【乾燥肌は手で体を洗おう!】ロート製薬「ケアセラ ボディウォッシュ」

ロート製薬「ケアセラ」シリーズについて

ガサガサ・粉ふき・ひび割れなどの乾燥肌の悩む方のために開発されたのが、ロート製薬の「ケアセラ」です。肌の主なうるおい成分である「セラミド」に着目し、さらに「セラミド」の働きを守りながら洗うことを考えたボディソープです。

「メンソレータム」シリーズ以来重ねてきた長年の皮膚研究の成果

ロート製薬は、1975年に「メンソレータム」シリーズでスキンケア市場に参入しました。それ以来、様々な肌トラブルを改善するための研究を重ねてきました。「ケアセラ」はその研究の集大成と言っても過言ではありません。

「体を洗う」行為そのものを乾燥肌のケアにしよう!

肌の乾燥は、多くの場合お風呂あがりに症状が顕著に出ます。特に日本人は、シャワー文化が主である欧米と違い、湯船につかり、時間をかけて入浴し念入りに洗います。場合によってはゴシゴシタオルで力を入れてこすったり…それが肌に必要な潤いを奪う原因の一つになるのです。
「ケアセラ」は、「体を洗う」行為そのものを乾燥肌のケア方法とする画期的なボディソープなのです。

5年をかけて「次世代洗浄技術」を開発

5年もの期間をかけて、約150種類以上の試作品を作り、結果的に天然型マルチセラミド(7種類のセラミド)を配合した「次世代洗浄技術」の洗浄剤の開発に成功しました。

セラミドについて知っておこう!

セラミドは、皮膚の各層に存在します。セラミドとは、肌の細胞と細胞を繋ぎ合わせている「細胞間脂質」に含まれている成分で、肌の水分保持に欠かせません。セラミドは、肌の角質細胞の間を埋める「細胞間脂質」の50%も占めています。アトピー素因をもつ乾燥性敏感肌の人は、健康肌の人に比べて、セラミドの量が1/3になるという報告もあります。セラミドの量が少ないと、各層がスカスカの状態になり、肌が乾燥しやすく、外的刺激物質が簡単に入ってきて肌トラブルを起こしやすくなります。

【セラミドの役割①】肌の各層の水分保持

【セラミドの役割②】肌のバリア機能の維持

セラミドは加齢とともに減ります。つまり、年齢を重ねるにつれて、肌が弱くなるのはごくごく当たり前のことなのです。だからこそケアが必要なのです。

ケアセラの天然型セラミドとは?

肌の細胞間脂質の大部分を占めるセラミドには、大きく分けて11種類あると言われています。ケアセラシリーズは、そのうちの7種類ものセラミドを商品に配合しています。

【ケアセラに配合されている天然型セラミド】
① セラミド1
② セラミド2
③ セラミド3
④ セラミド6Ⅱ
⑤ カプロオイル スフィンゴシン
⑥ カプロオイル フィトスフィンゴシン
⑦ セラミドEOS

ロート製薬「ケアセラ」が提案する乾燥肌のケア方法

1.肌のセラミドを守りながら洗う

肌のうるおい成分は、体を洗う時に汚れや皮脂と一緒に流れてしまい、それが乾燥肌の原因にもなります。また、ナイロンタオルなどを使ってゴシゴシ洗ったり、力を入れて洗ったりすると、余計に潤い成分を取り除くことになります。

【対策①】肌のセラミドを守りながら洗えるボディソープ(=ケアセラ)を使う
【対策②】ナイロンタオルやスポンジを使わずに、「手」で体を洗う

2.入浴後にセラミド配合の保湿剤を使う

ケアセラシリーズは、ボディソープ以外にも商品があります。
例えば、
【顔・体用乳液】ケアセラAP フェイス&ボディ乳液
【顔・体用ボディクリーム】ケアセラAP フェイス&ボディクリーム
【バーム】ケアセラ スキンバーム
などで、入浴後にケアしましょう!

ケアセラ ボディウォッシュ

商品特徴

洗っても肌にセラミドが残る!

「ケアセラ ボディウォッシュ」には、7種類の天然型セラミドが配合されています。
また「次世代洗浄技術」により、肌の汚れだけを落として、セラミドを守ります。

【次世代洗浄技術の機能】
◎ 肌の不要な汚れを落とす
◎ うるおい(NMF)を残す
◎ バリア成分(セラミド)を残す

さらに3つの植物エキス配合!

