【世界で一番売れている粉末タイプ入浴剤】バスクリン

1.メーカー「バスクリン」について
・バスクリン誕生のきっかけは婦人薬の生薬
・バスクリンのこだわり

2.【共通特徴・ラインナップ】「バスクリン」シリーズ
・共通特徴
・シリーズラインナップ
・バスクリンの選び方

3.【スタンダード】バスクリン
・商品特徴
・有効成分
・ラインナップ

4.【アロマの香り+エイジングケア】大人のバスクリン
・商品特徴
・有効成分
・保湿成分
・ラインナップ

5.【真珠エキス配合でスキンケア】バスクリン ピュアスキン
・商品特徴
・有効成分
・ラインナップ

6.【二つの生薬でポカポカ+植物成分で保湿もバッチリ】バスクリン 薬湯
・商品特徴
・【共通】効能
・ラインナップ

7.【リアルな温泉の泉質を再現】くつろぎの宿
・商品特徴
・【共通】効能
・ラインナップ、有効成分
・香り、色

8.【メントール配合で湯あがり爽快】バスクリン クール
・商品特徴
・有効成分
・効能
・ラインナップ

9.【自然由来の原料だけで作った薬用入浴剤】バスクリンマルシェ
・商品特徴
・有効成分
・効能
・ラインナップ

10.通販サイト、購入可能実店舗

1.メーカー「バスクリン」について

実は、バスクリンが世界で一番売れている入浴剤ということをご存知ですか?2019年3月に「粉末タイプ入浴剤ブランドにおける最新年間売上金額」としてギネス認定されているのです。そんな「バスクリン」は1930年に発売されているので、80年以上もの間ロングセラー商品として業界のトップを走り続けています。

バスクリン誕生のきっかけは婦人薬の生薬

「ツムラ」という漢方製薬メーカーの社員が、製造で余った婦人薬の生薬を風呂に入れたところ、体が温まったことをヒントにして、日本初の入浴剤「浴剤中将湯」が生まれました。これが「バスクリン」の起源です。この「浴剤中将湯」は銭湯に使用されて多くの人に親しまれました。
さらに、バスクリンが広く世間に広まったのは、自宅の内風呂が増加していった昭和30年代の高度経済成長期のことです。後に、同社は商品名と同じ「バスクリン」という社名で独立して、現在はアース製薬グループに属しています。(ちなみに、同ジャンルの「バスロマン」という粉末入浴剤もアース製薬の商品です。「バスクリン」と「バスロマン」はライバルだと思っていたら、中のいい兄弟だったんですね。)

バスクリンのこだわり

生薬・温泉などの天然成分を応用

バスクリンは、100年以上にわたって「生薬・温泉などの天然成分を製品に活用すること」を開発方針としています。生薬は、産地の限定、契約栽培など、高い品質を維持するための取り組みがなされています。生薬エキスの抽出についても、有効性を最大限引き出すことのできる抽出技術を確立しています。さらに温泉を研究して得られたことを商品に応用しています。
また香りについては、天然アロマ精油の活用や香料の開発をしています。

研究によって科学的に導き出されているから効果が高い

バスクリンは、入浴剤の温浴作用や清浄作用について科学的な試験を行い、客観的なデータに基づいて製品開発をしています。

医薬品レベルの高い基準で製造されている医薬部外品の「バスクリン」

バスクリンは、原材料の品質チェック・異物混入防止策・製造番号による商品追跡システムなど、医薬品レベルの高い自主基準を守って作れています。

2.【共通特徴・ラインナップ】「バスクリン」シリーズ

共通特徴

バスクリンの歴史は80年以上と長いですが、実は主成分のほとんどは変わっていません。それは、生薬を原点に生まれたバスクリンが、当時から高い品質を誇っていたから、つまりすでに完成されていたからと言えるでしょう。

肌にやさしい

・パラベン、アルコールフリー
・保湿成分として「オーガニック認証ホホバ油」配合
・塩素除去成分のアミノ酸成分配合で、水道水の塩素を除去して肌を保護
・皮膚刺激性試験実施済み(パッチテスト、スティンギングテスト新規実施)
・赤ちゃんと一緒に入浴可能

環境にやさしい

・排水の影響を確認し生分解性に配慮
・残り湯で洗濯OK(※すすぎとつけおきは清水で行うことを推奨しています。)

