増殖すると、おりもの、かゆみなどの不快な症状の膣カンジダを引き起こす

※背中ニキビについて詳しく知りたい方は、【背中ニキビの原因と対策】ニキビでも背中と顔は原因菌が違う! をごらんください!

「コラージュフルフル石鹸」の有効成分はどの菌に効果があるの?

「ミコナゾール硝酸塩」が効果を発揮する菌

・白癬菌
・癜風菌
・カンジダ菌

「イソプロピルメチルフェノール」が効果を発揮する菌

・アクネ菌
・マラセチア菌
・他各種細菌、酵母、カビ類

つまり、「コラージュフルフル石鹸」に含まれる有効成分は、幅広い細菌やカビ菌に効果を発揮するということです。では次に、女性特有の「膣カンジダ」という病気について詳しく知りましょう。

女性の5人に1人が経験する「膣カンジダ」とは?

「膣カンジダ」の原因菌となるカンジダ菌は、健康な女性でも持っている常在菌です。皮膚、口内、消化管、膣の中など体のあらゆる場所にいる菌です。膣カンジダは、疲れやストレスなどで抵抗力が落ちた時に発症するので、女性なら誰でも起こる可能性がある病気なのです。

膣カンジダの原因

風邪・疲れ・ストレス・免疫力の低下・ホルモン変化などで、カンジダ菌が増殖することで起こる

膣カンジダの症状

・膣、膣周辺のかゆみ
・粘り気のあるおりもの
・膣の刺激感、ヒリヒリ感、熱っぽさ
・膣周辺の皮膚の発疹、赤み
・性交渉時の痛み
・排尿時の痛み など

膣カンジダの予防

・通気性のいい下着を着用する
・入浴後は、デリケート部分をしっかり乾かす
・衣服や水着など、濡れた衣類の長時間の着用を避ける(濡れたらすぐに着替える)
・生理中以外で使用するナプキンはまめに取り換える

膣カンジダにおける注意点

・タオルなどを介して家族に感染する可能性がある
・性交渉で相手に感染する可能性がある
・デリケート部分を強く洗うと症状が悪化する可能性がある
・かゆいからといって、デリケート部分をかくと症状が悪化する可能性がある

カンジダ菌がカビ菌の一種ですから、やはりジメジメした湿気の高い環境がNGってことなんですね!

まとめ

どんな人にも、細菌やカビ菌は体に常駐しているので、増殖して肌や体の不調をきたす可能性は十分にあります。大事なのは、繁殖させない環境を作ること、つまり清潔にすることなんですね。
ちなにみ、コラージュフルフルシリーズのシャンプーは、頭のフケやかゆみにお悩みの方におススメです。

関連記事

【日本初のハンドクリームを出したメーカーが開発】薬用ユースキンSボディシャンプー

【洗浄成分石油系0%+石けん100%】MELLSAVON(メルサボン)

【発売から25年のロングセラー商品】Kracie「Naiveボディソープ」

【潤いを守りながら洗う】ユニリーバ「Dove(ダヴ)」シリーズ

【無添加ボディソープ】ミヨシ石鹸・シャボン玉石けん・牛乳石鹸の商品をご紹介!

【弱酸性でおなじみ!】花王「ビオレuボディウォッシュ」シリーズ