「ケアセラ ボディウォッシュ」には、
・カミツレ花エキス
・フキ葉/茎エキス
・タンブリッサトリコ フィラ葉エキス
の3種類の植物エキスが配合されています。

ナイロンタオルを使わず、泡と手で体を洗える!

「ケアセラ ボディウォッシュ」は、洗浄液が泡で出てくるタイプなので、最初から濃密なきめ細かい泡が出てきます。そのため、タオルなどで泡立てる必要がなく、そのまま手で全身を洗うことができます。

【他特徴】
・弱酸性
・低刺激性
・パラベンフリー
・皮膚パッチテスト済み

ラインナップ(種類・色展開)

・ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ(ピュアフローラルの香り)
・ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ フルーティローズの香り
・ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ ボタニカルガーデンの香り

【内容量】
本体:450ml
詰め替え:350ml

通販サイト

【オフィシャル通販サイト】なし

Amazon

【ルール】
・2,000円以上(税込)で送料無料
・Amazon定期おトク便はさらに10%オフ(定期にできない商品もあります)

※出品者がAmazonの商品のみを紹介しています。
※価格は税込表記です。
※価格は変動する可能性がありますので、都度都度確認してください。

――本体――
・ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ(ピュアフローラルの香り) 688円(あわせ買い対象)
・ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ フルーティローズの香り   644円(あわせ買い対象)
・ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ ボタニカルガーデンの香り  899円(プライム会員専用)

――詰め替え(1袋)※すべてプライム会員専用――
・ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ(ピュアフローラルの香り)491円
・ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ フルーティローズの香り 451円
・ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ ボタニカルガーデンの香り 517円

LOHACO

【ルール】
・3240円以上(税込)で送料無料
・Tポイントがたまる

※価格は税込表記です。
※価格は変動する可能性がありますので、都度都度確認してください。

――本体――
各種979円

――詰め替え(1袋)――
各種697円 2個セットで1256円

――詰め替え(大容量600mlタイプ)――
・ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ(ピュアフローラルの香り)のみ 1026円
※数量限定品

――本体+詰め替えセット――
各種1676円

評価・クチコミ

【好意的なクチコミ】
・他社の赤ちゃんでも使えるというボディソープを使っていて、たびたび皮膚トラブルになったが、これを使い始めて手荒れさえなくなった
・乾燥時期にお世話になっている カサカサしない
・子どもと一緒に使っているが問題ない
・看護師さんにも高評価
・エステのお姉さんから勧められた
・使い続けると肌が乾燥に強くなった

関連商品

ロート製薬「ケアセラ ボディウオッシュ」が気に入った方には、姉妹品・関連商品もおススメですよ♪

【赤ちゃん・子ども・敏感肌の方向け】ケアセラベビー 泡の高保湿ボディウォッシュ

赤ちゃん・お子様・敏感肌の方向け商品です。弱酸性、低刺激、無香料で安心して使えます。
体だけじゃなく、髪や顔を洗ってOKだそうです。

【Amazon価格(税込)】本体450ml:720円・詰め替え350ml:509円

まとめ

乾燥肌・敏感肌の方は、ナイロンタオルを使わず「手で体を洗う」をいう新習慣を始めてもいいかもしれませんね!日本では「手で体を洗う」ということになじみがありませんが、ヨーロッパの方では、手で体を洗う方の割合がかなり多いそうですよ!パリでは、2人に1人の女性が手で体を洗っているという統計結果も出てます。手で体を洗うときのコツは、「しっかり泡立てること」です。泡が汚れを落としやすくします。

関連記事

【潤いを守りながら洗う】ユニリーバ「Dove(ダヴ)」シリーズ

【体の細菌・カビ菌を殺菌して清潔に】コラージュフルフル石鹸シリーズ

【洗いながらうるおい保湿】NIVEAボディウォッシュの2シリーズ紹介!

【酒粕・米ぬかの美容パワーで潤う】Kracie「muo(ミュオ)」ボディソープ

【赤ちゃんもご年配の方もみんな安心して使える】ミノン 全身シャンプー

【保湿効果が肌に残るボディソープ】ライオン「hadakara (ハダカラ)」