効能

疲労回復・冷え症・肩のこり・腰痛・神経痛・リウマチ・痔・荒れ性・あせも・しっしん・にきび・ひび・しもやけ・あかぎれ・うちみ・くじき

シリーズラインナップ

現在、バスクリンは下記の7シリーズあります。
・バスクリン
・大人のバスクリン
・バスクリン ピュアスキン
・バスクリン薬湯
・バスクリン くつろぎの宿
・バスクリン クール
・バスクリン マルシェ

【内容量】上記シリーズ全商品600g(約30回分)
【公式サイト価格】上記シリーズ全商品675円(税込)

バスクリンの選び方

【保温目的】→ すべてのバスクリンがおすすめ(そのなかでも「薬湯」がおすすめ)
【疲労回復】→ すべてのバスクリンがおすすめ
【保湿目的】→ 「ピュアスキン」「薬湯」がおすすめ
【香り目的】→ 「大人のバスクリン」がおすすめ
【スキンケア・美肌目的】→ 「大人のバスクリン」「ピュアスキン」がおすすめ
【にごり湯が好みの方】→ 「大人のバスクリン」「くつろぎの宿」「ピュアスキン」がおすすめ
【夏の時期】→ 「バスクリン クール」がおすすめ
【無添加にこだわる方】→ 「バスクリン マルシェ」がおすすめ

3.【スタンダード】バスクリン

バスクリンシリーズの中でもスタンダードに位置するシリーズです。

商品特徴

香りが長続き

アロマの粒サイズが以前の2倍の大きさになり、ゆっくり時間をかけて溶けるので、香りが長時間長続きします。また一部商品については、天然香料成分を増やして配合し、香りのリアル感を追求しています。

有効成分

下記の2種類の有効成分は、塩類が皮膚の表面に膜を形成するために、体から熱が出ていくのを防ぎ、入浴後の保温効果が高め湯冷めしにくくする、という効果があります。

乾燥硫酸ナトリウム

皮下組織の活性化や修復作用などがあり、あせも、ひび、あかぎれ予防にも効果があります。

炭酸水素ナトリウム

皮膚の汚れを乳化し清浄効果があります。

ラインナップ

・ゆずの香り(ライトグリーン)
・森の香り(ウッディグリーン)
・ラベンダーの香り(ラベンダー色)
・ジャスミンの香り(フローラルグリーン)
・ベルガモットの香り(サンシャインイエロー)
・ポピーの香り(フローラルピンク)
・レモンの香り(レモンイエロー)
・菖蒲の香り(リーフグリーン)
・カモミールの香り(リラックスイエロー)
・新茶の香り(ティーグリーン)

4.【アロマの香り+エイジングケア】大人のバスクリン

このシリーズの特徴は、香りを強化して、エイジングケア成分を配合していることです。

商品特徴

アロマ粒エッセンスで香りが長続き

香料成分が中に入っているアロマ粒エッセンスで、華やかな香りが長続きします。実際に使ってみましたが、自然な香りのスタンダードタイプのバスクリンと比べて、「大人のバスクリン」は一気に西洋的な華やかな香りが広がる印象です。

ザクロエキス配合でエイジングケア

オーガニック認証ホホバオイルに加えて、ザクロエキスを配合しています。二つの保湿成分で年齢に合わせたエイジングケアを助けます。

有効成分

下記の有効成分は、塩類が皮膚の表面に膜を形成するために、体から熱が出ていくのを防ぎ、入浴後の保温効果が高め湯冷めしにくくする、という効果があります。

乾燥硫酸ナトリウム

皮下組織の活性化や修復作用などがあり、あせも、ひび、あかぎれ予防にも効果があります。

保湿成分

・オーガニック認証ホホバオイル
・ザクロエキス

ラインナップ

・贅沢なあらごしピーチの香り(お湯の色:シルキーピンク)
・神秘の青いバラの香り(お湯の色:シルキーブルー)
・豊かなブラッドオレンジの香り(お湯の色:シルキーオレンジ)

5.【真珠エキス配合でスキンケア】バスクリン ピュアスキン

肌を保湿し、しっとりさせるスキンケア特化型のバスクリンです。商品によって、ヒアルロン酸やコエンザイムQ10など、異なる保湿成分が複数入っていますので、保湿によるエイジングケア商品として使用できます。

商品特徴

真珠由来のタンパクエキスを含む「真珠エキス顆粒」配合

アミノ酸が豊富で、肌になじみやすいエキスを配合しており、しっかり肌を保湿します。また、お湯にさっと溶けやすくて、お風呂の底面から拡散して体全体を包みます。

有効成分

下記の有効成分は、塩類が皮膚の表面に膜を形成するために、体から熱が出ていくのを防ぎ、入浴後の保温効果が高め湯冷めしにくくする、という効果があります。

乾燥硫酸ナトリウム

皮下組織の活性化や修復作用などがあり、あせも、ひび、あかぎれ予防にも効果があります。

ラインナップ

全ての商品は、色がにごりタイプです。

たっぷりミルク感 しっとり肌

【配合成分】
・ミルクプロテイン(濃厚なミルクから採れる乳タンパク質)
・豆乳エキス(大豆発酵エキスでイソフラボンが豊富)
・真珠エキス顆粒(真珠由来のタンパクエキスを含むピンク色の顆粒)

【香り】
・フローラルブーケの香り

【色】
・クリームホワイト

まろやかバター感 なめらか肌

【配合成分】
・シアバター(シアの実由来の天然油脂で、強い日差しに対して効果)
・アボカドバター(ビタミンA、Eを多く含んで、森のバターとも呼ばれる)
・真珠エキス顆粒(真珠由来のタンパクエキスを含むピンク色の顆粒)

【香り】
・スウィートフルーティの香り

【色】
・ミルキーグリーン

リッチなオイル感 つややか肌

【配合成分】
・ローズヒップオイル(肌になじみやすいγ-リノレン酸を含むオイル)
・アルガンオイル(ビタミンEが豊富な希少なオイルで、モロッコの黄金とも呼ばれる)
・真珠エキス顆粒(真珠由来のタンパクエキスを含むピンク色の顆粒)

【香り】
・ピュアフローラルの香り

【色】
・ミルキーピンク

とろける美容液感 やわらか肌

【配合成分】
・ヒアルロン酸(保水力に優れる、美肌に欠かせない成分)
・コエンザイムQ10(ビタミン様成分で加齢によって減っていく)
・真珠エキス顆粒(真珠由来のタンパクエキスを含むピンク色の顆粒)

【香り】
・モイストハーブの香り

【色】
・ピュアホワイト

プラチナの輝き

【配合成分】
・白金ナノコロイド(プラチナの超微粒子で、肌と水分を結びつける役割)
・アルブチン(保湿成分)
・真珠エキス顆粒(真珠由来のタンパクエキスを含むピンク色の顆粒)

【香り】
・ホワイトフローラルの香り

【色】
・スノーホワイト

6.【二つの生薬でポカポカ+植物成分で保湿もバッチリ】バスクリン 薬湯

二つの生薬配合で温浴効果が高まるので、お風呂あがりも体がポカポカします。私は、寒い時期にこの「薬湯」シリーズを好んで使っています。冷え性の方におすすめです。
また、各商品に保湿成分が10種類以上も入っているので、乾燥でお困りの方にもおススメです。

商品特徴

ダブル生薬配合でしっかり体が温まる

生薬有効成分「センキュウ末」+生薬有効成分「トウキ末」配合で、この2つの生薬有効成分をさらに温泉ミネラル(硫酸ナトリウム)の粒に閉じ込めています。この成分がお湯にしっかり溶け込んで、体を効率よく温めます。

保湿効果のある植物成分を増やして配合

各商品も、10種類以上の植物成分(保湿成分)を配合しています。

【共通】効能

疲労回復、冷え症、肩のこり、腰痛、荒れ性、にきび、あせも、しっしん、うちみ、くじき、神経痛、しもやけ、ひび、あかぎれ、産前産後の冷え症、痔、リウマチ

ラインナップ

薬湯 カラダめぐり浴

【症状の緩和】
・血行、代謝促進
・疲労回復、肌荒れに

【有効成分】
・センキュウ末
・トウキ末
・乾燥硫酸ナトリウム

【保湿成分(植物成分)】全13種類
ニンジン・アルニカ・セイヨウキヅタ・シャクヤク・スギナ・トウキンセンカ・オトギリソウ・カミツレ・セイヨウノコギリソウ・セージ・ベニバナ・ウスベニタチアオイ・ホホバ

【香り】
・アジアンシトラスの香り

【お湯の色】
・和漢グリーンイエロー

薬湯 じんわり保温感

【症状の緩和】
・冷え症、肩こりに

【有効成分】
・センキュウ末
・トウキ末
・乾燥硫酸ナトリウム

【保湿成分(植物成分)】全11種類
オトギリソウ・トウキンセンカ・セージ・カミツレ・ショウガ・アルニカ・スギナ・ボダイジュ・ウスベニアオイ・セイヨウノコギリソウ・ホホバ

【香り】
・シトラスジンジャーの香り

【お湯の色】
・和漢イエロー

薬湯 温感EX

【働き】
・温浴効果を高めて、しっかり温める

【有効成分】
・センキュウ末
・トウキ末
・硫酸マグネシウム
・乾燥硫酸ナトリウム

【保湿成分(植物成分)】全16種類
ニンジン・ドクダミ・ジオウ・ブクリョウ・ショウガ・アルニカ・オドリコソウ・オランダガラシ・ゴボウ・セイヨウキヅタ・ニンニク・マツ・ローズマリー・ローマカミツレ・チンピ・ホホバ

【香り】
・パシフィックハーブの香り

【お湯の色】
・和漢オレンジ

7.【リアルな温泉の泉質を再現】くつろぎの宿

温泉宿の温泉をイメージした入浴剤です。視覚、感触、嗅覚を大事にしているので、リアルに近い温泉を家でも楽しめます。白くにごった色がホントに温泉に入っているようで、私のお気に入りの商品でもあります。

商品特徴

温泉ミネラル増量

有効成分は温泉ミネラル100%です。

にごり成分増量

にごり成分を15%以上増量しています。

湯ざわり強化

しっとりつやつやの湯ざわり

【共通】効能

疲労回復・冷え症・腰痛・肩のこり・荒れ性・しっしん・あせも・にきび・神経痛・しもやけ・ひび・あかぎれ・産前産後の冷え症・リウマチ・痔・うちみ・くじき

ラインナップ・有効成分

くつろぎの宿 ぬくもりごこち

【有効成分】
・乾燥硫酸ナトリウム
・硫酸マグネシウム

【おすすめの症状】
・疲れ、冷え症に

くつろぎの宿 しっとりごこち

・炭酸水素ナトリウム
・乾燥硫酸ナトリウム

【おすすめの症状】
・肌荒れ、ニキビ、湿疹に

――有効成分説明――
【乾燥硫酸ナトリウム】皮下組織の活性化や修復作用などがあり、あせも、ひび、あかぎれ予防にも効果
【炭酸水素ナトリウム】皮膚の汚れを乳化し清浄効果
【硫酸マグネシウム】別名エプソムソルト 一般的にバスソルトとして利用 この成分が入ったお湯に入浴することで、マグネシウムの不足分を皮膚から吸収できるとされている 温熱効果、清浄効果もあり

香り・色

――くつろぎの宿 ぬくもりごこち――
・濃いめのこがねにごり
・森林の香り

――くつろぎの宿 しっとりごこち――
・濃いめの純白にごり
・花の香り

8.【メントール配合で湯あがり爽快】バスクリン クール

「バスクリン クール」は発売が1975年で、スタンダードタイプにつぐロングセラー商品です。
梅雨~夏の暑い時期におすすめです。暑い時期に嫌なのが、お風呂でせっかく汗を流しても、お風呂から出た後に暑くて汗だくになること!「バスクリン クール」は、お風呂あがりがすっきり爽快で、汗もすぐ引いてくれます。

商品特徴

有効成分炭酸ナトリウム5倍配合

温泉ミネラル有効成分硫酸ナトリウム増量

アロマ粒が2倍でいい香り

清涼成分のメントールが2倍配合

有効成分

下記の3種類の有効成分は、塩類が皮膚の表面に膜を形成するために、体から熱が出ていくのを防ぎ、入浴後の保温効果が高め湯冷めしにくくする、という効果があります。

炭酸ナトリウム

乾燥硫酸ナトリウム

皮下組織の活性化や修復作用などがあり、あせも、ひび、あかぎれ予防にも効果があります。

炭酸水素ナトリウム

皮膚の汚れを乳化し清浄効果があります。

効能

疲労回復・冷え症・肩のこり・腰痛・あせも・にきび・荒れ性・うちみ・くじき・神経痛・しっしん・痔・リウマチ・ひび・しもやけ・あかぎれ・産前産後の冷え症

ラインナップ

晴々さわやか W(ダブル)ミントの香り

【配合成分】ペパーミントエキス(保湿成分)
【お湯の色】アクアブルー(透明タイプ)

元気はじける レモン&ライムの香り

【配合成分】ライム果汁(保湿成分)
【お湯の色】マリンブルー(透明タイプ)

風吹く 青い花畑の香り

【配合成分】カモミールエキス(保湿成分)
【お湯の色】スカイブルー(透明タイプ)

9.【自然由来の原料だけで作った薬用入浴剤】バスクリンマルシェ

有効成分・香料・色素・保湿成分・塩素除去剤・基材のすべてが自然原料のバスクリンです。

商品特徴

香料成分が100%天然精油

石油系原料不使用

有効成分が天然ミネラル100%

合成香料・合成着色料不使用

オーガニック認証ホホバオイル油配合

環境にやさしい

ゴミが小さく捨てられるパウチと、再生資源を利用して作ったスプーン

有効成分

下記の有効成分は、塩類が皮膚の表面に膜を形成するために、体から熱が出ていくのを防ぎ、入浴後の保温効果が高め湯冷めしにくくする、という効果があります。

乾燥硫酸ナトリウム

皮下組織の活性化や修復作用などがあり、あせも、ひび、あかぎれ予防にも効果があります。

効能

疲労回復・冷え症・肩のこり・腰痛・荒れ性・にきび・あせも・しっしん・うちみ・くじき・神経痛・しもやけ・ひび・あかぎれ・産前産後の冷え症・痔・リウマチ

ラインナップ

・シダーウッドの香り(お湯の色:黄色)
・オレンジの香り(お湯の色:黄色)
・レモングラスの香り(お湯の色:黄色)
・ミントの香り(お湯の色:黄色)

10.通販サイト・購入可能実店舗

【オフィシャル通販サイト】「バスクリン公式通販ショップ」
・3980円以上の購入、もしくは定期購入で送料無料
・業務用バスクリン10㎏(税込9163円)の販売あり
[ラインナップ]ジャスミンの香り・森の香り・ゆずの香り

【Amazon】(2000円以上で送料無料・定期オトク便は送料無料)
・あわせ買い、まとめ買い対象商品あり
・「Amazon定期おトク便」でさらに10%割引
・各種バスクリンが500円~530円前後で取り扱いあり
・期間限定バスクリンもまだ購入できる

私の経験上、ネット通販よりドラッグストアやスーパーなどの実店舗での購入の方が安いと思います!

まとめ

私は、バスクリン愛好者です。(とはいいつつもたまにバスロマンも使いますが…)常に4種類以上のバスクリンをそろえており、その日の気分によって使い分けております。バスクリンは、保湿効果や温浴効果もさることながら、香りがよくて入浴中にほんとリラックスできます。夏は「バスクリン クール」に衣替えです。「バスクリン クール」は、お湯の色が涼しげなブルーなので、見てるだけでも暑さがひいてくる感じがします。
また、バスクリンの容器がスチールなどの金属ではなく紙の材質でできているので、ゴミ捨てに都合がいいです。
ちなみに、私のおススメのシリーズは、ポカポカする「バスクリン薬湯」、にごり色が大好きなので「バスクリン くつろぎの宿」、あとは香りがすごくいい「大人のバスクリン」です。

関連記事

【長湯温泉がモデルの炭酸入浴剤】バスクリン「きき湯」シリーズ

【ボディケアを目的とした美容入浴液】「バスロマン マイバス」シリーズ

【家で手軽にできる炭酸風呂】花王「バブ」シリーズ

【コスパ最強で質もいい!入浴剤②】ライオンケミカル「バスリフレ」シリーズ

【バスクリンとバスロマンの違いは?】粉末入浴剤は結局どれがいいの!?

【乾燥肌をしっかり保湿する入浴液】「薬用ソフレ」シリーズ